shin-1さんの日記

○私の大好きなマリおばさん

 こんな呼び方をすると相手に失礼ですが、私はこの人を「大好きなマリおばさん」と呼んでいます。3年前に合併して今は同じ伊予市の市民となりましたが、彼女は旧伊予市に住んでいます。何処で知り合ったかもう随分前のことで記憶は定かではありませんが、マリおばさんの話だと私の町で行われたある人の結婚披露宴に列席した時、その披露宴の司会進行を私がやっていたようです。私はこれまで537組もの結婚披露宴の司会をしているため、これまで貯めている予定表をめくれば何月何日と分かるのでしょうが、その折私の司会進行にかなり感心して帰られたようです。それ以来縁もゆかりもなく過ぎていましたが、マリおばさんが更生保護婦人会の役員をしていてその研修会に招かれて講演をして再開しました。またマリおばさんが民生委員をしていt折にも地域の高齢者研修会に招かれ講演をしました。こうして急速に交流が深まり、マリおばさんの家は息子さん夫婦や雇ってる人たちで稲苗を生産する大農家ですので、ビニールハウスで栽培したトマトやキューりを頻繁に届けてくれるようになったのです。枝豆やソラマメなど季節の食べ物がどっさり届き、珍しいものばかりでわが家の食卓を賑わせているのです。

 私としては差し上げるものもなく、時折いただいたおすそ分け程度の魚を届けるのですが、その度に若い息子さんご夫婦ともすっかり顔なじみになって、親類のような付き合いをさせていただいています。

 数日前私は魚を持参しました。あいにくマリおばさんは旅行に出かけていて留守でしたが、若奥さんから毎年いただくキャベツやブロッコリーの苗を沢山段ボールに詰めていただいたのです。その日はあいにく雨でしたが私は山口行きの出張の前日で家を留守にするため、雨の中で畝を起こし植えました。今朝その様子を見に菜園へ出かけましたが、降った雨でちゃんと畑の中で活着しているようです。

 昨年もマリおばさんからいただいたキャベツやブロッコリーの苗を沢山植えましたが、それは立派なキャベツがやブロッコリーが沢山できて近所や親類に配って喜ばれました。また年末になると葉ボタンの寄せ植えが届いて家の玄関を綺麗に飾りました。昨年は秋馬鈴薯の種をいただい秋ジャガイモを相当楽しんで食べたのです。

 昨晩山口県から帰って一息ついたころ、マリおばさんから電話がかかりました。旅行で留守をしていたので、今日は私の家へ新米を持って行くからというのです。わが家であ玄米のご飯を食べているのを知っているのです。何時に来るかも定かではないのですが、マリおばさんは妹さんとわが家を訪ねるようです。マリおばさんは昨年友人を連れて人間牧場へ遊びにやってきました。その折は足湯などをして楽しんだと記憶していますが、はてさて私は今日は午前午後、それに夕方からは福井へ向けて出発しなければなりません。会えるかどうか心配ですが、マリおばさんがいうように、「会えなかったら会えなかったでまた会える」と思って、気にせず出かけることにしています。

 朗らかに生きている水口まり子さんを見習って私ももっともっと前向きに朗らかに生きていこうと思っています。

  「大好きと 言われるような 人間に なりたいでものと 今日も見本に」

  「好物の 野菜の苗が 活着し 来年春を 目指して育つ」

  「新米を 持って憧れ やってくる だのに留守とは 済まぬことです」

  「台風は 何処へ行ったか 跡形も 見せぬ青空 雲がゆっくり」 


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。