shin-1さんの日記

○プリンター交換

 パソコンでブログを書くようになっても、その記事をプリントアウトせずにそのままにしていましたが、高知県馬路村へ行った折、馬路村役場に勤める木下さんが、私のブログをプリントアウトして資料に使っているのを見て、これは不味いと思い、プリントアウトすることを思いつきました。ブログのプリントアウトぐらい簡単に出来るだろうと鷹を食って始めたのですが、意外や意外プリントアウトの時間がかかることったら大変なものでした。それでも始めたことなのでやらねばと焦れば、プリンターのインクがなくなって中断したり、そのインクの値段が予想以上に高かったりで、結局インクは東京へ出張の折ヨドバシカメラで大量に購入し、二年余りの記事を全てプリントアウトすることがこのほど完了しました。

 私のプリンターはエプソンの小型を使っているのですが、先々月私の誕生日に子どもたちがエプソンのPM-A920という最新のプリンターをプレゼントしてくれたのです。でもインクが残っているので勿体ないと思い使っていました。昨日先月分のブログをプリントアウトしていると、途中でインクがなくなったので、これを機会に変えようと見よう見まねで繋ぎ変えました。以前に長男がプリンターのデーターを入力してくれていたので簡単と思いきや、いくらやっても作動しないのです。困り果てて長男の携帯に電話を入れ、電話で操作の指示通り入力すると動き始めました。パソコンに関する無知を改めて思い知らされましたが、内心ホッとしました。

 「お父さん、このプリンターは優れものだから色々なことが出来る」と多機能を言われるのですが、使いこなせない私にとってはそんな機能は何の役にも立たないのです。正月休みに息子が帰って来るので、少しその使い方をマニュアルを見ながら教わりたいと思うのですが、それまでは何とかプリントアウトできるようになっただけでもよしとしたいと思うのです。

 今回のプリンターは印刷の速度が速くなりました。インクの量もひと目で分るようになりましたし、印刷のプロセスも表示され、中々使い易い感じがします。とりあえず長年といっても退職後の僅か2年半余りですが私の手となり目となって大切な役割を果たしてくれたプリンターにご苦労さんとねぎらいの言葉をかけてやりたいと思います。

 このプリンターでプリントアウトしたブログも毎月一冊出来上がり、先月末まで27冊が書棚の隅に横積みになって収まっています。この際と思い今日の午前中「○○年○月」と索引番号を打ったので、年末までには人間牧場へ運び入れて、来訪者の閲覧に供したいと思っています。その前にどんな事を書いているか索引目次をつけたいと思っていますが、これがまた中々の仕事で、これも「そのうちそのうち」になってしまいそうな雲行きです。

 しかしよくもまあ書くことがあればあるもので、自分でも毎日コツコツの自分の努力を少しだけ褒めてやりたいような心境です。

 これで高知県馬路村の木下さんいは何とか追いつきました。でも上には上がいるもので、私のブログの誤字や脱字を修正し、全てソフトに落としているという凄まじい男がいるのです。大分県の佐賀関の親友渡辺又計さんです。これには驚いていますが内心彼には勝てないと脱帽しています。

  「使い慣れ 使い古した プリンター お払い箱は ちょっと寂しい」

  「使い捨て したくないけど 電子ゴミ インク入れれば 再生可能」

  「優秀の 機能を持った プリンター 使いこなせず 前のと同じ」

  「アウトせず 電話で対応 アウトした 少し自信の パソコン使う」

この記事はカテゴリ 人間牧場 に投稿されました。この記事をブックマークするには こちらを。この記事へのコメントをフォローする場合の RSSはこちら。 コメント、トラックバックの受付は終了しました。