shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年10月17日

○秋の夜長を楽しく

 このところ天気がよく、日中の気温は20度近くまで上がり汗ばむほどです。しかし季節はよくしたもので秋祭の話題があちこちで出始めると、さすがに朝晩は冷え込んで少し寒いくらいになりました。妻の配慮で寝間着も夏の薄手から冬の厚手に変わりましたが、起きて直ぐに書斎に入る時は寝間着の上に薄手のジャケットを一枚羽織るようにしています。

 今頃は日の出が6時半くらい、日の入りが5時半くらいになっていよいよ秋の夜長を感じさせる頃になりました。栗名月といわれる13夜の月を今年はまざまざと見て堪能しましたが、それ以来ずっと夕日も月も綺麗に見えて秋の深まりを感じさせてくれるのです。昨晩はその月を鑑賞しようと夜9時ころに散歩に出かけました。妻はテレビを見ながら友人から貰った手作りのゲームソテリアに夢中になっていて、私は一人で往復2キロの道のりを歩きました。15夜を過ぎたといいながら月の明かりは相当明るく、月がこんなに明るいとは久々の発見でした。私は忙しさにかまけて、こんな月明かりを楽しむ余裕さえなく暮らしていることに少し後悔しました。虫の音も、拭き渡る風も、時々通り過ぎる車のヘッドライトやテールランプも全てが月明かりの中で幻想的に感じました。

 月明かりを楽しんで帰ってから家庭サウナの電源を入れました。ここのところ温泉やサウナに行く暇もなく、草刈り以外は汗をかくことも少ないのでサウナで汗を流そうと思ったのです。このサウナは建築設計の仕事をしている息子がお客様から家を壊す際に貰ってきたもので、脱衣場の入口にデンと据えられています。時々夫婦や帰省した子どもたちが使うのですが、夏は無用の長物なのです。しかしこれから寒くなると電気代を気にしながら

家庭サウナを楽しむのです。

(わが家の小さな家庭用サウナ)

 まず電源を入れて少し温めてから私が入りました。家庭用なので温泉サウナのようにはいきませんが、その分低温でも十分発汗作用があって、汗をかいた後はゆっくり入浴し再び汗をかくという仕組みです。昨晩は妻も私の後でサウナに入りました。日ごろ余り目にすることのないバスタオルを巻いた妻の肢体も中々のお色気でしたが、妻もたっぷり汗をかいたようでした

(菓子箱と爪楊枝で作ったゲームソテリア)

 さて友人から貰ったというゲームソテリアですが、これが中々上手くいかず、妻は好きなサスペンスそっちのけで夢中になっていて、鼻で笑っていた私も誘い込まれ夢中になってしまいました。一本のピンを飛び越えると飛び越えたピンが抜かれるのですが、最後の一本まで飛び越えることができず、何本か離れて残ってしまうのです。最近菱加奈ブームを呼んでいるゲームソテリアは、当分の間わが家ではああでもないこうでもないと、夫婦の犬も食わぬもめ事のネタになるようです。

 秋の夜長は寝る時間が長く、妻は喜んでいますが、私はどちらかというと夜の長いのはあまり好きではありません。でもこれはお天道様のなさることなので、しっかりと秋の夜長を楽しみたいと思っています。

  「秋夜長 手作りゲーム 熱中し 犬も食わない 夫婦争う」

  「バスタオル くるんだ妻の 裸体見て 少しうっとり 少し幻滅」

  「月明かり 楽しみながら ウォーキング バックランプの 赤の幻想」

  「夜長く 読書パソコン 書斎入り 自分の世界 一人楽しむ」