人間牧場

〇愛媛新聞カルチャースクール開講

 昨年の4月3日、3ヶ月のつもりで始めた世にも不思議な名前の、愛媛新聞カルチャースクール「街中の人間牧場移動塾」は、6ヶ月、9ヶ月、12ヶ月と1年間続ける、私にとっては超ロングランとなってしまいました。最初はテキストとして使用する「夕日徒然草」を解読すればいいと、安易に考えてのスタートでしたし、少なくとも3ヶ月はそのような講義でした。
 ところが、愛媛新聞事務局から6ヶ月・9ヶ月・12ヶ月と継続をするよう依頼され、仕方なくつじつま合わせのような形で何とか継続し、最初は2人の受講生から始めましたが、その後受講生が3倍のバラエティに富んだ6人となり、何とか短くも長い1年の学習を3月に終えたところ、事務局から何とか継続して欲しいと懇願され、仕方なく2年目も1年間開講することになったのです。

私が受講生のために持参した柑橘類を机に並べて・・・・

私が受講生のために持参した柑橘類を机に並べて・・・・

 

開講した街中の人間牧場移動塾

開講した街中の人間牧場移動塾

 開講するに当って1年目の徹は踏むまいと、普通は作らない年間学習プログラムと、学習内容レジメを用意することにして、受講生である浜田さんの意見を聞き、2時間がかりでとりあえず、プログラムと第1回講義レジメを、昨日の第1回開講に合わせてパソコンで急ぎ作成しました。
 昨日はあいにくの雨の日でしたが、10時の開講に間に合うように、午前9時に家を出て愛媛新聞社に出向き、揃った5人の継続受講生と顔を合わせ、講義をびっしり2時間行ないました。自宅にある8種類の柑橘類を人数分手土産に持参し、「少しだけ苦痛・まあまあ満足」といった講義を無事終りましたが、受講生の反応もいいようなので、反面教師のつもりでしっかりと1年間の学習に取り組もうと思っています。

 今年のカルチャースクールのテーマは「幸福のメニュー」、第1回目のテーマは「人を楽しむ(人は人によりて人となる)」です。ちなみに私の作成した年間プログラムと第1回の講義メモを記録のつもりで添付しておきます。

  「プログラム そしてレジメを 用意する 2時間かけた 私の思考」

  「幸福の メニュー等と 洒落てみる 2年目ゆえに できる余裕か」

  「受講生 5人だけれど 精鋭で 学ぶ意欲の 旺盛ばかり」

  「この講義 反面教師と すべきだと 心に決めて しっかり対応」

今年度の学習プログラム

今年度の学習プログラム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回目の講義レジメ

第1回目の講義レジメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1回の講義レジメ

第1回の講義レジメ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。