人間牧場

〇由並小学校6年生に双海をレクチャー

 数日前、公民館の隅田主事さんから、由並小学校の6年生の授業で、双海の歴史について学習しているので、協力して欲しい旨の連絡が入りました。折角だから由並本尊城跡に登って学習するべく、担任の先生と隅田さん、大森さんの3人で、前々日下見に出かけたようですが、昨日は雨が止んでいたもののぬかるんでいるようなので、急遽地域事務所の図書室に場所を変え、午前中11人の6年生児童と交流学習会を持ちました。

 事前に届いていたメールでの質問は、由並の歴史①由並の名前の由来や歴史(成り立ち)、②本尊山・本尊城について、③千人塚について、文化・伝統④オガタマの木やチョウチョはどういうものなのか・なぜ有名なのか、⑤地域の人にとってオガタマの木やチョウチョはどういう存在なのか、両谷の獅子舞⑥歴史目的、⑦残していくためにしていること・やっている人の願い、郷土料理⑧由並の伝統文化や郷土料理とは、史談会⑨史談会を作った目的、⑩どのような人で構成されて、どのような活動をしているか、⑪由並地区を知らない人や、訪れたことのない人に伝えたいことはあるかなどでした。

史談会から参加した私と大森さんが、それぞれの質問に得意の分野を短くレクチャーしましたが、みんな熱心にメモをして聞いてくれました。今年は先日行われた上・下灘公民館祭りの会場に、史談会が学習でまとめた方言を「ふたみの方言コーナー」として展示したこともあって、学習の成果を少なからず社会に広めて行くこともできました。これからは史談会が今回の学習のように加わることも大切であることを実感した半日でした。

双海学ともいえる学習のバイブルは、何と言っても平成の合併時に刊行した「改訂版双海町誌」です。愛媛県生涯学習センターでこの刊行物は既に電子図書化されていて、内容は多少難しいものの、インターネットに明るい小学生高学年であれば十分調べることができるので、折に触れ自分の住んでいる町のことを学んで欲しいと願っています。

「メールにて 6年学習 お手伝い 依頼があって ノコノコ出かけ」

「メールにて 質問事項 聞いていた 双海町誌で 事前に調べ」

「史談会 あれやこれやと 忙しい 教育(今日行く)教養(今日用) 元気にこなす」

「少しでも 地域貢献 できないと 生きている価値 ないもの自覚」

 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇QRコード

 3日前私は沖縄へ講演旅行に出かけるため飛行機に乗りました。数日前主催者から私の所に往復の航空チケットが送られてきましたが、最近の予約航空券はA4の紙にプリントアウトした簡単なもので、右端上に真四角のまだら模様のQRコードが印字されていました。

QRコードの航空チケットで沖縄往復

私のような古い人間には、こんなまるで落書き模様のようなもので、本人と識別できるのだろうか?といつも不安に駆られるのですが、チェックインの読み取りカメラにこのQRコードをタッチすると、自動的に入り口の扉が開き中へ入れるのですから、驚くという他はありません。

「何でこうなっているのだろう?」と不思議がるものの、これほど普及しているものについて、「えっ、それも知らないの?」とバカにされそうで聞くこともできず、調べることもなくただ何となく使って、何となく便利さを享受しているのです。

バーコードとは、縞模様状の線の太さによって数値や文字を表す識別子のことで、数字・文字・記号などの情報を、一定の規則に従い一次元コードに変換し、レジスターなどの機械が読み取りやすいデジタル情報として入出力できるようにしているのですが、今やありとあらゆる場所に普及していて、そのメカニズムを知らないのはどうやら私だけのようです。

何年か前、地元の特産品売り場にバーコードを導入しようとしたところ、野菜を出荷しているおじいさんが、「バーコードはおばあさんが使う物、わしは男なのでジーコードにしてくれ」と文句を言ったという、まるで落語のネタになりそうな話が懐かしく思い出されます

バーコードの配列がクワイエットゾーン、バーコードシンボル、スタートキャラクター、データメッセージ、チェックデジット、ストップキャラクタなどで構成されていると聞いても、その横文字すら、「それどういう意味?」と聞き返さなければならない私は、もう完全に時代遅れな人間なのです。

「バーコード 知っているふり して使う 知ろうとしても 難し過ぎて」

「縞模様 まるで落書き それだけで 飛行機ゲート 開けて乗せる」

「バーコード 聞いた爺さん 俺男 ジーコードにしろ 文句懐かし」

「ああ俺も 時代遅れの 烙印を 押されています 死ぬの待つだけ」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇沖縄県社会教育研究大会での記念講演に招かれました

 私は一年中請われるまま全国各地へ講演・講義などにに出かけていますが、ひょっとしたら今年の講演先で一番遠いのかも知れないと思いながら沖縄へ行くのを楽しみにして出かけました。会場は那覇市にほど近い南風原と書いて「はえばる」と読む町で、前もってインターネットの地図情報を検索するのに、「何と読むか?」で多少戸惑いましたが、「はえばる」でOKでした。北の北海道は語源の多くがアイヌ語で読みにくいのと同じように、南の沖縄も地名の呼び名が独特です。

道端に咲くハイビスカスの花
那覇市役所前のガジュマルの木根
沖縄のあちこちで見られる守り神シーサー

ホテルから講演会場までは生涯教育課の女性社教主事さん運転の車で向かいました。沖縄には離島も沢山あって、県内移動ながら参加するのに飛行機を使い、宿泊しなければならない人も沢山いますが、南風原町中央公民館大ホールには既に県下各地から大勢の人が集まり開会を待っていました。開会式が終わるといよいよ私の出番です。私に与えられた演題は「活かそう!みんなの学び つなごう地域の輪」でした。約90分間音響の良いマイクを片手に目いっぱい熱弁をふるいました。

大会開会前の南風原中央公民館大ホール
大会開会前のステージ風景

ステージ上で講演する私の体感したフロアーの参加者反応は上々で、アドリブながらまあそれなりの出来上がりでした。本当はせっかくの沖縄なので、じっくりと楽しめばいいのでしょうが、スケジュールが詰まっていたり、義姉の訃報もあって、そんな余裕もなく送ってもらった那覇空港から飛行機に乗り、大阪伊丹空港経由で松山空港までANAの飛行機でトンボ帰りとなってしまいました。再び沖縄を訪れる機会があれば、朝のウォーキングで散策した国際通りや守礼の門、南部戦跡なども訪ねたいと思っています。

「道端に 何気なく咲く 赤い花 南国ならでは 写真に収め」

「あちこちに シーサー置物 大中小 沖縄ならでは表情様々」

「県庁の 職員さんも アロハシャツ しかも半袖 私ゃ長袖」

「壇上で マイク片手に 熱弁を 振るう私に 大きな拍手」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

◯沖縄への講演旅行(その2)

昨日は午前中松山市道後のにぎたつ会館で愛媛県金銭・金融教育研究協議会の研修会がありました。小学校分科会の助言を訳を言って少し早めてもらい、取るものもとりあえず松山空港に向かい、コナンパーキングに車を置き、30分前にチェックインを済ませ、経由地福岡空港で乗り継ぎ、沖縄行きの飛行機に無事乗ることができました。

福岡を飛び立った飛行機は鹿児島の錦江湾に浮かぶ、噴煙上がる桜島や薩摩富士開聞岳を眼科に見ながら海の上を飛び、30分遅れて那覇空港に到着しました。空港には「若松進一」と書いた札を掲げて安座間さんが迎えに来てくれていました。その足で国際通り近くのホテルにチェックインしました。

昨日の朝双海町では気温が10℃でした。寒いかも?と長袖のシャツを着ていたのに、沖縄の外気温は24℃程度で、少し蒸し暑く感じました。宮古島出身の安座間さんの肝入で前泊している宮古島の人たちとの、夕食交流会に参加させてもらいました。

元風呂屋だったという面白い設えの居酒屋で2時間半、美味しい沖縄料理を食べながら大いに盛り上がりました。「お通し」という宮古島独特の島酒泡盛の回し飲みする姿を目を白黒させながら見ていましたが、凄いの一言でした。酒を飲まない私はノンアルコールのビールとウーロン茶ですっかり酔った雰囲気になり、温かい交流会となりました。

「沖縄は 気温夏日の 楽園で 冬でもアロハ 県庁職員」

「お通しと 言う独特の 回し飲みを 宮古の人は 島酒日常」

「方言で 話す言葉は 解らない ここは日本だ 通訳必要」

「酒飲まぬ 私も酔った 雰囲気に いい交流が 出来て嬉しい」

楽しかった交流会

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇JR予讃線海岸周り(その4―列車の旅)

一昨日は子ども体験塾のプログラムで、隣町長浜町をゆっくりのんびり子どもたちと散策しました。目的地は長浜高校水族館、長浜赤橋、沖浦観音でしたが、愛ある予讃線海岸周りでの往復もとても楽しい旅でした。散策が終わって帰る一両立ての気動車の一番前に乗って、長浜から降りる上灘までレールの行方を、まるで旅番組のように少しカメラで追ってみました。

長浜駅で人気の高い観光列車「伊予灘ものがたり」と対向しました
春は桜が咲き誇る郡境の喜多灘駅
陸橋と鉄橋が並行して走る串本村の鉄橋
串駅辺り
有名なJR下灘駅
この日も沢山の人が集まっていました
今は地元の人が植えたコスモスの花が満開です
閏住の菜の花畑も春になると黄色い花が咲き乱れます
遠くに松山方面を見ながら走ります。町のシンボル本尊山も綺麗です
旅の終わり上灘駅で下車しました

「のんびりと 海岸周りの 気動車に 乗って小さい 秋を見つけに」

「今頃は ツワブキ黄色 白野菊 いっぱい咲いて 何とも贅沢」

「下灘の 駅は人・人 毎日の ように盛況 首を傾げつ」

「また乗ろう そんな小さな 旅でした 上灘駅で 下車して家路」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇子ども体験塾で隣町長浜町へ(その2-長浜高校水族館)

 今回のふるさと探訪で選んだ目的地は隣町の大洲市長浜町でした。長浜町の街並みは肱川の河口にあり、かつて海運や商業で栄えた町で、その名残ががあちこちに残っている素敵な街です。かつては日本で一番小さいよ言われた水族館まであり、町民の誇りでしたが今はそれもなくなったものの、県立長浜高校がそれを引き継ぎ、今では水族館のある高校として県内外から注目を集めています。

ネコの島で有名な青島行きの連絡船
水族館のある長浜高校
クマノミとイソギンチャク
長浜体育館の中での昼食

長浜駅をスタートした私たち一行は、沖合に浮かぶ猫の島で有名になっている青島行きの連絡船が発着する桟橋を横目に見ながら、港沿いの道を長い列を作って長浜高校まで歩きました。昨日は高校の水族館も一般公開の日で、沢山の人が見学に訪れていました。短い時間でしたが子どもたちは屋外・屋内に展示された沢山の海の生き物を見学して回りました。特にイソギンチャクと共生するクマノミは、アニメ映画のニモでお馴染みの魚なので関心が高く、説明係の高校生に質問するなどしていました。

昨日は雨を想定して長浜体育館のホールを借りて昼食をするよう準備していたので、予定通りみんなでそれぞれが持参した弁当を、体育館に広げたブルーシートの上に座り、楽しい昼食会となりました。私も愛妻弁当を持参していたので、子どもたちの輪の中へ入っ、て雑談しながら食事を楽しみました。

「長浜の 港の傍の 道沿いを 長い列して みんなで歩く」

「高校に 水族館が あるなんて 珍しさもあり 休日賑わう」

「子どもたち アニメ映画で 知っている イソギンチャクと クマノミ興味」

「雨降れば 転ばぬ先の 杖となる はずの手配で 室内昼食」 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇近所にカフェがオープンしました

 私は何故かコーヒを飲みません。多分高校生の時初めて飲んだコーヒーが苦くて、「こんなもの飲めない!!」と思ったことがきっかけのようで、どうやら飲まず嫌いのようです。そんな私の家の長男に、こともあろうかコーヒー屋の娘が嫁として嫁いで来たのですから、神様も意地悪な仕打ちをするものです。

 そんなこともあって、私は余程のことがない限り喫茶店へは行かないし、たまに若嫁が勤めている妻の実家の喫茶店へ立ち寄っても、人様のような「ブラック」ではなく、「ホワイト」と称するホットミルクを注文し、音楽を聴きながら数年前お父さんが亡くなった後、カウンター内でマスターをしているお母さんと世間話をしています。

 先日まちづくり学校双海人の主力メンバーである高村さんが、「酵素風呂まる」のある電器店の店内に喫茶店をオープンしたようです。毎日朝の散歩で店の前を通るので、一度伺いたいと思っていました。昨日は午前10時半ころ、締め切りの近づいた原稿書きが終わりメール便で送り、一段落ついたので散歩を兼ね、歩いてお店まで行きました。

ご主人の営む電器店の一角を改造して、喫茶店はお洒落に出来ていました。あちらこちらに本が置いてあって、お茶を飲みながら自由に過ごせる空間になっていました。店主の真理さんや移住してきた店員さんたちと1時間弱色々な世間話をしましたが、今度ゆっくりお茶をに見ながら本を読んでみたいと思いました。

喫茶店の店内
初めて飲んだ珍しいお茶

「コーヒーを 何故か飲まない 私ゆえ 喫茶店には 行く機会なく」

「原稿を 書き終えホッと 息をつく 散歩に出かけ 喫茶立寄る」

「双海人 仲間このほど 開店の 喫茶訪ねて お茶飲みながら」

「ワンコイン 世間話や 本読める こんな余裕が 今まではなく」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇軽くて暖かい羽毛布団

 考えてみれば私たち日本人は、100歳まで生きたとしても人生のほぼ3分の1を、寝て過ごしているのです。寝る方法はベッドや布団など様々ですが、最近は寝具もかなり進化していて、かつての綿花の重い布団は殆ど姿を消して見ることがなくなりました。毛布も布団も軽くなり、特に羽毛の掛布団などは軽くてフワフワで、それでいて抜群の温かさです。

軽くて暖かい羽毛布団

 ひと頃羽毛布団は、高くて私たち庶民には高嶺の花でしたが、最近は随分お安くなって、殆どの人が羽毛布団を利用しているようです。布団の中に入っている羽毛に使う水鳥は、一体どこで育てられ、一枚の布団にどれくらい入っているのか、またどんな方法で誰が加工しているのかは知る由もありませんが、高い羽毛布団になるとうんじゅう万円もするものまであるそうです。

私たち夫婦はベッドが余り好きでないため、毎朝夕布団を敷いたり上げたりする手間はいるものの、畳の上に毎日布団を敷いて寝ています。夫婦同床ゆえ、秋から冬にかけて夜の寒さが身に染みても、お互いの体温がカバーし合うのか、暖かい眠りを楽しんでいます。人生の3分のⅠとも言われる眠る時間まで、夫婦で共に過ごすことはないだろう?と、疑問を持っている人も多く、夫婦が別の部屋や別の布団で寝ている人も多いようですが、私たちは軽くて暖かい羽毛布団のお陰で、それなりに幸せな夜を過ごしています。

「人生の 三分の一は 寝る時間 寝方色々 布団も色々」

「綿入りの 重たい布団 処分され 軽い羽毛が 主流となって」

「私たち 夫婦同床 仲が良い 円満家庭 秘訣はここに」

「お互いが 湯たんぽ替わり 寒い夜 夕べもポカポカ ぐっすり熟睡」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇明けの明星

 毎朝午前4時に目が覚めてブログを書き、5時に家を出て暗い夜明け前の道を、LEDの懐中電灯を持って小走りにゆっくりと走ったり歩いたりしています。今朝は放射冷却現象の影響で外気温が10度を下回っていたようで、手袋をしていても少し寒さを感じました。毎朝1時間ほどで約7千歩を稼ぐので、目標の1万歩は毎日のように難なく軽くクリアーしています。

月とランデブーする金星
明けの明星

 時折LEDの懐中電気を消して暗闇を歩くと、満天に美しい星を見ることができます。この時期は南東の空に、それはよく光る明けの明星といわれる金星を見ることができます。地球は太陽系、銀河系に属していて、約2000億個の星の中の一つです。地球から見える星は約8600個、北半球にある日本から見える星はその半分の4300個ほどだと覚えています。

私が今朝見たとても明るい星は金星で、明けの明星とも言われています。金星は太陽のように自分で光る恒星ではなく、月と同じように太陽の光で反射して金色に輝く星で、太陽と月を除いて最も明るく見えることから一番星とも呼ばれています。

 金星は太陽系の中でも地球より内側を好転する内惑星で、太陽の周りを225日で一周します。明け方東の空(明けの明星)か夕方西の空(宵の明星)に見えますが、それぞれが同じ日に現れることはありません。夜空に輝く星を見ているとを、人間のちっぽけさがよく分かります。好きだとか嫌いだとか、損だとか得だとか、長いとか短いとか、重いとか軽いとか考える人間の尺度が、余り意味のないことのようにも思えます。「星は何でも知っている」のかも・・・。早起きして星を見て何かすっきりしたような気持ちになりました。

「南西の 空に輝く 星を見る 明けの明星 これが金星」

「西の空 夕暮れ時に 見る星も 同じ金星 宵の明星」

「星見ると 人間社会 余りにも ちっぽけ過ぎて 生き方疑う」

「若い頃 星は何でも 知っている 歌った歌を 思い出しつつ」 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇眼鏡を必要としない幸せ

 私は失礼ながら、「国民的喜劇俳優だったフーテンの寅さんにも劣るほど顔は悪いが目は良い」と、ふざけた話で周囲を煙に巻いていますが、一昨日次男若嫁の実家に所用で出かけました。次男若嫁は勿論お父さんもお母さんも一家揃ってみんな眼鏡をかけていました。

眼鏡絵の必要でない目を褒められました

わが家は誰一人眼鏡をかけている者がいないので、少し奇異に感じていると若嫁のお父さんが私に、「お父さん(私のこと)は眼鏡が必要ないようで幸せですね」と言われました。私も「はい、74歳になりますがまだ裸眼で新聞を読んでいます」と答えると、「何とも羨ましいですね」と言われました。

私は「若い頃勉強をしなかったので目を悪くしませんでした。こちらのお宅はみんな勉強のし過ぎだったのかも」と、みんなで大笑いをしましたが、眼鏡をかけない私には眼鏡をかける煩わしさは分かるはずもありませんが、私たちの年代になると視力が衰え、殆どの人が老眼の世話になっているようです。

私は高校生の頃一時期仮性近視になりました。宇和島水産高校の漁業科受験は海技免許を受ける条件が視力1.0だったこともあって、やばいと思い視力検査表のマークや文字を全て丸暗記し、受験当日の視力検査は視力1.5で見事合格しました。医師の勧めで遠くを見るようにしたこともあって、その後視力は回復しました。

この歳になっても裸眼で新聞の小さな文字が読める幸せは、既に老眼の世話になっている妻の日常を見ればありありです。目は遺伝だとも言われていることが正しいのか、80歳で亡くなった母親も死ぬまで眼鏡をかけず新聞や雑誌を読んでいました。顔よりいい目をした男に産んでくれた母親に感謝しています。

「寅さんに 負けぬ顔立ち でも目だけ 良いと自慢し 今日も裸眼で」

「母親の 遺伝でしょうか 眼鏡買う 金も使わず 多分一生」

「眼鏡どこ? 探す男の 頭上 すっかり忘れ 右往左往し」

「目にいいと ブルーベリーを 食べる妻 アントシアニン 効く気配なし」

[ この記事をシェアする ]