shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月20日

○デジカメを紛失しました

 昨晩は双海町出身で建築事務所を営む和田忠則さんが愛媛県の建築士会の会長になった就任祝いと松山市議会議員の池本さんの当選祝いが異業種交流会の主催で開かれたので道後の大和屋ホテルへお祝いに出掛けました。青年の家の講義が終わって直接だったので、木になるカバンとデジカメを会場に持ち込みました。現役を遠ざかった私には異業種交流会も久しぶりなので人間牧場主の名刺での交換相手も多く、デジカメで写真を撮ることなどすっかり忘れてお話に夢中になりました。私のような無名な人間でありながら、最後の一本締めの音頭をと指名を受けましたので、臆することなく引き受けて無事お開きとなりました。やがて木になるカバンを持って玄関先に駐車した自家用車に上田教育長さんを同乗して約40分の道程を帰って来ました。

 朝起きて名刺と書類を整理しようとしたのですが、どうしてもデジカメが見当たらないのです。書斎や居間、それに車の中を探したのですが結局は何処にも見当たりませんでした。ふと昨日ホテルへデジカメを持ち込んだことを思い出し、主催者の峰さんやホテルに電話を入れたのですが中々見つからず、思案に暮れていました。ホテルからはご丁重な電話を頂き、峰さんも四方八方手を尽くして探して頂きました。

 諦めかけていた矢先峰さんから携帯が入り、見つかったとのこと、午後には届けるとのこと、何から何まで私の不注意にもかかわらず対応してくれた峰さんに感謝せずにはおれませんでした。

 「俺もボケたものよ」と認めつつ、今日の高知県四万十市へはデジカメを持ってゆくこともままならず、はてさてどうしたものかと思案をしています。というのも四万十市への20回の行脚はその都度カメラルポを試みて最終的には20回が終わった時簡単な報告書でも出来ればと思っていたものですから、出鼻を挫かれた格好になってしまいました。机の上に置いてある簡易カメラで今日のところはお茶を濁そうと思っています。

 それにしても、デジカメを使えるようになってから俄然ブログの画面が鮮やかになり、読者の数が急激に増えました。私のような取るに足らないブログでも多い日は70人もの人が読んでくれるのですからデジカメはやはり強い見方に違いないのです。私のブログを読んだ四万十市の和田課長さんが「腕が良いのかカメラが良いのか、自分のふるさとが格別に輝いて見える」というように、優れもののデジカメは、今はもう私にとって無くてはならない道具となっているのです。

 デジカメの写真もパソコンの中で随分貯まってきました。息子に頼んでソフトを入れてもらい写真の整理もジャンル別に分類しているので、すぐにでも取り出せるようになっていますが、今のところはこれらの写真はブログ専用で他には利用していません。何とか活用したいと思っていますが中々・・・・・。

  「あったから 良かったような ものですが これから必ず 失せない工夫」

  「なくすると 始めて分る ものの価値 人もの金と それに健康」

  「持ち物が あり過ぎるから 失せるのだ 携帯名刺 時計にカバン」

  「二次会を 断り帰る 夜の道 今頃彼ら 楽しい酒を」

[ この記事をシェアする ]