shin-1さんの日記

投稿者: | 2009年10月22日

○いっぷく亭の昔の美女連が人間牧場へ

 「私は虫が大嫌いなので虫のいなくなるころにお邪魔したい」とわがままなことを言っていた谷岡さんに連れられて、今日はいっぷく亭の皆さんが人間牧場へやってきました。「虫が嫌い」と言われても自然豊かな人間牧場の虫たちに「虫が嫌いな人が来るので出ないように」ともいえず、ただただ祈るばかりで迎えました。

 今日は多少ガスが入って遠望は効かなかったものの穏やかで風もなく、暑からず寒からずといったまずまずの天気に恵まれました。9時30分、下灘コミュニティセンター前で待ち合わせをし、自称田舎のオープンカーである私の軽四トラックの先導で、2台の車は山道を登って行きました。車の中では賑やかなおばちゃんたちの会話が聞こえそうな雰囲気が、バックミラーに写っていましたが、多分「えっ、こんな田舎なの?」「果たして私たち美女連を何処へ連れて行くのかしら?」なんて悪口を言っているように見えました。

 
若松進一ブログ

 人間牧場入り口の山道からは小型バスが入らないため歩いて貰いました。伊予市商業協同組合の徳本理事長さんが「人間牧場は山の中をかなり歩かなければならない」「茅や刺で怪我するかもしれない」と参加者を脅していたので、みんな恐る恐る下ってきましたが、脅しほどではなかったとみんな安心して到着しました。

 私は早速風呂にお湯を張り足湯の準備をしました。何せ上品なお町の奥さん族ですから、丁寧に扱わないと請われてしまうかもしれないと相当気を使ったつもりです。最初は半信半疑だったロケーション風呂の足湯も予想以上に長い時間楽しんでいただき、少なからず満足していただいたようでホッとひと安心しました。

 その後徳本理事長さんから「お話をしてあげてください」と頼まれていたので、1時間ばかり私がお話をして、持参した弁当を食べながら楽しい楽しいおしゃべりをしました。空には秋らしいうろこ雲が浮かび、みんな思い思いにウッドデッキの上に寝転んだりしながらひと時をのんびり過ごしました。

 毎日来るか来ないか分らないお客を待ちながら商売を続けている商店街の奥さん連中にとって、日々の生活はストレスも多いものと思われます。ましてや商店街も昔のような勢いもなく不安が多いのではないかと推察しますが、それでもみんな「今日は久しぶりにリラックスした」と喜んで1時に迎えの車に乗り込んで帰って行きました。私はその後視察を受け入れていたので、車まで歩いて見送り、再び人間牧場へ帰って次のお客さんを待ちました。

 今日は嬉しいことに落伍のネタ本である「夕日徒然草」が15冊も売れました。売り上げの半分は人間牧場の運営資金に、また半分は来年に予定されている「夕日徒然草・火の書」の出版資金として大切に使わせていただきます。今日は私のへたくそなハーモニカに合わせて鼻歌交じりに歌ってくれる人もいて気分は最高でした。季節が変われば気持ちも変わります。時間は冬か、それとも夏か春かにまた来てほしいと願っています。今度は思いきり藪蚊を集めておきますので覚悟して来てください。


  「楽しいね 気心知れた 仲間たち 気がねもなしに 笑い転げる」

  「そう言えば この人たちも 伊予市民 私と同じ 街に住んでる」

  「なんぼまで 生きるの聞かれ 死ぬまでと 答えて笑う それでいいのだ」

  「若くない でもお化粧は 若造り しわ(4×8=)がなければ 三十二歳」  

shin-1さんの日記」への2件のフィードバック

  1. shin-1

    SECRET: 0
    PASS:
    kazuさん
    体調が悪いのにお世話ご苦労様でした。
    皆さん楽しそうで何よりでした。徳本さんからもお礼の電話ががりました。
    また季節を変えて遊びに来てください。
    皆さんによろしくお伝えください。
      人間牧場主 若松進一

  2. kazu

    SECRET: 0
    PASS:
    想像していた以上に 素晴らしい所でした
    虫もいなくて 青い空青い海最高でしたよ
    みんなリラックスして 楽しんでいたようです
    みなさん しゃべり足らず 駅前の喫茶店へ寄り道しおしゃべりしました。
    私は解散した後病院へいき
    点滴してもらった おかげで セキも大分収まりました。ヤレヤレです

コメントは停止中です。