人間牧場

投稿者: | 2018年2月26日

〇鳥取県大山町からの視察団(その2)

私は年中全国各地へ請われるまま講演などに出かけていますが、今回双海町へ視察にやって来た鳥取県大山町へは一昨年生涯学習推進大会に招かれ、その折地域自主組織「楽しもなかや」という自治組織と、コミュニティ食堂で交流をしました。その折双海町への視察研修の話が持ち上がり、早速昨年のこの頃来る予定でしたが、その日の2~3日前に大雪が降って道が閉ざされてしまい中止となってしまいました。諦めきれない一行はリベンジを誓い、今回の双海町視察旅行となったのです。ところが運の悪いことにこの日は雨、加えて私に急遽上京のスケジュールが入ってしまい、先約優先と言いながら、2日目の今日は、地域おこし協力隊の渡部さんにお願いして、シーサイド公園や翠小学校見学などをやってもらうことにしました。

そんな内部事情もあるので、昨日は人間牧場、JR下灘駅、閏住の菜の花畑の後、わが家の海の資料館海舟館、私設公民館煙会所の見学、潮風ふれあいの館での交流会と、盛りだくさんのスケジュールを、浜田さん、松本さん、渡部さんの4人でこなしました。このところ寒い日が続いていましたが、昨日は多少雨は降っていましたが余り寒さも感じずに交流会を終えることができてホッと一息でした。私は今朝間もなく双海町を出発して松山空港へ向かい、空港で地域教育実践交流集会実行委員会の仙波さん、長島さん、県教委の灘岡さんたちと合流し、東京へ向かう予定です。楽しもなかやまのご一行を妻もコーヒーを沸かして歓待してくれたし、孫と一緒にわが家の庭に造ったミニハウスも、孫の案内で見ていただき、一石を投じてくれたことを嬉しく思っています。

煙会所での交流会

潮風ふれあいの館での交流会

今日は大山町に合併する前の鳥取県中山町と、こちらも合併する前の伊予郡中山町と同じ名前の好で交流を続けていた中山町へ出かける予定だそうです。シーサイド公園や翠小学校を、地域おこし協力隊の渡部さんに案内してもらうよう頼んでいて、私はこれから東京へ向かいます。

「日本海 面した町から 瀬戸内へ 仲間視察に やって来ました」

「合併で 町の名前は 変わったが それぞれ過去の 経緯ありて」

「昨日雨 今日は一転 上天気 伊予路の春も そろそろ本番」

「あの顔も 笑顔ええ顔 してました 次に会うとき いつのことやら」