shin-1さんの日記

○わが家の貯金箱

 わが家にやって来る孫3人にはそれぞれ、動物をあしらった貯金箱が置いてあります。それぞれの貯金箱には名前を書いているので、わが家へ来ると孫たちはその貯金箱を私のところへ持ってきて中にお金を入れてくれるようせがむのです。さすがに1年生になった孫朋樹はお金の値打を知っていて、50円玉や100円玉以上を入れてくれるよう求めますが、2歳の尚樹と奏心はたとえ一円玉でもその数が多い方が納得するのです。

 私の家でも一円玉はあちらこちらに転がっていて、特に風呂場に通じる脱衣場は洗濯の度にズボンのポケットを洗濯役の妻が点検して洗濯機へ入れるので、一円玉や10円玉が無造作に置いているのです。

若松進一ブログ
(孫たちの貯金箱)

 先日わが家へ孫が泊りに来た時風呂から出た時、孫尚樹が目敏くその一円玉を見つけ、風呂からあがるやいなやその一円玉を欲しいと私に頼み、テレビの横に置いている自分のスティッチキャラクター貯金箱へ持って行って入れてしまいました。それを見ていた朋樹は「おじいちゃん、僕の貯金箱へも入れて」と頼みに来ました。私は自分の財布から100円と10円を取り出して渡し、朋樹もイノシシキャラクターの貯金箱に入れてましたが、尚樹もまた欲しいと頼むので一円玉を5つ入れてやり、あいにくわが家に来ていない希心の分も平等に入れてやりました。二人は大喜びでその貯金箱を枕元に置いてその夜は深い眠りにつきました。今頃二人はどんな夢を見ているのだろうと寝顔を見ながら私も床についたのです。

若松進一ブログ

(私の貯金箱)

 私にもわが家にも同じように貯金箱が用意しています。私の貯金箱はちょっとでか目で、郵便ポストの恰好をしています。これは郵便局長に懇願していただいたものなのですが、退職してから4年半、一度も開けたことのない貯金箱です。思いついた時に思いついた小銭を入れるだけで無目的なのですが、私はこのお金でデジカメを買おうと密かに思っています。子どもたちが私の誕生日にパナソニックのデジカメをプレゼントしてくれ、今はそれを使っていますがそろそろ替え時だと思っているのです。

 貯金箱ってこんな使い方をすればささやかな楽しみも増えるのですから、それぞれ貯金箱を持っている孫たちにも、金銭教育などと仰々しいことではありませんが、おじいちゃんの知恵袋として教えてやりたいと思っているのです。

若松進一ブログ
(わが家の貯金箱)

 さて、わが家の貯金箱は退職して直ぐに私の発案で始めました。35年間役場に勤め給料は安くても夏と冬のボーナスをいただきました。退職したらそのボーナスがなくなるのです。そこで夏冬と年二回とまではいかなくても、せめて年末にはボーナスが欲しいという話しになりました。妻と相談して折に触れわが家の貯金箱に小銭を入れ、年末のクリスマス頃に開けるのです。そしてそのお金で正月準備をするのです。既に3回このことをやりましたが、妻はその度大喜びで、今年も後2カ月もすればわが家にも貯金箱ボーナスが貰えるのです。

 退職後の年金暮らしは侘しいと多くの人から聞きます。確かに収入の道が閉ざされ年金に頼ると将来への不安もありますが、こうして自分流の少しケチ、少し節約、少し貯金箱だけでも随分メリハリの効いた暮らしができるのです。人生はなるようにしかなりませんが、なりたい夢を持つと結構楽しいもの、それもこれも自分次第なのです。お金は10万円儲けても11万円使うと1万円の赤字、10万円儲けても9万円使うと1万円の黒字です。こんな単純な経済を私たちはもう一度考え直して生きて行かなければなりません。その出発は孫が教えてくれた一円の貯金箱なのです。


  「小さくも されど一円 貯めこむと ささやかなれど 夢が実現」

  「無造作に 脱衣場ある 一円を 貯金箱入れ さすがわが孫」

  「一円で 喜ぶ孫と 百円を 欲しがる孫は 程度が違う」

  「幼くも 金銭教育 できるもの 孫たちキャーキャー 貯金箱振る」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。