shin-1さんの日記

投稿者: | 2010年2月14日

○人間牧場水平線の家の大掃除

 このところ冬というより春先のようなしとしと雨が頻繁に降り、人間牧場へ行く機会を逸していましたが、塾生浜田さんの誘いもあって昨日は前日からわが家へ泊まりに来ている孫を誘い、朝から田舎のオープンカーで人間牧場へ行きました。例によって浜田さんは予讃線海岸周りの松山発気動車で下灘駅へ10時前に到着しました。昨日は親父も久しぶりの上天気に誘われて、下灘の診療所へ自転車で診察に出かけたようで、途中閏住菜の花畑の近くにある妹の店「くじら」でばったり出会いました。親父は自分では余り食べないのですがいつもこの店で、たこ焼きや大判焼きを買って帰ってみんなに配ってくれるのです。昨日も例によって大判焼きを買い求め、人間牧場へ行く私に熱々の大判焼きを5個もくれました。今年92歳になろうとしているのにこうして元気に自転車で、我が家から7キロも離れている診療所へ診察に行くのですから驚きです。「危ないから止めた方がいい」と注意をしますが一向に聞く気配もないので、意の向くままにしているのです。

 矢野上さん宅で推薦の花代を支払ったり、三井さんのお墓参りをする浜田さんを、矢野上敬子さんと雑談しながら待ち人間牧場へ到着しました。昨日の人間牧場は風もなく、牧場梅林の梅の花も満開を迎えていました。期待しているミツバチは残念ながら飛び交う姿を見ることは出来ませんでしたが、メジロが沢山鳴きながら梅林を遊び場にして飛び交っていました。

 孫尚樹には少しの注意を言い聞かせて早速作業に取り掛かりました。この日の作業は水平線の家の掃除と床板にワックスを塗る作業です。浜田さんとはコンビを組みもう何度もこの作業をしているので、勝手知ったる作業と言わんばかりの手筈で、全ての道具類をウッドデッキに出してワックスを塗り始めました。孫尚樹がチョロチョロ足手まといなことをするのでしかったりなだめたりの作業です。

若松進一ブログ

 作業中今治市宮窪の村上利雄さんが同行二人とともに何のアポもなくやって来ました。村上さんとは社会教育時代からの親友ですが、今年の年賀状に「近々人間牧場を訪ねたい」旨のメモがあったので記憶はしていましたが、さすが行動派の人間だけはあります。村上さんも私と相前後して役所を定年退職したようで、その後はふるさとで地域づくりをやっているようです。

 ワックス掛けの作業を浜田さんに任せ、ロケ風呂やツリーハウスを案内しましたが、雄大な海の見える眺望や施設に痛く感激されたようで、再開を約束して帰って行きました。その間ワックス掛け作業は終わっていて、少しの間ワックスが乾くまで風を入れ、荷物を元に戻して昼が過ぎたので国道沿いのラーメン屋で昼食をとりました。孫尚樹のリクエストなので大喜びでした。

若松進一ブログ

(本村の菜の花畑にて)
若松進一ブログ
(閏住の菜の花畑にて)

 帰りにラーメン屋近くの本村菜の花畑と、くじら近くの閏住菜の花畑で写真を撮りました。春はまだ浅いというのにどちらの菜の花畑も既に黄色い絨毯を敷き詰めたような彩で、目と心を奪われました。元はといえば私がエプロン会議の人たちと始めた花いっぱい運動なので、今では地元の人たちが受け継いで熱心に世話をしてくれている姿には頭が下がる思いです。来月にはJRと地元が共催で菜の花ウォークや菜の花祭りが行われ大勢の人がやって来ることでしょう。

若松進一ブログ

  「海沿いに 一足早い 春が来て 何処か浮き浮き カメラに収む」

  「おじいちゃん この花きれい 何の花 これが菜の花 一休みたい」

  「冬名残り 掃除機使い 掃除する いよいよシーズン 来週友が」

  「幸せを 感じる黄色 愛でながら 昔騒動 思い出しつつ」