人間牧場

〇屋久島への旅(その4)

 屋久島へ行く目的は、世界遺産に登録された洋上のアルプスといわれる島特有の植物に出会うことです。特に海抜ゼロmの亜熱帯植物から、九州最高峰といわれる1936mの宮之浦岳の亜寒帯植物までが、まるで植物図鑑のように見えるのです。その中でも注目は標高800以上の土地に生息する樹齢千年を越す屋久杉の原生林です。縄文杉は樹齢6千年と言われていますが、実際に放射性炭素年代測定によるとおおよそ2千年くらいだそうですが、それにしても2千年も枯れずに行き続ける生命力にはただただ驚くばかりで、人間の寿命が長生きしてもたかだか100年であることを考えれば、言葉もないのです。今回は紀元杉にしか出会えませんでしたが、その幾つかをパンフレットから索引しましたので、私のブログ画面で堪能して下さい。

夫婦杉

夫婦杉

縄文杉

縄文杉

大王杉

大王杉

三代杉

三代杉

紀元杉

紀元杉

翁杉

翁杉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウイルソン株

ウイルソン株

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。