shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年12月26日

○ビデオテープがCDに

 私の書斎の書棚からいつの間にか本が消え、ビデオテープが消えました。本は人間牧場「水平線の家」のどでかい作り付けの書棚にインテリアとして移動し、来訪者の目と心を奪っていますが、さてビデオテープは何処へ行ったのか?と思って思い出してみると、ダンボール箱に入れられ煙会所の倉庫に眠っているのです。役場を退職する際に身の回りを片付けた折からですから2年9ヶ月も前のことなのですが、もう10年も前の出来事のような気がしています。それは私の人生がアナログからデジタルへ変化した証でもあるのです。

 妻が言うように、私は20年間のまちづくりとの出会いの中でテレビやラジオ、それに新聞や雑誌にこれでもかというほど取り上げられてきました。昨晩妻と話しをしていて、「もしも私が今日亡くなっても、通夜の晩に24時間連続で見ても見飽きないだけの物は残っている」と話したら、「縁起でもない話をしないで」と怒られましたが、そのくらいあるのです。一度ゆっくり暇を見て整理をしたいと退職時には思ったものの、その後の日々が余りにも忙し過ぎて、まだそんな余裕はないのです。

 最近私の書棚の一角に少しずつ領域を広げて存在感を誇示しようとしているのがデジタル部門です。ブログをプリントアウトして毎月一冊にまとめた綴りももう27冊になりましたし、CDやフロッピー、インク、印画紙、用紙、パソコン用品なども沢山増えて、今は整理がつかないほどになっています。これが私のデジタル進化なのだと、納得しながら眺めています。

 先日えひめ政策研究センターの清水研究員から3枚のDVDが送られてきました。2枚は11月にデビューした落伍家「夕日亭大根心」の出囃子です。DVDは2枚セットなっていて出囃子と入囃子です。私にはできない芸当で、DVDの表面には私が人間牧場水平線の家で落伍をやっている写真を焼き付けているのです。

 もう1枚はその折ビデオカメラで撮影したものをダビングしている音声付なのです。まだ人には見せていませんが、妻だけには見せました。3つのネタを約40分で喋っている当日の模様をノーカットで収録していますが、当の本人は恥かしくて全てを見ていないのです。清水さんにはこれまでも、昨年開いた「地域の自立を考えるシンポ」の際のプロモーションビデオも作ってもらっていて、これらをひっくるめると、若松進一ワールド?へ迷い込むような代物なのです。

 先日これら一連の清水さんの口添えに乗った商品?は来年への発展の糸口として、期待が膨らんでいます。もう一つ正月休みにやりたいことがあります。勿論ブログも一日三枚のハガキも辞めるわけには行かないのでそれらをこなしながらの作業になるのですが、ワープロ時代に一日365日一枚のハガキ文が印刷もされずにフロッピーに残っているのです。それを印画紙に印字して、原稿に仕上げたいと思っています。このまま死んだら心残りで天国にも地獄にも行けないので何としても仕上げておきたいのです。そして金が出来たらそれを一冊の本に仕上げたいものだと思っています。

 妻は「もうそろそろ本当の意味でのリタイアをして欲しいし自由人になって欲しい」と言うのですが、セミリタイア、セミ自由人としてもう少し遊び心で生きたいと思っています。

  「いつの間に 俺の書棚が デジタルに このまま行くと アナログ無くす」

  「来年の 種は蒔いたよ 色々な 芽と葉が出るかも 少し期待を」

  「あの人が 私と同じ 歳だとは そんなに見えるか 俺の姿は」

  「まだ死ねぬ やりたいことが あり過ぎて 今日もパソコン 前に座りて」