shin-1さんの日記

○野菜の収穫

 わが家の家庭菜園は家のすぐ横にあるため、「お父さん、ネギを取ってきて」と妻が言うと、私が畑へちょいと走っただけで間に合うのです。今朝も味噌汁が出来上がって食べようとするとネギがないことに気づいて取りにゆきました。家庭菜園はそろそろ夏秋野菜を終わりを告げ、冬の根菜類に変わりつつあるようです。それでも夏の渇水ですっかりあきらめていたピーマンやシシトウ、それに長ナスがここにきて豊作になり、毎日そんな野菜を沢山食べているのです。

 今日は久し振りの休みなので庭の草削りをしました。わが家の庭は広過ぎるほど広く、草削りも私一人が一生懸命やっても半日は十分かかるのです。今日は夕方から雨と予報が出ていたので、無風、しかも温度がかなり高かったため汗をいっぱいかきました。加えて厄介なやぶ蚊もいてきつい作業でしたが、かなり綺麗になりました。今日は宵祭り、明日は双海町の地方祭なので子ども神輿がやってくるので、庭が見苦しいと妻が言うもので草削りと相成ったのです。

 滅多にしない私の姿を見て親父が「雨でも降らなければいいが」といったことが的中し、作業を終わった午後5時に雨がぱらぱらと降り始めました。私たちの地域では滅多に仕事をしない人が仕事をすると「雨が降る」ということわざがあるようで、親父の言葉の敵中に思わず一人苦笑してしまいました。

 草削りの中休みに家庭菜園に行きました。見るとこの2~3日家を留守にして収穫していなかったナスやシシトウ、ピーマンなどが食べごろになっていました。発泡スチロールのトロ箱と鋏をを持って畑に入り野菜を沢山収穫しました。

 9月に種を播いた大根も葉っぱは青々としてもう大人の大根のようですが、一番太いのでもまだ蛍光灯の大きさくらいで、後一週間しないと大根の用をなさないようです。今年も大根は昨年に続いて方策の予感がしています。今年はこれ以外にもカブとチンゲンサイ、それにブロッコリーやキャベツの苗を沢山いただいたので、その苗が日増しに大きくなってすくすくと育っているのです。

 今日はカブとチンゲンサイの間引きをしました。二種類のカブとチンゲンサイはまだそれほど大きくはありませんが、もう料理には使えそなのです。今晩はその野菜を使ったナスの煮物、チンゲンサイ・ピーマン・シシトウの炒め物、ネギをまぶした変わり刺身などの料理が食卓を賑わせました。

 わが家は子ども4人がそれぞれ独立して家を出てからは、野菜と魚中心の食事に変わりました。特に私が胆のうを患ってからは、妻も料理に気を使うようになり、極力油物を控えているようです。昨日の友人の葬式があったばかりで、少々気が滅入っていましたが、友人の分まで長生きしなければと気持ちを切り替えました。新鮮な野菜を作ってくれる親父に代わって少しずつ野菜の手入れもしなければならに歳になったようです。

  「菜園の 野菜収穫 早速に 食卓並び 味を楽しむ」

  「大根は 今年も豊作 予感する 数日すれば 大根三昧」

  「無農薬 自慢をしても どれ程に 体にいいか 分からず終い」

  「中国の 野菜農薬 残留を いいつ国内 消毒野菜」


 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。