人間牧場

投稿者: | 2020年7月1日

〇今が過去になる前に

 今という一瞬を過ぎると、全てが過去になります。その生き証人として写真や映像があるものの、過去の全てを写したり映して残せる訳でもないので、後になって「撮っておけばよかった」と後悔することは幾つもあります。例えば道の駅ふたみシーサイド公園は開園以来25年が過ぎ、この度来年3月まで閉園して改修工事が行われることになっています。この公園は私が深く関わって造っただけに思い入れも一入で、幾つかの場面は写真や映像として残っていますが、移転や清掃の雑用に追われて、直前のものなど殆ど残していないのです。

 私はブログ用にタブレットを日常的に持ち歩いていて、意味もなくタブレット内蔵のカメラで、無造作に写真を写していますが、今となってはたった1週間ほど前の様子さえもう再現することは不可能な状態で、ひょっとしたら貴重な記録になるかも知れません。こんな意味もない馬鹿げたことに気づくのは私だけでしょうが、それでも私の小さなパソコン内とブログ記事にだけでも「記録として記憶」されるのです。先日下灘の綿井商店が経営していたガソリンスタンドが閉店したという記事を書きましたが、営業していた当時のガソリンスタンドの写真もまた取り損ねてしまいました。

 ローカルな出来事などは誰も気がつきません。上灘と下灘の中学校が統合して双海中学校となりましたが、上灘中学校時代から学校の隅にあった学校給食センターも取り壊され、跡形もなくなりました。人間の記憶はあいまいで、特に私の様な年齢になると昨日のことさえ忘れてしまいます。記録によって記憶を残すことは、今に生きる私たちの仕事でもあるのです。記憶させるのが文字や絵だけだった昔と違い今はメディアが発達し、人間でさえ死ぬ前の姿や声を残すことができるのです。今が過去になる前にやらねばならないことがいっぱいあるようです。

「10日前 あった出来事 今はもう 跡形もなく 過去の彼方に」

「あの時に 撮っときゃ良かった 思っても 後の祭りだ 拳々服膺」

「何気ない 出来事記録 することが いかに大事か 時々思う」

「地道だが せめて自分の 住んでいる 家や町など 記録に残そう」

[ この記事をシェアする ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください