shin-1さんの日記

○だんだんつながろう会の楽しい研修会

 昨日は人間牧場へ往復2回出かけました。午前中は家族と、午後は西予市からだんだんつながろう会というグループが視察研修にやってきたからです。近いといっても自宅から片道10キロですから町内を40キロも走った計算になるのです。

 約一ケ月前、代表を務める藤本明美さんから以下のような楽しい一枚の案内状が手紙を添えて届きました。案内状の中に書いているように今年の4月19日(日)、宇和町中町集会所であった研修会にお話を頼まれ出かけていて、その時書いてもらった私の似顔絵入り、しかも落伍風景まで入れた力作の案内状だったので、少し力お入れた研修会となりました。

若松進一ブログ

 この日の研修会は食事つきというお話をうかがっていたので、地元のお寿司屋さんに一人2千円の折詰弁当を注文しました。12時30分に受け取る約束でしたので、10分前に行き弁当を軽4トラックの助手席に乗せさあ出発です。 

 ほぼ予定通り13時に下灘コミュニティーセンターで待ち合わせ、私の田舎のオープンカーが先導しながら山道を走り、人間牧場到着です。宇和町のような広い土地を有する盆地でもない、直ぐ海に落ちそうな急峻な山道に多分驚ろいているだろうと、後ろを気にしつつのゆっくり登坂です。4台の車は普通車と軽4なので牧場まで乗り入れ可能なのですが、安全第一を考え例によって広い市道に駐車して歩いてもらうことにしました。時折雨のぱらつくあいにくの天気でしたが、濡れるほど大ぶりすることもなく到着、私は皆さんのために早速ボイラーのスイッチを入れ、足湯を楽しんでいただくため風呂にお湯を張りました。これで一気に緊張がほぐれ和気あいあいとなりました。10人を超えているため一度に足湯を楽しむことができず、2回に分けての足湯となりました。


若松進一ブログ

若松進一ブログ

 

 3時ころからお弁当を開けお酒のない食事交流会となりました。お酒を飲まなくなった私にとっては何ともないのですが、はてさてお酒が欲しい人がいたかも知れないと後で後悔した次第です。本降りが近い雲行きでしたが、見下ろす海も穏やかで気心の知れた人ばかりなので私も久しぶりにのんびりさせてもらいました。やがて気がつけば4時過ぎとなり、急いで身支度や片づけを行い夕暮れの元来た別れを惜しみながら道を帰って行きました。

 見送りしてから牧場へ引き返し、風呂の暖簾を入れ、風呂を洗ってお湯を抜き、水平線の家とトイレを軽く掃除して戸締りし、家に帰ったころ雨は激しく降り始めました。前日の人間牧場での芋掘りや芋端会議といい、昨日のだんだんつながろう会といい、天気に味方してもらった週末でした。


若松進一ブログ

  「小噺を 聞いてみんなで 腹抱え 笑い転げて 今日も楽しく」

  「お料理と 話がご馳走 ダブルです 今日の連続 明日も願う」

  「その昔 心の時代 聞きました 唐突言われ ラジオを思う」

  「夢叶い 人間牧場 出来上がり 夢のすそ分け 昨日も今日も」

 




体も気分もポカポカしたところで私の話を聞いてもらいました。前回お話をしているので今回は落伍の小噺を中心に話しましたが、みんな腹を抱えて笑ってくれました。この日は松前町の橋本さんも飛び入り参加して松茸を焼いたり歌まで披露して脇役を努めてくれました。

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。