shin-1さんの日記

○楽しい表情の大栄集落の案山子たち

 伊予市双海町から隣の町へ抜けるのには、国道378号を大洲市長浜へ向かう方法と伊予市中心部ヘ向かう方法、それに下灘から内子と大洲市柳沢、上灘から中山へ抜ける方法があります。交通量が圧倒的に多いのはやはり国道378号で、佐田岬半島の付け根である八幡浜市保内のごぜ峠の長い長いトンネルが出来てからは一気に交通量が増して、車の途切れることがないほどです。

一昨日の夜私は、旧広田村へ行くため自宅から翠小学校の前を通って中山へ抜ける道を選んで走りました。夕暮れ間近な大栄集落を走っていると、道沿いに何やら怪しげな人影が沢山見えました。車のウインドウ越しなのでよく分かりませんでしたがさらに走って急カーブに差し掛かるとその数は数え切れないほどでした。

若松進一ブログ

 家を出るのが孫の守で遅くなり、先を急ぐため時間は取れないものの気になって、車を止めて見るとどうやら案山子のようでした。「ああこれが噂の大栄の案山子か」と思いながら、大きなカーブの路側帯に車を止め、デジカメを取り出して写真を撮ろうと思いました。丁度犬を連れ散歩している顔見知りのおじさんに出くわしました。「おや、誰かと思えば若松さんじゃあないですか。お珍しい」と立ち話が始まりました。田舎のおじさんやおばさんは話す速度もゆったりとしていて、このままだと時間に遅れそうなので、「すみません。先を急いでいるものですから写真だけ撮らせて下さい」と言葉をさえぎり、何枚か写真に収めました。

 案山子は大小さまざまですが殆どが等身大のためリアルな表現でした。案山子は結婚式の若いカップルもあったり、バイキンマンやアンパンマンなど子どもに人気のキャラクターなども勢ぞろいしていて見てるだけで思わず「フッ」と噴出したり、中には誰かに表情が似ているものもありました。

若松進一ブログ

 この大栄集落も何年か前の古い資料なのですが、確か人口が90人余り、個数は34戸で高齢化率は50パーセントに迫る準限界集落なのです。つまり10年後には確実に限界集落になる運命をたどっているのです。そかしそうした暗い社会を払拭するため、案山子で町おこしをしている地域を見学に行って、案山子で町おこしをしようと有志が思い立ったようです。

 もし私だったらこの案山子村をどう料理するか妙案を考えました。この案山子それぞれに俳句か川柳を募集して小さな看板を立ててはいかがでしょう。例えば結婚式を表現した案山子であれば、今の世の中を痛烈に風刺して未知行く人の目と足を奪うのです。私流の笑売啖呵ならさしずめ、「持参金 ならぬ持参田 如何です? 地味婚なれど 俺ら幸せ」と書けば足を止めて読んでくれ、「なるほどなあ」と思ってくれるのです。


 私は田舎に住んでいます。確かに人の数も少ない地域なのですが、それでも裏を返せば水は美味し、空気も美味い、ましてや海の幸山の幸にも恵まれ、また人情もこの上なく温かいのです。今は金額こそ少ないものの年金もそれなりにいただくし、そしてたまに松山や東京などの都会にだって行けるのですから、これ以上の幸せはないのです。殆どの人が田舎はつまらないと嘆いて暮らしていますが、いくら嘆いても人は誰も助けてくれないのですから、日々の暮らしをこのようにもっと楽しめばいいと思うのです。

 高杉晋作が「おもしろき こともなきよを おもしろく すみなすものは こころなりけり」という辞世の句を残しています。まさにこの句のとおりで心がけ次第で楽しく生きれるのです。願わくばこれからも健康でみんなと楽しく、そして地域社会になにがしかのお返しをしながら生きて行きたいと思っています。


若松進一ブログ

  「もし案山子 住民登録 したならば この地は一変 過疎は解消」

  「川柳か 笑売啖呵 募集して 看板立てば 話題沸騰」

  「面白き こともないけど やり方で 田舎暮らしは 一変します」

  「田舎住み 贅沢三昧 暮らしてる 欲や不満は 捨ててください」 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。