shin-1さんの日記

○この歳になって合唱隊とは

 「年輪塾朝フル合唱隊」というまだ産声を上げていない集団に参加しょうとしている人たちの生の声が、私のメールにどんどん入って、ネット上が騒がしくなっています。音楽が苦手な私としては参加したくても楽譜も読めず、ましてや美声の持ち主でもないため未だに躊躇しています。しかし私の独学で始めたまやかしのハーモニカを聞いた人たちは、私のハーモニカの技術を過信し、勝手に私を伴奏者に仕立て上げて、どんどんスケジュールを進めているのです。何とか断る理由をと思っていた矢先、今度は年輪塾塾頭の清水さんから楽譜とCDが届き、更には私の携帯へ「近々若松さんの家で音合わせをしたい」旨のメールが入り、とんでもない方向へ進んでいることを実感しながらビクビク日々を暮らしているのです。

 北海道行きと埼玉行きという私にとっては大事な仕事も一応一段落し、少し余裕ができたので台風一過のこともあって、今朝初めて清水さんから送られてきたCDをまじまじと聞きました。一昨日浜田さんが夕方やって来て、CDは聞きましたが一人で聞いたのは初めてなのです。

若松進一ブログ

 音楽に無頓着な私は清水さんが推奨する笠木透さんというアーティストも知りませんでした。今回の課題曲になっている「私の子供たちへ」という曲を聞くのも見るのも初めてなので、どちらかというと童謡や歌謡曲、それにフォークソングの一部しか知らない私には心地よい響きの曲ではあるのですが、さっぱり歌えないのです。これでは足手まといになるだろうからお断りをしようと思っている矢先の先ほど、清水さんから電話が入り、「10月19日の夜6時30分からわが家の煙会所で練習をする」ことで押し切られてしまいました。

 「さあどうする若松進一」、いやあ困りました。早速CDをパソコンで呼び出し、とりあえず歌ってみました。てんでだめです。そこで木になるカバンからハーモニカを取り出し、AとAm二本のハーモニカからAを選んで吹いてみました。中々上手く吹けません。困った困った藤田まこと、しまったしまった島倉千代子です。

若松進一ブログ

 私がハーモニカを吹いていると、玄関でチャイムが聞こえました。近所のおじさんが栗を持ってきてくれたのです。私のハーモニカを聞いたのか「優雅ですなあ」と皮肉交じりに言葉を残し帰って行きました。心を入れ替えてハーモニカを吹いていると、今度は親父が書斎の窓越しにその音を聞きつけ、何処かへ行ったと思っているわが息子が何とハーモニカを吹いているのですから驚いて、なにごとかと部屋の中を見つめていましたが、そのうち立ち去りました。

 まあこんなドタバタな朝を迎えていますが、それでも楽譜も読めないのに楽譜を見ながらCDを聴いていると、まあ音だけは出るようになりました

若松進一ブログ

(10月1日のお月さま)


 私は得意ではありませんが、自分のハーモニカのレパートリーの中から「月の沙漠」をAmのハーモニカを選んで吹きました。これはもうピカイチでいい音色が書斎いっぱいに広がり何とも爽やかな気持ちになりました。

 19日まではまだ時間がるので少しだけでも毎日吹いて練習しようと思っています。それでもだめなら19日に合唱隊の演奏から外れようと決意した朝でした。

  「いつの間に 私もメンバー 合唱隊 自信もなくて 一喜一憂」

  「優雅だな 近所おじさん いきなりに 音色を聴いて 呆れて帰る」

  「何してる 窓の外から 親父さん 耳が遠いと いいつつ聞こえ」

  「この歳に なって大恥 かくかもと 覚悟を決めて ハーモニカ吹く」  

 

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。