shin-1さんの日記

○観光立国教育セミナー

 これまでの学校教育で観光についての授業など聞いたことも見たこともない私に、先日観光立国教育セミナーで講話をして欲しいというお誘いがあり、昨日その集会に出かけて行きました。観光カリスマという称号をいただいている人たちの末席を汚すものとして、観光振興や普及はその仕事の領域なのですが、はてさてどんな話をすればいいのか戸惑いました。観光の話は領域も広くて深く専門的な話をすれば切りがないのです、でも学校の先生たちに観光についての基礎教育を論じるよりも、小さな双海町という町が夕日をテーマにして観光に取り組んだ20年を話した方がいいと思い、思いつくままに50分間お話をさせてもらいました。

若松進一ブログ
(TOSSの主催によるセミナーのチラシ)

 私の講和に先立って、先生たちが各自治体のテキストを活用した模擬授業を短くコンパクトにおさめて模擬授業されました。いやあ驚きです。電子黒板というのも初めて見ましたが、中々面白い授業でした。また最先端の技術を駆使した観光立国授業は、グーグルアースを使って目の覚めるような取り組みを目の当たりにしました。

 平成の大合併によって70市町村が20市町になりました。これまでの観光に対する取り組みは、松山や大洲、それに内子のように観光資源の多い街で先進的に行われてきましたが、それ以外の市町では未だ観光に対する取り組みさえやっていないに等しい地域もありバラバラなので、行政のトップに聞かせてあげたいような話でした。

 日本が観光に目覚めたのは小泉首相が観光立国を提唱してからでした。日本人が観光で外国へ行くことは当り前の時代になってきました。しかし京都や東京などの観光地を除けば地方都市へ外国から外国人が観光にやって来ることは少ないのです。そのアンバランスを調整してもっと日本のよさを外国人にも知ってもらい、経済的に潤おうと考えたのが観光立国構想の狙いなのです。

若松進一ブログ

 観光について子どもたちに教えることは、取りも直さず自分の住んでいるところのよさを見つけ、自分のふるさとに誇りを持たせることです。これまでの教育は向都離村の養育が主流でした。親も自分の町を「つまらない町だから勉強して都会へ出て働いて出世せよ」と卑下し、叱咤激励してきたのです。結果的に働く場所も限られていたこともあって、みんなが都会を目指した揚句過疎になって、学校が廃校になり、限界集落が沢山できて暗い影を落としているのです。

 私の町もそんな運命をたどっていますが、少しだけ違うのは少しだけ観光に取り組んだ結果、夕日のメッカと言われるシーサイド公園だけでも年間55万人ものの観光客がやってきているのです。観光はまちづくりです。自分たちの町の地域資源を見つけ、それをテーマに物語を作って輝かせる営みなのです。海岸jを清掃することも、国道沿いに美しい四季の花を咲かせることも、ある意味観光地づくりだと思うのです。

 そのことに気づき、団体から個人へ、見せる観光から体験する観光へと変化しつつある観光の動向をよく見極め、観光を経済に結び付けて活性化するような町づくりをして欲しいものです。そしてそのことも併せて子どもたちに教えて欲しいと願っています。


  「観光を 学校授業で 教えると 聞いて嬉しく 講話出かける」

  「凄いなあ 電子黒板 グーグルと パソコン駆使し 進化の授業」

  「観光は 取りも直さず まちづくり わが住む町に 誇りを持って」

  「私でも 出来たのだから 観光地 その気になれば 誰でもできる」


 追伸

 TOSS愛媛の事務局をしているS先生から今日メールで昨日の写真が送られてきました。TOSS愛媛は休日を利用して観光立国教育に関する自主的勉強会を行っているグループです。昨日いただいた沢山の資料も非常に参考になるものが多くありました。あなたも一度覗いてみてはいかがでしょう。ちなみに私の親友であるえひめ地域政策研究センターの松本研究員も当日参加していて驚きました。

若松進一ブログ
(S先生から送られてきた講話する私の画像です)

  


  

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

5 Comments

  1. 渡部博子
    Posted 2009年10月25日 at 8:42 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 若松さんのお話の中に、観光とは一体どういうものなのか、たくさんの重要なキーワードがありました。楽しく学びの詰まったお話をありがとうございました。 自分の町を語り、誇りに思うことができる子どもたちを育てていきます。
  2. 関家 千恵
    Posted 2009年10月25日 at 4:05 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS:  TOSS愛媛事務局の関家千恵と申します。  もっと聞きたい もっと知りたいという参加者の声があります。  観光立国教育は まちづくり活動へ  「楽しい」「新しい」「美しい」  物語をつくれるように  教師という立場で 取り組みを広めていきたいです。  追記:  今、美容室に行って参りました。そこで 知り合いから 故森昇氏の絵を 課長時代に買っていただいたと聞きました。森昇氏は 私の中学時代の恩師です。とてもかわいがっていただきました。近いうちに絵に会いに行きます。先生の絵がある場所を リストアップしようと計画しています。 その節はぜひ許可をお願いに参ります。よろしくお願いいたします。  
  3. 伊藤篤志
    Posted 2009年10月25日 at 1:57 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 第1回愛媛県観光立国教育セミナーでの御講話、ありがとうございます。 「ピンチはチャンス」 成功学と言いましょうか、成功された方に共通することは多いのですね。 月末には、大三島で「しまなみ農村体験学習」を行います。
  4. 信藤明秀
    Posted 2009年10月25日 at 1:09 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 昨日は,第1回愛媛県観光立国教育セミナーでは, たいへんお世話になりました。 Google Earthの模擬授業をさせていただきました信藤です。 まさにあっという間の50分間。 どんな逆風も,知的に笑い飛ばして前進される お姿に,たくさん学ぶことがありました。 若松さんの本を,再度読み直します。 今後も,どうぞよろしくお願いいたします
  5. 鶴田博史
    Posted 2009年10月25日 at 12:41 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 昨日の観光立国セミナー 大変お世話になりました。 50分があっという間に過ぎました。 (後の茶話会で、みんなとその話題になりました) あっという間の時間の中に密度の濃い話が凝縮されていて、 もっともっと聞きたかったです。 是非、人間牧場にも参加させてください。