shin-1さんの日記

投稿者: | 2006年7月2日

○騒動「狸かハクビシンか」

 昨夜夫婦で里帰りしていた息子が私のブログの写真を見て「お父さんこの動物はハクビシンではなくて狸じゃないの」と、狐ならぬ狸につままれたような話をするのです。「おじいちゃんも話しよったがあれは狸よ」と言い張り、自分の部屋から狸の置物を持ってきたのです。その置物をよく見ると確かにハクビシンより顔がふくよかで狸のようにも見えました。私が今まで見たことのあるハクビシンは顔が細くて長く鼻に白い毛が生えていました。息子は早速私の撮影したデジカメ写真をダウンロードして置物と比較しながら「やっぱり狸だ」確証を得たようでした。

 これまでハクビシンとばかり思っていた私はショックでした。だって朝な夕なわが書斎の前をわが物顔で歩くのですから、何の疑いもなくハクビシンだと思っていた私は狸に化かされた事になるのです。

 私は残念ながら今まで狸という動物を見たことがありません。見たのは信楽焼の狸の置物か狸饅頭、狸最中、食べたのは狸うどんくらいなもので狸汁は残念ながら食べたことがないのです。

 子どもの頃「狸囃子」という歌を歌ったことがあります。

 ♪しょしょしょじょじ しょじょじの庭は つんつん月夜だみな出てこいこいこい 

 おいらの友だちゃぽんぽこぽんのぽん♪

という歌で、今でも節をつけて歌えますし、ハーモニカでも吹けるのです。

八百八狸などの民話は昔から多く聞きましたが、狐と狸は化かすという言い伝えばかりが先にたって、いいイメージが浮かびません。まあユーモラスと言えば腹を突き出し帳面を腰にぶら下げた狸の置物はあちこちでよく見かけるのです。下の写真は書斎の掃き出し窓を開けて撮った写真です。

 そういえば上の写真と置物の写真本当によく似ていると思いませんか。はいこの軍配は息子の方に上げて狸とする事に決定しました。しかしわが家には狸が住み着くことになっていよいよ賑やかになってきました。皆さん一度狸見物は如何でしょうか。

  「ハクビシン よく見りゃこれは 狸です 化かされついでに 俺もだまされ」

  「わが家にも 自然回復 子狸が ちょっとホットな 話題提供」

  「狸汁 する気はないよ 安心し 傍においでよ 一緒に住もう」

  「やっとこさ ハクビシンだと 覚えさせ 孫に再び 狸と教える」 


[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記」への2件のフィードバック

  1. ぽんぽこりん

    SECRET: 0
    PASS:
    うちのばあさんも時々「タヌキに化かされた」らしいです。タヌキは人間に化けていても、「私はタヌキです」なぁんて言わないから、コロッとだまされるのだとか。丁寧に挨拶するそうです。でも、「タヌキはぞーりが違う」のだそうです。
    『化かされる 前にわからぬ ものならば せめてぞーりを たしかめよ タヌキのぞーりは はっぱなり』

コメントは停止中です。