shin-1さんの日記

○久しぶりに孫たちとドライブ

 9月中旬から北海道や昨日までの埼玉県へと県外出張が続き、またフィールドワークの授業でわが家へ学生が沢山やってきたため、またかまど小屋の建築など忙しくも充実した日々を過ごしてきたので、久しぶりに気分一新をと考え、週末やってきていた孫たちを誘い宇和島へ行きました。というのも昨日は愛媛県栄養士会宇和島支部の研修会が宇和島市保健センターであって、その講演を頼まれていたからです。

 この一ヶ月私の留守がちと学生始め来客が多くあって孫たちも殆ど顔を見せていなかったため、新しい車を手に入れたこともあって罪滅ぼしのつもりでのドライブとなったのです。

 私が宇和島市祝森にある保健センターで午後1時近くまで講演している間、孫や娘たちは近くの旧内海村の自然公園へ遊びに出かけ、公園が終わるころ迎えに来てもらい合流する算段でした。昨日は日中絶好の日和で車中は汗をかくほどの温かさでしたが、戸外はとても気持ちのいい秋風が爽やかに頬を撫でてくれました。

 支部長さんの話によると、私はすっかり忘れていましたが支部の研修会でお話しするのは2度目だそうで、現職の頃無人島に挑む少年の集いなどの話をしたそうで、はっきりと覚えておられました。今回の話は「心豊かに生きる」と題したライフプランの話でした。参加者は若い栄養士の女性たちが殆どでしたが熱心に聞いていただきました。市役所の和田さんの紹介によるのでしょうが偶然にも愛大農学部の小田先生講演が私の前にあって、控え室で再開しました。

 遅い昼食をとるため私の母校である水産高校のすぐ前の東洋軒というお店へ入りました。入るなり中年の店員さんが「あなたはテレビで時々お見受けする双海町の若松さんですよね」と、唐突に話しかけてきました。いやあ驚きました。田舎のくたびれた親父を自認している私を覚えてくれていたのです。連れもいて詳しい話はしませんでしたが、声をかけていただくなんて有り難いことです。

 早速お寿司などを注文し久しぶりに美味しいご馳走を孫たちと一緒に食べました。小学校1年の孫朋樹と2歳になった孫尚樹もすっかり大きくなって随分会話が交わせるようになりました。

若松進一ブログ

 帰りに八幡浜経由で伊方町にある亀が池温泉に立ち寄りました。私は小学校1年の朋樹と一緒に入りましたが、サウナや塩サウナなどを楽しんだ後夕闇せまる夕やけこやけラインを沈み行く夕日を見ながら走りました。長浜出海の特産品センターの前に車を止めて夕日の写真を撮っていると、「あなたは双海の若松さんでしょう」とまたまた特産品センターの方に声をかけていただきました。「景気や売り上げの方はいかがですか」「いやあ中々厳しくて」とこれまた立ち話で色々なことをお話ししました。

 「お父さんも顔が広いのね。おちおち歩けやしないね」と妻にからかわれましたが、世の中狭いものだと感じながら、久しぶりの南予路へのドライブでした。


  「若松さん? はいそうですと 返事する あちらこちらに この顔売れて」

  「賑やかな 孫の笑いを 積み走る ドライブ楽し 日ごろを忘れ」

  「じいちゃんと ばあちゃん二人 マゴマゴと 孫と一緒に お手てつないで」

  「この孫が 大きくなるまで 頑張らにゃ 妻とヒソヒソ 決意を語る」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。

2 Comments

  1. Posted 2009年10月5日 at 9:04 PM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: >kazuさん
  2. Posted 2009年10月5日 at 11:36 AM | Permalink
    SECRET: 0 PASS: 今年のお誕生日は 十五夜の日だったのですね 画像を 送れないので 私のブログにご招待します(笑) お暇な時 覗いてくださいね~