人間牧場

〇人間牧場の風呂は大賑わい

 昨日は日曜日でしたが、午前中は双海中学校の運動会や松山南高校の生徒が先生に引率されて取材に来たり、親類の漁師さんから貰ったアマギという魚の下ごしらえと中々忙しい一日でした。松山南高校の生徒は最初、9月3日に予定されていた夕焼けプラットホームコンサートに合わせての取材申し込みでしたが、残念ながらコンサートが台風の影響で中止になったため変更したのです。10時にシーサイド公園で待ち合わせをしましたが、一人だけ伊予市から自転車で来た生徒がいて、その生徒を私の軽四トラックに乗せ、4人の生徒を乗せた先生運転の車に、人間牧場までの山道をついて来てもらいました。
 人間牧場に行くというだけで何の説明もしていなかったため、先生も生徒たちも多分曲がりくねった山道を走ったため、多分不安に刈られているのではないかと、時折ついて来る車をバックミラーで気にしながら走りました。先生の車を見ると多少擦り傷が見えたので危ないと思い、上の市道に車を駐車して先生と生徒さんには、人間牧場まで少し歩いて貰いました。

 生徒たちの足は速く、車で降りた私がロケ風呂のカギを開け、水平線の家のカギを開けているともう到着していました。人間牧場入り口の二股の道で右往左往する人たちが沢山いるのに、生徒たちはさすがです。水平線の家の中に案内し観音開きの窓を開けると生徒たちは一応に「わー綺麗」と歓声を上げました。早速ウッドデッキに出て足を延ばしたり寝転んだりしながら束の間を楽しんでいました。
 今回の取材は放送部の作品作りだそうで、今回は双海町のまちづくりを取り上げるそうなのです。早速生徒がインタビュアーになって、用意したメモに沿って私に色々な質問を浴びせ、その模様を音と映像にしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 取材の途中で長男息子が孫4人を連れてやって来ました。息子は孫たちが取材の邪魔にならないようにと、ロケ風呂の風呂を沸かし風呂のサービスをし始めました。取材中遠くに孫の歓声を聞きながら少し気にかけつつ取材は12時までかかりました。周辺の様子を映像に収めている間にロケ風呂に行って見ると、まあ孫たちは素っ裸になって風呂の中でお湯をかけあいながら楽しく遊んでいました。何という光景でしょうか。思わず吹き出してしまいました。私にもお湯を掛けられましたが、夏のうっぷんを晴らすような出来事でした。
 孫は4人全員が男の子なので、アウトドアーが大好きで、虫を追ったりチャンバラごっこが大好きで、鳴いたり笑ったり大変ですが、これからも時折人間牧場へ連れて行って、大自然の中でおおらかに育てたいと思っています。

  「高校生 鋭い質問 携えて 人間牧場 取材に応ず」

  「よく見ると 孫たち四人 素っ裸 お湯を掛け合い 風呂を楽しむ」

  「四人とも 男の子ゆえ アウトドアー 虫を追いかけ チャンバラごっこ」

  「いつの間に 成長したか わが孫は 秋の訪れ 楽しむように」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。