shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年10月11日

○サインしてください

 昨日突然わが家に来客が見えられました。聞けば高松の人らしく、以前伊予銀行の雑誌で夕日に関する私の記事を読んだ記憶があって、町を通過する時シーサイド公園でそのことを思い出し、特産品センター受付で聞いたそうです。受付の人は私のことを微細に説明したそうですで、「若松さんなら今日は家におられるようなので連絡してみましょう」と電話の第一報、たまたま電話に出た私は道が不案内ということもあってシーサイド公園へ迎えに行きました。中年3人の品の良いおばさんたちで、わが家へ来るなり私設公民館煙会所や海の資料館海舟館などを見学し、伊予銀行の雑誌で紹介されていた人間牧場も見てみたいというのです。

 中年の品の良いおばさんには目がない私ですが、「もう直ぐ来客が来るので」と断ると、「せっかくなのでそのお客さんが帰るまで待ちます」と食い下がるのです。仕方がなく引き受けてしまいました。やがて来客は予定通りやって来て、予定通り公園の打ち合わせをして帰って行きました。その間畑の方をうろちょろしていた3人の品のよいおばさんたちは、秋ナスやピーマン、シシトウ、それに間引きした大根葉を目敏く見つけ、欲しいというのです。品が良いと思っていたおばさんたちがオバタリアンになり下がってしまいましたが、ナイロン袋を3つ用意してお目当ての野菜を入れてあげました。その作業をしながら、「はてさてこのおばさんたちは何の目的で来たのか」と疑いたくなりましたが、約束したので内心仕方なく私の乗用車に乗せて人間牧場へ行きました。

 人間牧場ではやれ「足湯がしたい」だの、カラスウリが欲しいだの「畑の隅にあるシキビを分けてください」とわがまま放題です。もっとわがままは私の落伍を聞きたいというのです。「落伍の演技は有料で木戸銭が要ります」と断る理由を話すと、「あなたの出版している本を人数分全て買いますので」と開き直られました。そこまで言われ、「上げ膳食わぬは男の恥」とばかりに、裂織の羽織を着て切り株高座に座布団を敷き、落伍を演じきりました。何せこのおばさんたちは今晩松山へ泊る予定なので、時間はたっぷりあるのです。そんな奔放なおばさんに甘い顔を見せのこのこお相手をしてしまった私を、自分ながら深く反省しましたが、乗りかかった船ゆえに誠心誠意お相手をさせてもらいました。

 お陰さまで「昇る夕日でまちづくり」1500円、「今やれる青春」(1200円)、「夕日徒然草」(500円)の3冊に、竹で作った赤トンボ(500円)の3700円×3人分=11,100円が私の懐に入りました。その方たちは2万円を差出しましたが、「お釣りがないので1万円でいい」というと、「野菜も含め、足湯代も含め、落伍出演料も含め2万円で」と、断る私をさえぎるように私のポケットへねじ込みました。

 そして「厚かましいお願いですが、この本すべてに全部違った言葉をサインして欲しい」と、これまた無理難題をいいました。これまでにも25冊全部違った言葉を書いた記憶があるので、その場でサインペンを使いスラスラ目の前で書いてあげましたが見ていた3人は目を丸くして感心していました。お金をいただくと私はまるで別人のような念の入れようで、名前の下に友人が作ってくれたてん刻の印まで押してあげました。最初は品のあるおばさんがいつの間にか図々しいオバタリアンになり、再び品のある奥さんに変身した瞬間でした。お陰で私はぼろ儲けしましたが、そのお金は人間牧場の新たな投資に回すため、夕日徒然草貯金に回しました。

 時としてこんなハプニングに会うのも人間牧場あっての物だねと、人間牧場の効果を喜びましたが、このおばさんたちは、「今度はあなたの話を高松で友人に聞かせるため講演会を開きたい」と日程まで決め、願わくば来春その人たちをこの人間牧場へ連れてくるツアーまで計画したいと意気込んでいました。

 あっけにとられた私を尻目に彼女たちは夕闇せまる双海町から次の目的地松山へ消えて行きました。何ともはやい1日でした(笑う)

  「サインして 思わず迫る おばさんに たじろきもせず まるでスターだ」

  「九冊の 本それぞれに 違う文字 書いて手渡す 感心しきり」

  「世の中は 色々な人 いるものだ ポンと二万を ポケット入れて」

  「おばさんが いつの間にやら オバタリアン 帰り際には 品よい奥さん」