shin-1さんの日記

○穏やかな秋祭りの一日

 昨日は私の町の地方祭、つまり秋祭りでした。祭りといっても神輿と獅子舞が出る程度で、太鼓台の新居浜やだんじりの西条のような山車が出る訳でもなく、取り立てて特徴のない普通の落ち着いたお祭りなのです。それでも昨日から町内のあちこちでは保育園の花神輿や子ども神輿が繰り出して、若いお母さんたちが可愛い息子や娘の晴れ姿をカメラに収めようと一緒について歩く姿が見えました。

 大人神輿は地区ごとに区長さんの世話でお旅所という場所が設定されていて、四方笹をしめ飾りで囲った聖域にお神酒や五穀、それに祝儀を供えて神輿が来るのを待つのです。神輿には酒がつきもので、酒に酔ったかき夫が悪ふざけをしたり、一緒に歩く厄年男性が扮している大番が面白おかしくするものですから、運行時間が大幅に遅れたりして神輿を待つ人をやきもきさせるのです。

 子ども神輿は少子化の影響で子どもの数が揃わない地区では最近女の子も入れて運行しています。昔は神輿や亥の子などにはけがらわしいなどと、根も葉もない理由をつけて女性を拒み続けてきましたが、少子化は思わぬ女性への解放につながったのですから面白いものです。

 子ども神輿は家々を回ります。神主や大番がいないので、運行はその地域の世話人がついて歩きます。私も2年前までこの地域の区長をしていたので、一緒に二日間歩きましたが、これも結構きつい仕事なのです。子ども神輿には年長さんが大将と会計と先約が決められています。大将と会計が一番偉く、先約が前もって家の軒先を回って神輿を家に入れさせてもらうようお願いして回るのです。了解が得られれば玄関先に着くと大きな声でワッショイワッショイと大きな声で掛け声をかけて家の玄関先へ神輿を入れるのです。玄関先で家族が出て神輿にお祈りし柏手を打てば終了で、祝儀袋に入ったご祝儀を会計がいただき、大きな声で「ありがとうございました」とお礼を言って次の家に向かうのです。世話役のご指導がいいので人数が少なく多少元気は欠けますが、みんな早朝から歩いて疲れているのでしょうが疲れも見せず神輿を運行するのです。

 子どもたちの一番の楽しみは神輿守が終われば集会所に集まって大人が見守る中、祝儀開きが始まります。一軒当たり五百円から二千円程度の祝儀でも沢山の家を回るため二日間で十万円を超える金額が集まります。大将から順番に分配金額を決めて行きますが、その金額への期待感が子どもたちの心を微妙に揺さぶるのです。最近は少しですがやがて神輿を新調するための費用積み立ても行っていて、子ども社会の形成に一役買っているのです。

 昔はお祭りといえば一年に一度のハレの日で、前の日から沢山のご馳走を作り、親類縁者が大勢押し掛けて来て夜遅くまで酒盛りをしていました。また神社の境内には出店も沢山出て活気がありました。漁師をしていたわが家でもそうわ台という黒漆器塗りの台の上に錦絵のお皿を置き鯛の活造りや皿鉢料理が座敷の襖を外した宴会場に所狭しと並べられていましたが、日常生活との落差が大きかっただけに、とてつもないハレの一日として脳裏に焼き付いているのです。

 今は祭りも町内統一の日となって交流も殆どなく、祭りといって特別なおご馳走を作るでもないので、まあ骨休めの一日のような穏やかなものなのです。でも祭りが来るとどこか心がときめくのはやはり日本人ならではのDNAなのかも知れません。

 かくして絶好の祭り日和に恵まれた今年の秋祭りも無事終わり、瀬戸内に面したわが町にも遅い秋がやってきて、一気に寒さが増し、伊予灘の海もざわめき始めるのです。


  「ふるさとの 幟はためく 秋祭り 遠く近くで ワッショイ掛け声」

  「獅子舞の 太鼓の音を 聞きながら 親父と二人 みかん取り入れ」

  「近頃は 女交じって 神輿守 少子化ゆえに 止むにやまれず」

  「ご馳走を 作るでもなし 秋祭り 懐かしみつつ 妻と二人で」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

2 Comments

  1. Posted 2009年10月24日 at 8:54 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: Tokuさん おっしゃる通り、最近は子どもらしい純情な子どもが少なくなりました。 少子化で子どもを甘やかせて育てているせいかも知れません。 いい子を育てるにはいい親を育てなければなりません。はてさていい親は誰が育てるのでしょうか。  人間牧場主 若松進一
  2. Toku
    Posted 2009年10月24日 at 9:10 AM | Permalink
    SECRET: 0 PASS:  お久しぶりです。  私が住んでいる大洲のお祭りも、もうすぐです。  地域で獅子舞の指導をしていますが、塾・スポーツ少年団・部活などで、子ども達が思うように練習に集まらないので、「うーん。」といった状況です。  中学生・高校生になると、練習はサボって当日だけ参加し、楽してこずかい稼ぎをしようとする子どもも出てきます。  異年齢の交流で、上の子が下の子の面倒をみる、指導をするといったシステムを作りたいんですけど、なかなかです。  伝統芸能は、そこにしかないもので(獅子舞とひとことで言っても、地域によって多少の違いが見られますし。)、郷土愛を育むためには一番だと思っていますが、親の理解も得られないことが多いです。  私が子どもの頃には、地域行事には参加するように躾けられ、そんなことはなかったと思うんですけど、時代の流れでしょうか・・・。