shin-1さんの日記

投稿者: | 2007年12月9日

○10年間のライフデザイン②

(私がコーディネーターを務めた「色々な種を知ろう」というパネルディスカッションでのパネラーの話)
(パネラーの話を聞く参加者)
(四つのブースに分かれての討論)

 確か一昨年も昨年も「大人を考えるフォーラム」に実行委員として参加して、八幡浜高校の堀田校長先生の指導を受けて、十年後の自分へと十年後の自分から手紙を書いたような覚えがあります。というのも、いきなりこのフォーラムに参加している高校生や大学生、勤労青少年に十年後の自分へと十年後の自分から手紙を書きなさいといってもそれは藪から棒だと思った堀田校長先生は、サンプルのつもりで私に簡単な手紙を書いて発表するようその場で依頼を受けました。その手紙を参加者の前で例題として読んで聞かせて作文作業に入ったのですが、フォーラムの最終ラウンドなのでみんな真剣に書いていましたし、素晴らしい発表で感心しました。

 昨年の手紙は既にブログで書いていると思われるのですが、一昨年の手紙を思い起こしながら私は十年後から今の自分に手紙を書きました。

(フリートーク「私たちの種って?」。ワークショップ「種を見つけよう」。ワークショップ「種を育てよう」の熱心な議論)
(十年後の「私から今のあなたへ」手紙を書き発表する参加者)

 「大洲青少年交流の家で自分に手紙を書いたあれから早11年が経ちました。リタイヤして間もなかった私も今では73歳のおじいさんと呼ばれる年齢になっています。でも10年前のあの日数学者の秋山先生が「青春とは心の若さだ」と強調されたように、今も「今やれる青春」を謳歌しているこの頃です。

 私は11年前三つの事を十年後まで続けようと心に決めていました。その時若者たちは公認会計士や学校の先生や設計士になりたいなどと具体的な目標を書いていたようですが、私は十年後の大それた夢でなく、まるで尺取虫のように「ただひたすら続ける」ことを目標にしていたようです。それは一年前の11年前から考えていた目標だったのです。でも不思議な事に考えた一年後には三つの続けることのことごとくを既に手に入れていたのですから驚きです。つまり一つ目の人間牧場(水平線の家・ロケーション風呂・ツリーハウス{は既に一年後には完成していましたし、十年経った今も年年歳歳素晴らしい成果を上げているのです。二つ目の本を出版する目標も一年後既に落伍高座本地の書が出来上がっていましたし、目標だった水の書・火の書・風の書・空の書という五部作も全て完成し、一日2本のブログも拙文ながら未だに続いており、130冊余りの月別にプリントアウトされ、人間牧場の書棚に並んで来訪の友人たちが楽しそうに読みながら当時を振り返って読みふけっているようです。

 またあの時20年目だった一日3枚のハガキを書くという日課も、今年で三十年の節目を迎えるのです。

 凡人ゆえ私にはもう富士山のような高い望みは持ちようがなく、せめてアリのような人生を過ごすことくらいは出来るかも知れないと、これからも今を通過地点と思っているのです。こんな小さなことながら続けてきたしこれからも続けられる私は素晴らしいし、私は馬鹿な天才だと思っています。十年前の自分へ 若松進一より」

 堀田先生の求めに応じて即興で今日短時間で書いて読んだ手紙でしたが、私の進化論は「ただひたすら毎日続ける」というささやかな目標を、もう少し頑張ってみようと思いました。人間はどこかで立ち止まったり、何かのきっかけがなければ自分の生き方や将来について考えないものです。今回の「大人を考えるフォーラム」では、そんな立ち止まりや気付きのきっかけだったと、日頃あくせく働く自分自身にとっても充実した二日間になりました。

「種」という今回のキーワードもいいテーマだったようで、それぞれの人の話を聞いて、自分の体内にある種について整理できたことは大きな収穫だったようです。

  「私には 幾つあるのか 種の類 蒔いて生やそう 新たな決意」

  「天職と 思ってやって きた仕事 自分にだけしか 出来なかったな」

  「失敗を こうして乗り越え 夢掴む 語る言葉に 人の努力が」

  「立ち止まる 自分というなの 人間に 語りかけるも 悪くはないな」