人間牧場

〇全国地域リーダー養成塾の現地調査

 一ヶ月ほど前、東京の地域活性化センターから、全国地域リーダー養成塾山下ゼミの皆さんが、双海町へ現地調査に来るので、人間牧場で話が聞きたいと連絡が入りました。私のの予定表は6日~7日は岐阜県多治見市青年会議所での講演、8日は愛媛県商工会連合会会長会での講演、10日~11日は三重県多気町での講演、12日~13日は社会教育交流集会と、まあ目白押しのスケジュールが立て込んでいて気を揉みましたが、9日は骨休めのつもりで引き受けました。
 地域事務所の松本さんから11時ころに到着するので、お昼は翠ピザ釜工房でピザ昼食を一緒にしようとお誘いがあり、少し早目の10時30分ころに出かけました。一行は少し早めに前日の研修先高知県梼原からバスで到着したようで、明治大学大学院の山下茂る先生に引率されてやって来ました。
 山下先生といえば日本消防大学校の校長や和歌山県の副知事を歴任した大物の先生なので、出会いを楽しみにしていましたが、噂にたがわず気さくながら凄い人でした。

 ピザ釜工房ではゼミ生8人と事務局2人、それに山下先生と私たちを含めて15人ほどがピザ作り体験をしながら、翠地区を中心としたグリーンツーリズムについて学習しました。その間にピザも色々なソースやトッピングを重ねて焼き上がり昼食となりました。私も皆さんが作ったピザのお裾分けを食べさせてもらいましたが、満足の行く美味しさに舌鼓を打ちました。
 私は公民館の赤石主事さんの車に便乗して一足早く人間牧場へ行き、ロケ風呂や水平線の家の掃除をして皆さんを待ちました。一行はシーサイド公園のじゃこ天のお店へ立ち寄って、ラブじゃこ天を食べたため多少遅れての到着となりましたが、それから約2時間私の話を中心に研修会をしました。参加者の中には私が何度か訪ずれた北海道美幌町の佐久間さんという職員や、先日地域づくり団体全国大会プレシンポで先日お邪魔した、鳥取県の北村さんという職員もいて、また先日地域活性化センターから原稿執筆依頼があってメールで何度かやり取りした、奥原さんも事務局として参加していて、ラッキーな出会いとなりました。

 研修が終って一時帰宅し、赤石さんと二人で私の軽四トラック、通称田舎のオープンカーで交流会が予定されているウエルピア伊予へ向かいました。午後7時から伊予市の職員や翠ピザ釜工房の岡田さん、西岡さんも加わり、かなり大掛かりな交流会となりました。2時間ほどの交流会はお国自慢の話しも出てとても有意義でした。塾生の皆さんはそれぞれのテーマに沿って、今後卒論を書かねばならないので、私の所へも入れ替わり立ち代わり足繁く足を運んで、酒を飲まない私を相手に論陣を張りましたが、皆さんどの人もリーダーと呼ぶに相応しい立派な意見の持ち主でした。
 飲むほどに酔うほどに皆さんの心も打ち解け、別室で二次会が予定されたようですが、私は今朝一番の飛行機で、中部国際空港へ旅立つ予定があるので、皆さんを置いて9時過ぎ、再会を約束して帰宅しました。
 昨日は残念ながら曇り空で、期待した日本一の夕日を見ることが出来なかったようですが、山下先生はシーサイド公園恋人岬のモニュメントの穴に13夜の月を入れた裏側から見た写真を、ちゃっかり撮影していて、さすがと感服しました。あの写真は多分先生からメールで送ってもらえることでしょう。

 

恋人岬のモニュメントの穴に入ったお月様(山下先生撮影)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  「視察来る 人を相手に 話する 失敗事例 顔を赤らめ」

   「ああ俺も あんな時代が あったなあ 若いはつらつ 意見を聞いて」

  「楽しみに していた夕日 雲隠れ 今度来るまで 隠しておこう」

  「わが町に 視察来る度 駈り出され 過ぎし日語る これも役目だ」 

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。