人間牧場

孫奏心

○バイキング昼食

 この2日間、孫尚樹が松山からわが家に泊まりに来ていました。孫尚樹は5歳、内孫の希心は4歳、内孫奏心は3歳でいずれも男の子なので、まあうるさいことうるさいこと、昨日までのこの2日間は3人の一オクターブ高い声と、室内室外を走り回る行動に家族全員が翻弄されてしまいました。
 孫がやって来ると息子嫁も妻も、孫たちのために様々な料理を作ります。ゆえに日曜日しか休みのない妻にとっては休む間もなく、朝・昼・晩それぞれに忙しい仕事が待っていて、とても疲れるようでした。孫のことは意外と楽しそうに関わっているように見えますが、孫が帰るとどっと疲れが出るようで、昨晩は寝る前テレビを見ながら聞きかじりの指圧をしてやりました。

孫希心

孫尚樹

 昨日は久々に梅雨の雨が上がって上天気だったので、伊予市のウエルピアへ家族で出かけることにしました。私は久しぶりの晴れ間なので、あれこれ農作業等の仕事もあって、気乗りがしませんでしたが、しぶしぶ運転手でついて行きました。孫たちは先に出発してウエルピアの中庭遊具で遊んでいました。昨日はウエルピアが厚生年金施設から市が買い取って5周年目とかで、中庭やあちらこちらに出店も出て、それを当て込んだ人たちが訪れとても賑やかでした。
 昼食はバイキングを楽しもうとしましたが、申込用紙に記載する順番待ちの客が沢山いて、私たちの順番は1時間も待たされ昼食が午後1時となってしまいました。孫たちは戸外で遊んだ疲れもあって、「お腹が空いた~」と騒ぐのですが、みんな待っているからとなだめ、やっと席が用意されたのはレストランならぬラウンジに通じる別室でした。

 早速レストランからバイキング料理の好みの物を皿に盛って、少し遅い昼食が賑やかに始まりました。孫たちは好きなものが好きなだけ食べれるとあってご満悦でした。勿論私たち夫婦と合流した息子嫁と娘も大いに美味しい料理に舌鼓を打ちました。
 昨日は5周年とかで料理代が20%OFF、しかも私たちは高齢者割引とか、7人でたったの3800円で満腹でした。料理もすこぶる美味しく、またレストランを利用するとお風呂がタダとあって、大蔵大臣の妻はホクホク顔でした。孫たちは眠くなったようなので三々五々別れ、私たちは買い物があるのでエミフルへ出かけ、人混みの中で買い物をして早めに引き上げました。

 孫たちと過ごした束の間の休日は、サッカーの練習で参加できなかった孫朋樹へ、人間牧場から持ち帰ったカブト虫を8匹娘へ土産として託ました。夕方電話でカブト虫を貰った感想を聞き、間もなく夏休みが始まると泊まりに来たいと言っていました。
 私も夏休みは夏ばてできないほど、何かと忙しい日々が予定されています。今年の夏も家族みんなが元気で節電の夏を乗り切ろうと思っています。

  「久しぶり 梅雨の晴れ間を 楽しんで バイキング料理 舌鼓打つ」

  「20%オフ しかも割引 大特典 みんな満足 風呂までついて」

  「前日の 雷雨が噓の ように晴れ 夏の太陽 顔を覗かせ」

  「もう要らん 満腹の時 思ったが 夕方なると お茶漬け食べたい」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。