shin-1さんの日記

投稿者: | 2008年10月10日

○農地を購入して農業をやりたい奇特な人

 「若松さん、今日は家にいますか?」と7時ころ電話がかかりました。妻が電話に出て、「お父さん電話ですよ」と呼ぶので、7食事中で口の中に物を入れているため、少し長めのローカをわざとゆっくり玄関先に置いている電話のもとへ行き電話に出ました。松山近郊に住む友人で、3日前にもわが家を訪ね、相談に乗った矢先でしたので、「今日は午後から来客予定があって、昼までならいるよ」というと、「例の件ですが、迎えに行きますので、現地を見てくれませんか」というのです。

 3日前の彼の相談とは土地を買って農業をやりたいという相談でした。私はただでさえ厳しい農業を55歳になって敢えてやろうとする意志は大したものだと思いつつ、つい悲観的な話をしました。儲けなくてもいい農業は楽しいが、飯を食わなければならない農業は難し」というと、彼もそれは百も承知のようでした。彼は「松山平野が一望できる素晴らしい絶景の所に1町2反ほどの土地があって売りに出されている。千載一遇のチャンスなので、この土地を買ってニンニクや野菜を無農薬で育て、それに果樹を植えて果物を販売したい」と熱っぽく語りました。その言葉にまたも私は「農業でモノを作るのに見晴らしが良いことなど何の意味もない。果樹を植えるというが今年植えても収穫できるのは5年後で、それまでどうするのか。野菜は無農薬だと素人では殆どできない」と散々反論していたのです。彼は私の話に納得し帰り際「そりゃあそうですよね、あなたの言うとおりです」と諦めたような顔つきで帰って行きました。

 ところが今朝は、あれほど私にボロ糞に言われたにもかかわらず、候補地を見てくれというのです。「迎えになど来なくても私の方から行きます」といって9時に家を出ました。今日は天気も良く車の窓を少し開けて走るとさわやかな秋の風が心地よく車内に入ってきました。彼が経営する修理工場に車を置き、彼の運転する車に乗って5分ほどで、雑木と竹と雑草が生い茂る候補地へ到着しました。

 なるほど彼が言うように見晴は抜群のところにありました。候補地には舗装した農道が入っていて、竹林、雑木林、元畑と大まかな分類がされていて、半分はかなり有望な農地に見えました。しかし問題はこの荒れ地をどのように農地に戻すか、私がこの3年間苦労して人間牧場を作った思い出が蘇り、こりゃあ大変だと思いました。

 問題は金額と家族の理解、それに農業経営です。それとはなし家族に伝えているようですが、はてさて55歳の彼の熱い思いを家族が前向きにとらえてくれるかどうかです。また自動車修理工場を息子さんと営んでいるのですが、これから75歳まで20年間農業をした後の農業を誰が継ぐのか、これも大きな問題です。また金額も自分の老後を考えると、これまた大きなチャンスであると同時に大きなリスクも背負わなければならないのです。

 見学後彼の自宅、息子さんの自宅をそれぞれ訪問しましたが、今の幸せに満足せず次なる夢を追いかけている彼の姿に、かつての自分を重ね合わせながら色々と考えさせられました。途中彼の仲間がやっている窯元へ立ち寄り、間もなく開催される青年の船班長会の記念品をみつくろいました。赤トンボをあしらったマグカップの手ごろのがあって、20個ほど注文してお暇しました。

 人には様々な夢があります。人間はやはり夢を食べて大きく成長するのだと思います。外から見れば「何でそこまで」と理解できないことでも、その人にとってみればかけがえのないのが夢なのです。今度会った時は夢の実現に向けて大きな力にはなれなくても、ささやかな後押しをしてあげたいと思い彼と別れ、旧青年の家の森本先生に無理なお願いをしていた16ミリのフイルムを貰い、東京からのお客様を迎えるためわが家へと急ぎました。

  「農業を やりたいのだが 相談に 言われて二の句 継げずもじもじ」

  「儲けない 農業は楽 食うための 農業苦し それを説得」

  「見晴らしが いいので土地を 買いたいと 甘い言葉に 少しお灸を」

  「夢を追い 夢の実現 するために 真剣話す 姿勢活き活き」