shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年10月11日

○セイタカアワダチソウのほろ苦い思い出

 私が公民館主事をしていた頃ですからもう30年も前の出来事です。ある日私は松山へ向かう車の中から、空地に咲いている黄色い花を見つけました。この顔ながら私は若い頃から花に興味を持っていたので、その花の群生する姿を早春に咲く菜の花畑とダブらせていました。秋の頃にこんなに奇麗な黄色い花が群生するとは珍しいと、写真に撮って持ち帰りました。そして公民館の仲間にこの花のことを話し、できれば文化祭のメイン会場にあの花を貰ってきて4m×4mの、制定されて間もない町章モニュメントを造ろうと計画したのです。

 花の咲いている畑の近所の人にその畑の持ち主を聞き出し、「全部刈り取ってもいい」との了解を得てトラックにいっぱい取って帰りました。金網に枠を作ったその中に、これまたミカン畑の防風林から取った杉葉を差し込み、町章を黄色い花で、バックを杉葉で埋め尽くして刈りこみ、自信作のモニュメントを3日間をかけて造り上げました。文化祭の会場となった上灘中学校の校庭は、このモニュメントでいつになく華やいだ雰囲気となり大きな話題となりました。やがて文化祭が終わり杉葉も黄色い花も上灘中学校の校庭の隅にある簡易焼却炉で燃やして処分をしたのです。

 その年も明けた頃、中央公民館に一枚のポスターが送られてきました。そのポスターには「セイタカアワダチソウ撲滅運動」と書かれていて、写真は紛れもなく文化祭の会場を華やかに飾ったあの黄色い花だったのです。知らぬこととはいえ私は、帰化植物である公害雑草を刈りとって大衆の目の前へ展示したのですから、無知もいいところです。とっさに思いました。地主の所に菓子箱を持って行き「花をください」といった時、「何に使うのですか。珍しい人もいるものですね。どうぞどうぞ」笑顔で対応していただきました。今になって思うのですが、あの時地主さんはあの黄色い花がセイタカアワダチソウだということを知っていてくれたのかも知れないのです。

 あれ以来帰化植物であるセイタカアワダチソウやブタグサは全国に生えて広がり、喘息などの病気に悪いと撲滅作戦が展開されたにもかかわらず、一向に減る様子もなく、またあれほど撲滅運動までせよと騒いだのに、今はあの頃の騒動が一体何だったのかと思わせるほど、誰も見向きもしなくなっているのです。

 セイタカアワダチそうが咲く秋のころになりました。国道沿いの空き地には可憐な黄色いセイタカアワダチソウの花が咲き始めていますが、道行く人も車もその花など目もくれず全く無視して通り過ぎて行くのです。

 最近は帰化植物といわれる植物が雑草の中にもあって、タンポポも日本古来の在来種より洋花タンポポの方が多い感じがします。海岸や河川敷きには春になるとキンケイソウもたくさん見られるようになって、草の世界も国際化真っただ中というところです。

 先日人間牧場で見たこともないような草花を見つけました。多分酪農家から貰って畑に入れた牛糞の中に混じった種が発芽したのではないかと思うのです。聞けば乳牛の餌は殆ど外国からの輸入飼料に頼っているようなのです。池は外来種のブラックバスに占拠され、野の花も草も外国産と国産が、また人間の世界や情報の世界でも国際化の波は留まることはないようです。アメリカのサブプライムローンによってはじまった世界同時株安や円高は、これまた国境のない厄介な国際問題に発展しようとしています。アメリカがくしゃみをすると日本が風邪を引くというのは昔の出来事だと思っていましたが、まだまだ日本は本当の力がないのかも知れません。

  「花を見て 昔の無知を 恥ずかしむ セイタカアワダチ 公害花とは」

  「花・人も 情報までも 国際化 外国生まれの 日本育ち」

  「メイドイン ジャパン自負する 私でも 帽子はチャイナ 音笛チャイナ」

  「そういえば チンゲンサイを 播いたっけ これもチャイナだ 中華料理も」