人間牧場

〇夕日とレモン

 今年はいつまでも寒さが取れず、朝晩はひんやりするような気候ですが、昨日は一日中雲ひとつない好天に恵まれ、さすがに初夏を感じ、夏の近さを感じる一日でした。法事の帰りに母の日ということもあって、妻がリクエストした鷹ノ子のお風呂へ出かけ、たっぷり汗を流しました。鷹ノ子温泉も昨日は、母の日ということで女性はタダだそうで、妻は大喜びでした。帰りの途中、私は1年ぶりに松前町のエミフルへ、妻と二人で立ち寄りました。昨日はどの店も母の日一色で、プレゼントを買い求める人で多少込み合っていました。二人とも少々厚手のカジュアルを着ていたため、洋服店を見て回り一着ずつシャツを買いましたが、買い物に付き合うほど疲れるものはないようです。

夕日と風車

夕日と風車

 帰宅途中、同居の長男息子から電話が入り、「帰りにホームセンターへ立ち寄ってレモンの苗木を買って帰るよう」頼まれていたので、いつも立ち寄る松前小学校前の種苗店へ入り、顔見知りの店員さんにレモンの苗木について相談しました。苗木を植えるのは3月か11月の休眠期と決っていますが、今でも大丈夫だと言うので、棘なし1本、棘あり2本をそれぞれ買い求めました、昨日から始まった大相撲を午後6時までテレビ観戦しました。この時期は夜明けも早くなりましたが夕暮れも遅く、大相撲を見終わって外に出ると綺麗な夕日が西の空を茜色に染めていました。

 

 

 

 

 

 

 

植えた棘なし夕日レモン

植えた棘なし夕日レモン

 夕日を見ながら畑に出て、甘夏柑の果樹園の空白地に鍬とスコップで雑草を取り除き穴を3つ掘りました。その間綺麗な夕日を写真に収めながら夕日観賞も怠りなくやりました。昨日は少し芸術に凝った気持ちで、息子が設置している風力発電用風車を、夕日に取り入れて見ましたが、中々の景観、十分間に合いました。これからしばらくの間は水遣り等養生に努め、大切の育てレモンをせいぜい食べたいと思っていますが、夕日が沈む頃に植えたので、「夕日レモン」とでも命名しようかな?。
 息子たち家族も昨日は若嫁の実家へ遊びに出かけたようで、午後9時頃に帰宅しました。若嫁は妻へ母の日のプレゼントとして、綺麗な花の寄せ植えを買って帰りおめでとうと言いながら手渡ししていました。有難いことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  「母の日で 温泉入浴 タダと聞き 妻は喜び 父の日タダかと?」

  「ああ綺麗 夕日見ながら 穴を掘り レモンを植えて 一日終わりぬ」

  「屋上に 上り夕日の 写真撮る 風力発電 絵になる光景」

  「母の日に 母を意識し プレゼント 普通の日には 母と思わず?」  

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。