shin-1さんの日記

○友の死

 今年67歳になる先輩であり友人でもある大森安幸さんが亡くなりました。大森さんは双海町役場の建設課長などを歴任した技術職の人でした。

 私がはじめて大森さんを意識したのは私より2年前に青年団長になった頃でした。彼は双海町の成人式に来賓として出席した折、振り袖で着飾った女性を前に、「もっと質素に」と祝辞の中でいらぬ説教を成人に向かってしたのです。そのことがきっかけとなって町では生活改善運動の一環として、長い間洋服での成人式が続き、県下でも有名になっていたのです。

 彼は小柄ながら若いころから白髪が目立ち、シルクハットと自慢するほどの総白髪でしたが、染めることもなくその髪をトレードマークにしていました。

 酒はそれほど強くはありませんでしたが酒の席は好きでよく一緒に飲んだものです。部類の愛煙家で「たばこを止めるくらいなら死んだ方がましだ」と、私や周りの人の忠告も聞かず、「たばこを止めれない人は可笑しい。私はもう8回も止めた」とまるで漫才のネタになるようなジョークを飛ばして豪語していましたが、皮肉にも愛煙家の最も良くかかる肺の病気で死んだそうなので、これも定めと思うのです。何せ多い時には一日に2箱も吸っていて、私は彼のことを「陸蒸気」とあだ名をつけていました。

 役場で四人が夜明けの会などという訳も分からぬ会をつくり、酒を飲んだりお祭りにはお互いが出かけたりの交流をしたし、家の新築にも招かれたり招いたりしましたがその交流ももうできなくなりました。

 彼とは役場を辞めてから同じ自治会長として仕事をしました。彼が自治会長会の会長で私が副会長でしたから、色々な会合でもご一緒しましたし、忘れられないのは旧双海町役場の改築提案書を依頼され作ったことですが、残念ながらその提案は日の目を見ることなく闇に消えたようです。

 彼が病気だと知ったのは2か月前でした。それまで役場などでたまに出会うと顔が随分ふっくらしていましたが、私たちにリウマチ治療の薬の副作用と説明していました。何度か通院するうちに肺に異常が見つかり市民病院に入院していました。1か月前に見舞いに行った時は抗がん剤の副作用で髪の毛が薄くなって、呼吸しずらいと訴えていましたがまだ元気で病室の入り口まで歩いて私を見送ってくれました。

 その後3度、松山へ行ったついでに病室を訪れ話し相手になりましたが、一週間前には個室に移って併発した肺炎の治療に専念して、基の病気の治療はひとまず止めていると説明してくれました。都合4回病院で生前に出会い、色々なおみで話をしたので私にとっては思い残すことはありませんが、それにしても今どきの67歳の死は若い旅立ちです。

 昨日の夜自宅で通夜があり友人2人とそろって出かけましたが、奥さんの嘆きはいかばかりかと声をかけてお暇しました。

 今日は11時30分から伊予市で葬儀が行われますが、私は今日下灘小学校で午後講演が予定されているので、少し早目のこれから式場に行き最後のお別れをするつもりです。

 21年後あの世で会うことを楽しみんしています。大森安幸さんのご冥福を心からお祈りします。合掌。

  「友逝きし 寂しき秋の 友まぐれ 坂を登りて 通夜人となる」

  「奥さんの 涙に新 涙出る 和尚枕辺 読経節々」

  「陸蒸気 そんなあだ名で 呼んでいた 友はあの世へ 帰らぬ旅に」

  「ああついに 俺の番かと 順番を 指折り数え 少し寂しく」  

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。