人間牧場

投稿者: | 2019年12月9日

〇大いに盛り上がったチャリティオークション

 今年も全国から集まった参加者が、おらが自慢のお土産を沢山持って来てくれました。今年の参加者は350人と目標の320人を上回り、過去最高の人数となりましたが、分散会が終わった後の夕食を兼ねた懇親会も190人と、これまたレストランが満席状態になる程でした。

チャリティオークションの様子

 レストランでの食事は分散会毎のグループ形式でしたが、いつの間にか飲むほどに酔うほどに人の輪は大きく広がり、様々な深い交流となりました。交流会の会場が広いため声が届きにくい難点も、音響のスペシャリスト平岡さんたちの骨折りで何とか乗り切ることができました。

 交流会恒例のチャリティオークションは、私と松本さん、隅田さん、宇津さんなど毎度お馴染み双海組が取り仕切り、競り市や押し売りを繰り返し、何とか全ての商品?を処分することができました。売り上げは直ぐに計算され皆さんに報告しました、今年も57,000円あったそうです。

私はこの日、自分が自宅横の家庭菜園で作った自慢の大根と聖護院大根、それにハチミツを持って行きましたが、余りにも興奮し過ぎて誰に売ったかさえも覚えていない始末です。このオークションの模様も誰かが写真に撮って、facebookにアップして拡散していました。

「交流会 みんな自慢の 持ち寄った 土産押し売り チャリティオークション」

「松ちゃんは 紅マドンナを 一箱も 負けじと私 自慢の大根(爆笑)」

「双海流 今年も チャリティ 大はしゃぎ 食事も忘れ 一役担う」

「これなんぼ 売った買ったと 声が飛ぶ 競り市何と 5万7千円」

[ この記事をシェアする ]