shin-1さんの日記

○雪の降る夜は楽し飲み会・横手は楽しい②

 南国四国でこれほど雪が降ると交通は麻痺し、仕事も集会も速く切り上げて寝るのが普通ですが、やはり雪国の人たちは熱く、集会が終り食談会になると飲むほどに酔うほどにみんな元気になってきます。この光景はまるで四国高知県人のようなしたたかさです。私も舩木さんも酒は飲めませんが話しを飲み込む術を心得ていて、この日は降り積もる雪に足をとられながら、結局は3次会まで付き合って最後には自慢の焼きソバまで食べさされてしまいました。お陰で腹が張り、体内はウーロン茶でダブダブ、眠れない一夜を過ごす結果となりましたが、それは多分人の心の温かさや、この町を何とかしたいという人々の想いだったと思うのです。

 この日の夜、2次会に繰り出した店は発酵食品でもてなす小粋な「蔵ら」という日本料理の居酒屋でした。雪国らしい造りの店で、観光物産課の職員がこの店を選んだのは、発酵食品でまちづくりが出来ないか考えたいるからだとピンときました。燻りがっこやハタハタの麹漬け、カブ菜の麹漬け、お味噌、勿論納豆も日本酒も発酵食品ですから、一事が万事発酵にこだわっているのです。ヨーグルトなどを含めて発酵食品が人間の健康に良いことは既に言われており、市長さんがこれらの食品を日本的な横手の食文化だと着目している話はよく分るのです。北国の風土が育むこれらの食文化はまさに日本人が忘れてきた物で、このままだと洋風化の勢力い押され、なくなる危険性さえあるのです。華やかなイベントも分りますが、私的には横手の市民が長年育んできたこれらの生活文化を掘り起こせば、これだけでも日本中の注目を集めること請け合いです。

 横手の焼きそばも有名だと聞いていたので食べましたが、発酵文化に比べると薄っぺらいものです。でも若者には発酵文化だの言っては見ても、こんな食べ物の方が好まれるのでしょう。ここにまちづくりの難しさがあるのです。生活文化だとかを大上段に振りかざしあまりアカデミックなテーマに固守し過ぎると、若者は去って行くものです。私も食文化たる郷土料理であるじゃこ天を串に刺して歩きながら食べるという若者向きに替えましたし、夕日の望遠鏡ちくわ、夕やけソフトクリームや夕・日・日コーヒーなどを開発して若者に受け入れられました。焼きそばで若者や不特定多数の分裂型消費者を集客して風評効果を生み出し、いい消費者と学習型消費者を相手に発酵文化を高めてゆけば、横手のまちづくりは成功するかもしれません。いい消費者5パーセント、学習型消費者15パーセント、精神分裂型消費者55パーセント、無関心消費者25パーセントという消費者をどう取り込むか、知恵の出しどころです。

 三次会で出かけた飲み屋で、来年3月に退職するという課長さんに出会いました。この方はマジックが得意で、あっという間にその場に居合わせた人を引きつけます。舩木さんはもう随分前からの知人のようでしたが、舩木さんの提案はこの課長さんのマジックにヒントを得て、かまくらの期間中にマジシャンを集めてマジックショーなどをしたら面白いと、盛んに仕掛けていました。私はかまくらという日本の文化に馴染ませるには動揺コンクールなどもいいと思いました。私の吹くハーモニカはまさに雪とのコラボレーションにピッタリだと直感しました。この課長さんは外国旅行がお好きとか、広い視野を持っているしマジックという芸を持っています。これだけでも一私人になって下野したら大きな戦力になるはずです。彼の未来に乾杯し、ぬかるんだ雪に足をとられながら午前様となった夜道をホテルへ急ぎました。

  「東北の 冬の夜長に 盃を 酌み交わしつつ 夢を語りぬ」

  「これ食べて あれも食べてと 矢継ぎ早 発酵食品 次から次へ」

  「トランプで いきなり人が 集まりぬ これぞ究極 心理を掴む」

  「風評を 被害にするか 効果する どちらを選ぶ あなた次第で」


この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。