shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年12月26日

○二人だけでないクリスマス

 最近は日本もすっかり洋風になって、11月初めから昨日までの約2ヶ月間、特に12月は巷にクリスマス気分が溢れ、夜ともなるとイルミネーションで飾られた家々が目立つようになりました。私が深く関わって造ったふたみシーサイド公園にクリスマスのイルミネーションを飾った頃は、田舎の双海町ではまだそんな電飾が珍しく、あちこちから見学者が訪れ話題になったものでした。しかも「サンタが空からやって来る」というイベントは、パラグライダーに乗ったサンタクロースが空から降りてくるという奇抜なアイディアが受けて、今もかなりの集客を誇るイベントとしてすっかり定着しています。

 一昨日友人の玉ちゃんからメールでクリスマスカード届きました。日本語と英語が混じったメールでしたので、迷惑メールの一種ではないかと勘違いして、あわやゴミ箱へ行くところでした。玉ちゃんといえば東大卒業のお兄ちゃんで、私の友人の中では兼頭さん、えひめ地域政策研究センターの丹羽さんと三人が最も学歴の高い人で、言うこと、なすこと?全てにおいて凡人の私とは少し違っているようで、そこに魅力を感じて付き合っています。でも私も双海町に二つある東大ならぬ漁港の灯台?を二つ(豊田漁港・上灘漁港)も出たり入ったりしているのですから、ヒフティーヒフティーです。(笑)

 昨晩は妻の仕事が遅い日なので、午後7時半頃になって帰って来ました。そこへ次男から電話が入り、「夕飯でも一緒にどうか」と誘いを受けました。自動炊飯器のセットを忘れていたこともあって、早速誘いに乗り伊予市街で落ち合う約束をして出かけました。忘れていたのですが昨日はクリスマスだったのです。

 寿司が食べたいという相談になって安上がりな回転寿司へ出かけました。8時を回っていたのでお客の数はまばらで、回る寿司も殆どなく少しガッカリしましたが、それでも目当てのネタを注文し、満腹になるほど食べました。私は赤だしと8皿を平らげましたが、妻も次男もその程度で食事を終えました。「今日は僕がおごるから何でも食べて」といった割には安上がりで、次男はにこやかに支払いし闇の中へ消えて行きました。

 「さて小腹も太ったしどうする」と夫婦顔を見合わせましたが、「お父さん、たまには喫茶にでも寄らない」という妻の提案にしぶしぶ乗って、西洋料理の店へ立ち寄りました。ここはイタリア料理の美味しい店だそうで、妻は友人と何度か利用したことがあるそうですし、私も待ち合わせや座談のために2、3度立ち寄ったことがあるお洒落な店なのです。中は満員で若いカップルや夫婦がシックな雰囲気の中で、食事をしたり雑談をしていました。

 私がコーヒーを飲まないため、夫婦で喫茶店へ入ることは殆どなく、たまに行っても長男の嫁の実家が喫茶店を経営しているため、立ち寄る程度なのです。「お父さんと二人で喫茶店に来るなんて何初めてじゃあないの」と、日頃の不満ともこの日のお礼ともいえぬ言葉を聞きながら、クリスマスにこうして夫婦が過ごすことの意味をかみ締めていました。

 私達夫婦は大家族の中で暮らしてきましたし、まちづくりの世界も集団が普通で、夫婦だけでの行動は殆どありませんでした。故に余計クリスマスを二人で過ごすハプニング?が新鮮に思えたのかもしれません。妻は帰り際「お父さん、また来ようね」と、腕を組まれてしまいました。「ばか、恥かしいが」と組んだ腕を解き払い車に乗り込みました。私のような年代は手を組むことなど顔が赤くなるほど恥かしいのです。63年間生きてきて、結婚して38年間過ぎても、二人だけのささやかなクリスマスがなかったことを少し後悔しました。これまでは家庭においては子ども達中心、まちづくりという仕事においても人様中心でクリスマスを考えた尺度をもう少し見直したいものだとガラにもなく思ったりしました。

  「気がつけば 63年 生きてきて 二人で過ごす 初クリスマス」

  「来年も 元気で二人 クリスマス 心入れ替え 手などつないで」

  「夕食を おごってくれた 優しい子 妻が育てた 勲章やりたい」

  「クリスマス カード横文字 迷惑な メール間違え おっとゴミ箱」