shin-1さんの日記

○新しい息子夫婦

 慌しい結婚式や新婚旅行、それにたまった仕事を片付けるため帰ってこなかった息子夫婦が日曜日揃って帰って来ました。若嫁に「お父さん」と言われてもまだピンときませんが、それでも食事の準備や片付けに気を使う嫁の姿はもうすっかり我が家の一員としての風格です。妻もまたあれやこれやと声を掛け合い「お母さん」ぶりを発揮しています。願わくばこれからもずっと良き親子関係を築いて行きたいものです。

 息子は長い間家を空けていたので感慨深そうに我が家のあちこちを見回し歩いていましたが、嫁を人間牧場に案内したようです。私は自治会長として祭りの仕事があったものですから、夕食からの出会いとなりましたが、はじめて人間牧場に案内した時はまだ敷地造成中でしたので、人間牧場が立派になっていることに驚いていたようです。息子もまた私のやった突貫工事の瓦による周辺整備を見たかったようで、一応設計士としての合格点を貰いました。家にいた頃は何かと対話していた人間牧場について、親子別居のため当分は電話でのやり取りが続きそうです。

 最近は結婚するとすぐに子供が出来る出来ちゃった結婚や、挙式の前に同棲したり入籍するインスタント結婚が流行っているようですが、息子夫婦は晩生なのかその気配はなく、新婚旅行も終わってやっと入籍のようです。本当は息子夫婦と同居したいし、息子夫婦もそれを望んでいましたが、妻の気苦労を思うと当分の間は別居もよいのではという結論になりました。長男教育を受けて育った息子が社会の荒波の中で自立できるか不安な面もありますが、息子も葉や30歳、多分大丈夫だと送り出しました。

 帰る時洗剤や砂糖、じゃがいもなどこまごましたものを妻から貰いうけていたようなので、当分は安月給でも共働きで何とかジャガイモを食べてでも飢えはしないでしょう。しかし借りたマンションの家賃や電話代など、明日からは暮らしていくための厳しい現実が待っているようです。

 新婚旅行はヨーロッパでしたが、私が面の収集をしていることを知っていて、素敵な面をお土産にプレゼントしてくれました。妻が先日民生委員の研修旅行で北陸方面へ行った折にも面を買って帰ったので今年は夏に夫婦で行ったカナダ旅行で買ったのと合わせると三つも増えたことになります。余り高価なものではないのですが、面の収集ももう30個以上に増えました。面は主に魔除けとして使われますが、収集してみるとその土地、その国によって随分表情が違っていて、旅先で骨董屋の店先を覗くのも楽しいものです。

 少し暇が出来たら是非面を自分で彫ってみたいと思っています。不器用を自認する私にはそんな芸当は難しいと妻は言うのですが、挑戦してみないことには分かりません。アー、また夢が広がってきました。

 春先から夏秋にかけての長い間、忙しく過ごして来たので、ちょっと立ち止まりたい気分になっています。無理をせずと思いつつ少しハードな月末がやってきそうです。自治会長の仕事も一段落しそうなので、一休みしたいです。

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○秋祭り

 昨日と今日はわが町の地方祭、秋祭りです。自治会長をしている私は、この1ヶ月その準備に終われました。自治会長になって始めての祭りを準備するのですから、慣れていないこともあって大変気を揉みました。神輿の運行計画は総代会で作るのですが、担ぎ手の確保や警察への許可申請など、前任者に何度も聞くのですが、文章化されたものがないためチグハグなことが多く、失敗の連続でした。私の経験を踏まえマニュアル化しておきたいと思っています。

 昨日の神社祭典は、時ならぬ前線通過の突風や霰が降る悪天候に、幟が数本折れるなど散々でした。今日は昨日の天候も治まり、早朝6時に宮出しを行い町内を巡行しましたが、ワッショイの掛け声も勇ましく久々に活気のある風景が見れました。

 副区長2名と会計が中心になって子ども神輿を運行しましたが、子どもの数が段々少なくなっていることも気がかりです。しかし少ないながら子どもには子どもの祝儀わけという楽しみな算段があって神輿担ぎはことの外頑張ってくれます。これも大人への通過儀礼なので大人は安全運行という黒子に徹しました。

 その年に新築した家はお神輿を迎える風習があるようですが、私は役目柄私の家へも神輿を迎えました。新築して何年になるのか忘れるほどの時を経て、久しぶりに神輿が入ってきました。丁度孫と娘が里帰りしていたので、一緒に宮司のお払いを受けました。孫の神妙な姿が印象深かったです。

 神輿には鬼の面を被ったダイバンと称する厄年の人が扮する人が、魔よけに同行します。赤い襦袢を着たダイバンは子どもたちが恐れているもので、わが孫も、昨年のような大泣きはしませんでしたが、目にいっぱい涙をためて、悪いことはしませんと鬼に約束をしました。田舎の秋祭りで体験した鬼との出会いは孫の心にしっかりと刻み込まれたことでしょう。

 あちらこちらの秋祭りでは、事故や怪我が絶えないようです。担ぎぎ手には傷害保険をかけていますが、安全で宮入できたことを、自治会の役員として慶びたいと思います。夕方公民館に集まって祝儀の決算が行われ、一週間後に慰労会をするのが慣わしですが、コミュニティが廃れてゆく現代です。みんなで地域に住むことの意味を確かめ合いたいと思います

 正直なところ何はともあれ「ほっ」の心境です。明日は神輿や幟の片付け、新しいしめ縄作りをして、長かった祭礼にピリオドが打たれます。 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○可愛いハクビシン登場

 我が家の庭には田舎らしくたくさんの動物がやってきます。犬・猫・かえる・蛇・イモリ・トンボ・昆虫、野鳥は勿論のこと、イノシシさえも畑の食べ物ををあさりに夜な夜な出没します。イノシシの大好物であるサツマイモなどは収穫間近になると決まって荒らされます。畑の番人である親父は近所の漁師さんから魚網を貰ってきて辺りに張り巡らせるのですが、イノシシの知恵は相当なもので、高さ3メートル以上もある石垣を平気で登ってきて食べるのです。そこで登場したのが有刺鉄線、まるで戦場さながらですが、これにはイノシシもお手上げといったところですが、今度はこの有刺鉄線が草刈の邪魔になってこちらがお手上げ、畑の番人とイノシシの知恵比べは当分続くことでしょう。

 最近見えなくなったのですが、私の書斎の掃きだし窓は季節の移ろいを感じたいと透明ガラスにしていますが、毎朝4時ごろになるとハクビシンが覗きにやって来てました。外に置いていた私のスリッパが毎夜片方ずつなくなったのはハクビシンの仕業だったようですが、こちらをじっと見つめるハクビシンの愛くるしさに怒る気にもならず、毎朝無言の対話を約1ヶ月間しました。スリッパは殆ど何処かへ持っていかれたので、毎日みかんを一個スリッパを置く場所に置いてやるとみかんを持ってゆきました。

 その後来なくなりすっかり忘れていましたら、今朝ひょっこり見えたのです。「おい元気だったか」とお互いが言わんばかりに今朝も約5分、無言の対話をしました。外に置いていた知人から貰ったみかんの篭の周りに食い荒らされた跡があったので、あるいはと期待をしていたので安心しました。

 山から里へ野生の動物が下りてくる話題は最近何処の町でも聞かれるようになりました。環境の変化か動物の事情かよく分かりませんが、それでも野生の動物とこうして触れ合えることが出来るのは、やはり田舎に住むことの特権でしょうが、被害にあう農家の人にとっては死活問題で、昨年一年間で双海町で仕留められたイノシシだけでも300等だといいますから相当なものです。

 ハクビシンは鼻に白粉をつけたような愛くるしい顔をしています。私の部屋の窓ガラスの前では二本足で立ってくれます。もし私がハクビシン語が話せたらと思ったりもします。ハクビシンも早朝4時私を観察しながら「このおじさんは朝早くから起きて何をしよるの」と言わんばかりです。今晩はスリッパ置きの石の上にまたみかんを置いてやるつもりです。

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○食べれる草

 えっ、草が食べれるの?。都会の人はそう思うでしょう。ところが人間牧場の周りには意外と食べれる草が多いのです。じゃあそこで問題です。どんな草が食べれるかご存知ですか。と唐突に言われたら誰もが困ってしまうでしょう。じゃあヒントを出しましょう。草もちを食べたことがありますか。うんあるある。じゃあその草もちに入っている草は何でしょう。えっ草もちに草が入っているの。そうです草もちには雑草の種類であるヨモギという草が入っているのです。

 まあこんな具合に考えてみると草は私たちの身の回りにたくさんあることに気づきます。

 ヨモギで作る草もちの話をしましょう。春先野山は燃えるような草が一面に生えてきます。その中にヨモギがあります。新芽の先端5センチくらいを摘み取ります。その場合気をつけなければならないのは、草には持ち主がいること、草だからと手当たり次第取ってはいけません。必ず土地所有者の了解を取りましょう。また同じヨモギでも農薬で消毒していたり、散歩コースで犬がウンコやオシッコをかけたようなものは健康上よくありません。摘み取ったヨモギは水洗いしてさっと茹で、流し水でさらします。茹で過ぎると溶けますので注意してください。茹でるとき少量の重曹を入れると鮮やかな草色になるそうですが、折角の自然ですから何も加えないほうがよいかも知れません。

 餅と団子では材料が違いますが、餅の場合茹でたヨモギをもち米と一緒にふかして少量の塩を加えつきこむと草もちの出来上がりです。

 田舎ではこんなものを子どもの頃から食べて育ちました。だから野に生えている草を見ると食べれる草かそうでないかははっきりと見分けることが出来るのです。余談ですが茅はかみそりのような鋭い葉っぱを持ってます。茅で手を切ると子どもたちはみんな、ヨモギに唾を吐きかけて手で揉み、傷口に押し当てました。ヨモギには止血作用があるのです。出来物が出来るとオオバコの葉を火であぶって傷口につけると吸出しすることも知っていて、少々では病院など行かなかったものです

 野外でパーティをするとき、井阿木と慶ばれるのが食べられる草のてんぷらです。ポータブルのガスコンロと鍋と油と小麦の粉があれば、草は上等な食べ物に変身します。今は秋になって野草も冬篭りする季節になりましたが、今から食べられる草を調べておいて、春先人間牧場で草のてんぷらを食べてみてはいかがでしょう。shin-1さんの人間牧場3分クッキングレシピの紹介でした。

 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○セミ・リタイア

 若いころは、安定はしているものの組織に働く何か分からぬ幻影に脅え、55歳くらいでリタイアして余力のあるうちに次の生き方を考えようとしている人は意外と多いようです。しかしその歳になると子どもの教育などに翻弄され、また管理職という居心地のよい職責にどっぷりつかって、知らず知らずのうちに定年を迎えてしまうものです。

 定年がなければ誰だってリタイアなんて考えなないでしょうが、世の中の現実は厳しく、先日まで部下だった人の元で再就職を余儀なくされて安月給で働いている人もまた多いようです。

 セミ・リタイヤという言葉があります。半分リタイアして仕事は手段、目的は後半生と割り切って人生を謳歌する生き方が最近注目を集めています。

 外国人の夢のリタイアの三条件は、①自分たち名義の住宅(できれば住宅と別荘)、②財政的な蓄財、③長期的な投資だそうだが、①まず健康、②ともに歩く良きパートナー、③やりたいことがある、④明確な財政計画という四条件を上げる日本人もいる。私はどちらかというと後者の日本人的な考えのほうに近いが、別荘とまではいかなくても今まさに、人間牧場に水平線の家を手に入れようとしているから、前者の生き方も理解できます。

 私は飯が食えたらそれでいいと財政的な明確な裏づけもないままリタイアしてしまいましたが、その後様々な仕事が舞い込んで少しだけセミ・リタイア的な生き方に近づきつつあるように思います。

 先日良きパートナーの条件はと聞かれて、私はまったく正反対な自分に気がつきました。厨房はやらない、洗濯掃除はしない、土日はいない、買い物には付き合わない、典型的な昔人間なのです。大きな声ではいえませんが、もし妻に何かあったら私は餓死するかもしれません。

 先日急な雨で洗濯物を取り込んでいたら、親父に「明日雨でも降るのでは」と散々からかわれました。

 海外派遣を引率してニュージーランドへ行ったとき、食事の後片付けをする現地の人を見て感心したものですが、自分の食べた茶碗や皿を流し台に運ぶことしか実行していません。情けない限りです。

 もっと妻とのパートナーシップのあり方について学ぶと同時に、要は実行することでしょう。

 「お父さん風呂貯めてください」「あらあら風呂が溢れてますよ」なんてことはしょっちゅうです。反省だけならサルでも出来るのですから、もう少し成長したいものです。

[ この記事をシェアする ]

shinn-1さんの日記

○論理を話す

 この4月まで双海町の教育長をしていましたので、公務が忙しく講演依頼があっても中々思うに任せませんでしたが、4月から自由人になったことがあちらこちらに知れわるようになり、県内外から講演依頼がたくさんあるようになりました。私の話は理論ではなく論理です。理論と論理は漢字が逆さまだけですがその意味は随分違うと私流に解釈しています。大学の先生がお話しするのは正しい学びの中で習得した理論です。しかし私たち下野の人間はそんな学問はありませんから、汗した実践が言葉として出るのです。理論は机上の学問、論理は現場実践の集大成とでも申せましょう。

 ところが不思議なもので私たちの喜びや悲しみ込めた悲喜こもごもの話には、居眠りするでもなく何故か生き生きとして聞いてくれますし、時にはその場所を訪ねたくて双海町のような田舎町へも視察にやってきます。

 先日一枚のファックスが舞い込んできました。何と遠く離れた北海道からの講演依頼です。来年の春4月というまだまだ先のことなのですが、私のようなサンデー毎日の人間でも北の大地で必要とされるのですから俄然嬉しくなります。北海道は昔青年を連れて何度も交流しており知人友人も多いのですが、向寒今頃は冬支度に追われていることでしょう。

 私の場合講演は熱を帯びてくると標準語ではなく方言でしゃべります。後で送られてくるテープおこしの講演録など読むと汗顔の気持ちになります。でも方言を語れば一人前と思いつつ話しています。

 浪花節の有名な語り手から意外な話を聞いたことがあります。浪花節はご存知のように人情ものが多いのですが、聞いた人を感動させるには一に声、二に節、三に啖呵だと言うのです。この三つは講演にも当てはまるもので、私も心にとどめて論理を話しています。

 良くしたもので行く先々で私の論理話が話題となって、先日東京丸の内の国際フォーラムで開かれた全国監査委員研修会で千五百人を前に話したところ、これまた全国から大きな反響があり公園依頼など驚いています。

 体のこともあるし、やりたいこともあるし、一ヶ月に1週間は続けて休もうと心に決めておりますので、そのことがかえって日程を詰まらせているようです。吉本新喜劇のような私の話を一度聞いては如何でしょう。白色レグホンか白い猫請け合いです。えっ白色レグホンも知らないの。白い鶏も白い猫も尾っぽが白いから尾も白い(面白い)です。あっ、また駄洒落を。いえいえこれはウイットに富んだ論理です。

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○童謡を歌う

 私は只今ハーモニカに凝ってます。それというのも3年前にNHKラジオ深夜便「心の時代」に、それぞれ1時間ずつ2夜連続出演したとき、NHKのディレクターが「夕日を三つの音にしてください」と言われました。さてあなただったらどうするでしょう。変わり者の私はその時、夕日のミュージアムに設置している500万円のオルゴールで「夕焼け小焼け」を奏でました。2つ目はその日の日没が6時30分くらいでしたから、「双海町の夕日は沈むときジューンと音がします。その音をお聞かせします」と言って、妬け火箸を三本真赤に焼いてブリキのバケツに水を張った中に入れました。もうひとつは息子から貰った僅か15穴のハーモニカで赤とんぼを吹きました。

 するとどうでしょう。朝4時から5時の早朝放送にもかかわらず聞いた人がたくさんいて、全国からたくさんのお頼りやらお電話をいただきました。その数は半端な数ではなく、役場の電話がパンクするほどでした。その中に東京の目の不自由な方がいらっしゃって、お電話で「私は生まれた時から目が不自由で雄飛の美しさは分かりません。でもあなたのハーモニカで「赤とんぼ」を聞いた時、私の体感音楽というのでしょうか、死んだ母を思い出し、涙が止まりませんでした。是非あなたの案内で夕日を見たいので羽田発松山着の飛行機に目の不自由な仲間4人が乗りますので、飛行場へ迎えに来てください」と言うのです。一瞬「えっ、目が不自由なのに何で」と思いました。

 でも4人は飛行機でやって来ました。私は飛行場まで迎えに行き、シーサイド辺りを案内しながらハーモニカを吹きました。4人とも涙を流して聞いてくれました。このときの感動は今も忘れられません。余談ですが4人の目の不自由な方は私が独身だと思って、お嫁さんを探してあげるなんて気の早い一幕もありました。でもその時シーサイド公園に同様の小路を作りたいという夢が現実になって、6基の童謡歌碑が出来たのです。まさに夢はドリームではなくターゲットなのだと思いました。

 時代は変わったもので、赤とんぼなどの童謡をハーモニカで吹いて小学生に聞かせたら「それ何」でした。

 私は時々我が家に遊びにやってくるわが孫に童謡を教えています。赤とんぼも夕焼け小焼けも、海、どんぐりころころ、かえるの歌などなどレパートリーも広くなり、私が歌うと拍手をしてくれます。同様が孫の成長にとって如何ほどの値打ちがあるのか分かりませんが、孫と私の節もげなハーモニーも捨てがたいジジバカぶりでしょう。笑わないでください。

 笑売啖呵(短歌)

  ハーモニカ やっと吹けたと 思ったら その童謡(うた)なにで ずっこけました

 一度ふたみシーサイド公園の童謡の小路へ遊びに来てくださーい。ハーモニカ持参で案内します。

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○「天気が悪い」という言葉

 私たちは毎日毎日天気とともに暮らしています。爽やかな秋の頃となると空の色も澄み渡り、まさに日本晴れといったところでしょう。今日のような日は「今日は天気がよい」といい、雨が降ると「天気が悪い」という表現をします。正式には「晴れた」「雨が降る」でよいのでしょうが、何故か天気が良い悪いと天気を相手に、日々の暮らしを天気のせいにしているようで、天気に悪いなあと思っています。

 このところ遅い台風の影響で関東地方はぐずついた天気が続いたようですが、こちら四国の瀬戸内側では晴れた日が続き日本一といわれる双海の夕日もすごい迫力で水平線に沈んでゆきます。

 「夕日を見に行きたいのですが何時の夕日が綺麗ですか」とよく質問されます。夕日博士を自認する私としては、この時とばかりに夕日の薀蓄を語るのですが、この質問には「あなたの来る時の夕日が一番美しい」と答えています。

 そうなんです。夕日はその日その日によって、また見る人の心のありようによって違うのですから、そうとしか言いようがありません。秋の頃の澄みきった大気は夕日を大きく見せてくれますし、冬の荒れた海に沈む夕日も格別な味わいです。また春の黄砂振る頃の真赤に焼けた空に燃える夕日も綺麗です。さらに夏の夕日は炎暑の終わりを示す涼感を持っています。季節によって違う夕日の見方や面白さの他に、自分の心の鏡のありようによって違う味わい方があることも知っておくべきだと思います。

 最近は気象衛星のお陰で天気予報の当る確率が高くなってきました。毎朝4人の子どもが「お母さん今日はどんな天気」と聞くと、「お父さんに聞いてみなさい」といって私に振ってきました。その都度私は「晴れ時々雨だから自分で判断しなさい」と冗談交じり言葉を交わしました。親子の何気ない会話ですが子どもは何時も天気の判断を親に委ねる習慣がありますから、天気ぐらい自分で判断するように言ってきました。

 雨の日「今日は天気が悪い」と言おうものなら「天気は悪くない」と返します。だって「雨降ってるじゃないの」、「それは雨が降ってるので天気は悪くない。天気のせいにするな」、「お父さんと話していると、朝からこんがらがってしまう。お母さん今日天気悪いよね」、「雨が降っているんだから天気が悪いに決まってる」と、まあこんな調子です。でも「天気は悪くない」と思うのです。

 現代人は自分の不幸を人のせいや社会のせいにしてしまう悪しき習慣があります。「幸せは皆身にあり」と肝に銘じれば世の中うまくいくのですがどうでしょう。

 

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○学校評議員会に出席

 私は只今小学校2校、中学校1校、高校1校の計4つの学校の評議委員を請われるままにしています。小学校と中学校はつい最近立ち上がったものばかりで、まだかいごうは行われていませんでしたが、昨日小学校1校の評議委員会がありました。

 昨日は5時からの会議でしたが、私の勘違いで6時からだと思い込み、人間牧場の作業を終えて下山した後、間近に迫った秋祭りの寄付集めや神輿守の傷害保険などの手続きをして、シャワーを浴びたりしてましたので、学校へ到着したのが6時10分前でした。ところが会合は始まっており大慌てでした。たった5人の委員の中で遅れてしまって、お詫びの使用もありませんでした。しかし短い時間ながら言いたいことと、屋って欲しいことは伝えたつもりです。というのも既に高校の評議委員会には何度も出席して意見を述べているからでした。

 学校に新しい風を吹き込む意味で、評議委員会は重要な意味を持っています。これまで外部の意見はPTAなど親の意見が殆どでしたが、私のように部外者が意見を述べるkとも大切なのです。ただし、述べた意見をどう学校経営に反映させるかがもっとも大切なことですので、教育委員会が議会の一般質問に答えたからしぶしぶやるといった画一的なものであっては、折角の評議委員会が台無しです。私の訪れた学校は百人以下の小さな学校ですから教員も10人程度です。本当は校長と教頭だけでなく、全員の教員に聞いてもらいたい話だと思いました。

 私は学校に数値目標を作るよう要望しました。教育は結果がどうであれプロセスを重要視します。しかし学校の問題点を明らかにし、その問題解決のために行動計画を立てそれを数値化目標にすると、子どもも先生も学校がどんなことを目標にしているのか良く分かるのです。数値目標はある意味でのマニフェストです。目標が達成できないと何故その目標が達成できなかったのか、原因調査と責任を明確にします。そうすることが学校や教師を変えて行くのです。勿論高校のように明確な数値目標は出来にくいと思いますが、その訓練こそが大事なのです。

 評議委員も言った言葉の責任の一端を負わねばなりません。私は校長先生から質問のあった人間牧場について持論を述べ、地域内に折角作った施設なので、是非子供たちに使わせようと思っています。そうすれば母校といわれる学校にいささかの恩返しが出来ると思っています。そのためにはもっともっと私の人間牧場のスキルを高め、子どものためのアイテムを増やしてゆかねばなりません。そのことが教育者の端くれだった私の出来るチャレンジなのです。行政職を35年続けましたが。その中の13年社会教育、2年教育長として現場の教育を担当しましたが、私は行政職というより教育者として行動してきました。ゆえに見えてくる部分もありました。これからも教育者の端くれとして活動したいと思います。

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

○ヤッホー、水平線の家ついに完成

 先月の月末から今月の中旬まで、何かと忙しかったため10日ぶりに人間牧場へ行きました。今日は朝から北東の風が強く吹いて、少し肌寒い感じがしました。季節は確実に秋を感じさせているようです。今日は大工さんが最後の仕上げにやって来ていました。洒落た戸袋やお願いしていた作り付けの棚など全てが出来ていて、仕上げのための調整が行われていました。

 私は息子が知人から貰ってきた古い瓦を犬走りとして利用するため裏の土を土台に沿って掘り、瓦を3枚組んで埋め戻してゆきました。これが結構きつい仕事で、並べ方を間違うと古い瓦を使った意味が無くなるとあって水平に糸を張り慎重に作業を進めてゆきました。不器用な私のことですから仕上げは今一なのですがこれが出来上がってみると結構様になっており、均した地面に小砂利を敷くと何とも見栄えのする作品になりました。今日は裏だけの作業になりましたが、息子、いや設計士の検査が合格すれば左と右もやりたいと思っています。

 建前を行ったのが夏真っ盛りの7月29日でしたから随分時間がかかりましたが、その分思いをはぐくむことが出来て本当によかったと思います。きしくも先週結婚した息子夫婦が新婚旅行から帰った今日出来上がったことも嬉しいことです。

 昨日今治に行ったついでにお四国札所仙遊寺に立ち寄り住職の小山田さんとお話をしました。その折看板にするタモの板をいただいて帰りました。住職さんはマルチ人間で知られていますが、製材や鍛冶屋が出来る道具をそろえて日々楽しいことをやっています。見習いたい人物の一人です。

 さて、立派な水平線の家が出来たのはよいのですが建築費用が予想以上にかかり、資金が底をついてしまいました。第2期工事からは大蔵大臣の妻に頼るしかありません。少しだけ妻にゴマをすることも仕方のないことかもしれないと、今日も肩を揉んでやりました。妻いわく「まあ珍しい、雨でも降らねばいいが、何かまた悪だくみでも」と読まれてしまいました

 この3ヶ月、ワクワク、ドキドキでした。何処へ行っても気になり、何処へ行っても聞かれもしないのに人間牧場のことを随分話しました。これを生きがいといわずして何と呼ぶのでしょう。世の中の定年を迎えた男性諸君、私のように生き生きと輝いて生きて下さい。 

[ この記事をシェアする ]