人間牧場

〇月火酔木堂と段々畑と無茶々園

 昨日西予市明浜町へ講演に出かけた折、廃校になった学校を利用して様々な取り組みをしている元小学校施設を講演終了後、原田公民館長さんの案内で見学させてもらいました。元音楽室だった一室に、酒井建設夜間部木工製作販売の月火酔木堂という一風変わった展示場がありました。中に入ると酒井建設の社長さんが造ったという様々な木彫りの作品が、まるでおもちゃ箱のように所狭しと展示され、桶の中に時計がある「おけどけい」とか、本物と見まがうほど精巧な革靴「はじめの一歩」、フォークにつけた丸い取っ手「フォークボール」、卓球ラケットに置いたピン球を押すと玄関チャイムが鳴る「ピンポン」などなど、なるほどと納得感心する作品ばかりでした。しかもそれらは全て社長さんの遊び心から生まれた木工手作り品でした。

まるで本物の靴のような木彫りの作品始めの一歩
押せば玄関チャイムが鳴るピンポン

その後原田さんと佐藤さんの案内で、白い石灰岩を石垣に積んだ耕して天に至ると形容される段々畑を見学させてもらいました。間もなく文化庁の景観に選定されるという段々畑は、宇和島市遊子水ヶ浦の段々畑とはまた一味違った景観で、中腹の農道から見えるリアス式海岸の風景や、雪の積もった鬼ヶ城辺りの遠望もまた見応えがありました。説明によると石灰岩の石垣も古くは明治時代や大正時代に、この地域に生きた先人が汗水たらして積み上げたものらしく、日本人の勤勉さにあらためて感心しました。昨年7月南予地方を襲った大雨は、未曽有の土砂崩れ災害を起こしましたが、この石垣は大雨にもびくともしなかった話を聞く度に、先人の知恵の凄さにただただ驚くばかりでした。

中腹から見える狩江の町並みや湾内
石灰岩の石積み石垣

 夕方、元小学校施設に戻り、無茶々園と交流をしている東京の生活協同組合パルシステム東京の皆さんの交流会に参加させてもらいました。海の幸や山の幸が沢山並び、シシ鍋まで美味しくいただき、同席した何人かの人と名刺交換しながらお話をさせてもらいました。私も何年か前までコープえひめの学識理事を6年間やった経験があるので、皆さんの活動の話を興味深く聞かせてもらいました。昨日は思わぬ雪を伴った悪天候に翻弄され、帰路の道が凍結の恐れがあるので、午後8時に雪がぱらつく夜道を一人、スリップ事故を起こさないよう注意をして帰路に着きました。今回もちりめん漁師祇園丸の佐藤さんと、原田さんの3人で、深くて広いこれからの人生について大いに語り合いました。意味のあるいい一日でした。

交流会の皿鉢料理

「学校の 廃校施設 利用して 素敵な取り組み 感心しつつ」

「一室に 社長の作品 あれやこれ 一つひねった アイディア感心」

「裏山の 段々畑 先人が 石積み開墾 風雪耐える」

「天皇賞 貰った凄い 無茶々園 都会の生協 招いて交流」

 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇クヌギの苗木植え(その2)

 近所に住む大野さんから頂いたクヌギの苗木を、どのように植えようか色々と私と息子で考えました。息子は今年の夏もカブト虫を松山空港やその他で無償配布する予定だそうですが、そのディスプレイ用に、クヌギの苗木を植えた植木鉢で小さな森をイメージしようと思いつきました。

東屋の横に置いた大きな植木鉢
大野さんから貰ったクヌギの苗木
植木鉢に植え終わったクヌギの苗木

 木は漢字で書くと1本だと木ですが、2本だと林、3本だと森になります。今回は一鉢に2本の苗木を植えて林とし、小さいながら5鉢10本で森を作る計画です。20㎝程の苗木がどこまで育つかは疑問で、今年の夏には間に合わないかも知れませんが、大事に育てようとの願いを込めて植えました。

植え終わった苗木の根元に綺麗な市販の腐葉土を振り撒いて化粧し、ジョロで水をたっぷりやって、とりあえずの作業を終えました。昨晩10時ころ仕事から帰って来た息子に、作業の一部始終を話してやりましたが、息子は早速まだ薄暗いのに早起きして、クヌギの植え終わった様子を見に行き、満足の手合いでした。

 今年は暖かくなったら、人間牧場の近くのわが家の荒れた畑の下刈りをして、とりあえず100本ほどクヌギの苗木を購入し、植林しようと考えています。クヌギは植えて15年もすれば成木になります。私の目の黒いうちに何とかクヌギ林が見えるかも知れないと淡い期待を持っています。

「友人に 貰ったクヌギの 苗木植え たっぷり水を やって一息」

「一本じゃ 木だが二本で 林なる 三本森に 漢字妙なる」

「過疎の地は 里山荒れて 目を覆う 心動けど どうにもならず」

「ワラ一本 革命願う 人あらば クヌギ一本 俺にもできる」 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇薪割作業

 クヌギの木の原木確保のための山仕事は、足腰の弱りつつある私には多少骨身に堪えます。特に大きな太ももほどもある切り株附近の根元は、一人で動かすことさえできない重さです。親友の井上さんに頼んでシイタケの原木を確保したついでに、その大きな部分を薪の長さに切ってもらい、シイタケにの原木と一緒に人間牧場まで運びました。

薪割用に小切りしたクヌギの木
割った薪をかまどに積みました

 昼食のため一旦帰宅した後再び人間牧場へ出かけ、大きなマサカリを使って薪を作りました。クヌギの木は切り出した直後だと面白いように割れますが、少し間を置くと割れなくなるので、急がねばならず、これから忙しいスケジュールが待っているので、しっかり対応しました。割ったばかりの真新しい薪をテミに入れてかまど小屋まで運び、かまどの下に収めました。

新しい薪はかまど付近に積むと、まるでインテリアのように見え風景が変わったように見えました。軒先に吊るす玉ネギやトウモロコシもまさに田舎の風情を醸すインテリアです。毎年かまど付近に薪を補充していますが、燃やさないよう何度も注意をしますが、私が目を離したすきに誰かがこの薪をかまどに入れて燃やしてしまうのです。

 昨日はクヌギ委の木の伐採や移動、それに薪割や薪運びという日ごろやらない重たい山仕事をしたため、腰痛を心配しお風呂に使ったり、妻専用のマッサージ機にかかってケアーをしたお陰で、すっかり回復したようですが、前日裏山の枝打ち作業をした木々の処分もしなければならず、くれぐれも腰を痛めないよう注意をしたいものです。

「シイタケの 原木ならぬ 大きな木 薪にするため 小切り運んで」

「マサカリで クヌギの生木 薪に割る かまど小屋まで 運んで積み上げ」

「新しい 割った薪積む インテリア 小屋が一片 見違えるよう」

「腰痛に ならないように ケアーする 風呂に使って マッサージ機にて」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇家族はつらいよ!!

 一週間前、同居している若嫁がインフルエンザA型にかかりダウンしました。さすがに若いので直りが早く、2~3日で快方に向かいました。若嫁は二階の息子家族が住んでいる部屋から隔離病室のようにして出なかったため、他の家族への伝染は免れましたが、家族に一人病人が出ると家中が何か重苦しい雰囲気になり、息子も孫たちも右往左往していました。

やっと若嫁の元気が回復したのもつかの間、今度は孫奏心が嘔吐下痢症を患いダウンして、この2~3日学校を休んでいます。当然若嫁も、勤めている実家の経営する喫茶店を急遽休み、子どもの看病をしています。ところがところがです。こともあろうか今度はわが妻が嘔吐下痢症にかかってしまいました。下痢は頻繁にトイレに行く姿でしか見えませんが、嘔吐はかなりの頻度で目の前で苦しんでいました。

それでも人数の少ない歯科医院に勤務しているので休むこともできず、近くの病院に通いながらマスクをして何とか最小限の休みにとどめ、しのいだようですが、洗濯も料理や後片付けもしない・できない私のため、日常的な家事をしながらの養生となってしまい、自分のふがいなさを垣間見ました。

はてさてこれから歳をとって、何もしない・できない生活力のない私は一体どうなるのでしょう?。今の私と同じだった何もできなかった親父が、母が先に亡くなってから人が変わったように自立して暮らせたのだから、何かあったら自分にもできるだろうと安易な考えを持っていますが、妻からは毎日のように、「洗濯も掃除も料理も後片付けも、今から練習しておかないと遅くなる」と叱咤激励されています。それでも私は思い腰を上げていません。病気の連鎖といい、若嫁・妻の病気といい家族はつらいよ!!です。

「次々と 家族みんなに 移り来る インフルエンザ そして嘔吐下痢」

「大家族 ゆえの悩みも ちらほらと いいことばかり 続く訳ない」

「今回は 私と息子 難逃れ 少しだけだが みんなのお役」

「正月に 今年は健康 第一と 祈ったはずに てんやわんやで」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇裏山の杉・桧の枝打ち作業

 私たちの町双海町は瀬戸内の伊予灘に海に面して、冬は海が荒れますが雪も降らず比較的温暖です。しかしすぐ海すぐ山と形容されるように、南側は急峻な山が迫っていて、陽当たりが欲しい冬のこの時期は一日中陽が当たらないのです。何とかこぼれ陽でもと思い、裏山の持ち主の了解を得て、木々の枝打ちなどをしていますが、中々思うに任せません。

家の裏山の枝打ち作業
枝打ちした小枝や葉っぱ
枝打ちした枝木はそのうち薪にする予定です

 昨日は裏山の杉や桧の木に長い梯子をかけてよじ登り、下枝を切り落としました。木から落ちれば年寄りの冷や水と笑われるばかりか命取りになるので、足を踏み外して落ちないよう慎重に作業を進めました。鋸で手首ほどもある大きな枝を空中で切るのは容易ではありませんでしたが、1時間ほどの作業で陰になっていた枝を切り落とすことができました。

さあそれからが大変です。地上に落ちた枝の枝葉を取り除き、畑の隅まで運ぶのですが、これが中々厄介でかなり時間を費やしました。枝葉は畑の隅に山積みして枯れるのを待ち焼却処分する予定です。また大枝はチェンソーで適当な長さに切って薪を作り、倉庫の隅の薪置き場に積んで、餅つきやヒジキを茹でる燃料にする予定ですが、この作業は息子の手助けが必要です。

 陰切りをしたお陰で、幾分裏山がすっきりし、昼間はこぼれ陽が差すようになりました。もう2週間もすれば立春です。待ち遠しかった太陽の光が庭や畑に半年ぶりに戻って来ます。陽の当たらない冬があるからこそ、太陽の恵みの有難さを感じると思えばものは考えようで、この地に住んでいることの有難さもあるようです。

「裏山の 杉や桧の 木に登り 枝打ち作業 落ちないように」

「枝打って 地上に落ちた あれやこれ 片付け作業 一苦労あり」

「少しでも こぼれ陽欲しい 冬わが家 枝打ち作業 少し明るく」

「一年分 薪も一緒に ゲットした 一石二鳥 疲れ吹っ飛ぶ」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇講演会の打ち合わせ

 年が明け、今年も年度末を控え何かと忙しい日々が続いています。年度末は一年の締めくくりとして各地で行われる総会や大会に加え、県外への出張も多いので体調管理には特に気をつけなければなりません。昨日は2月24日に行われる予定の、高知県中土佐町の生涯学習フォーラム記念講演の打ち合わせのために、教育委員会の担当者3人がわが家にやって来ました。

 

講演の打ち合わせにやって来た中土佐町の皆さん
下灘駅の眺望
JR下灘駅前の卵型コーヒーショップ
JR下灘駅の待合室

最近は、「11時に自宅で」と打ち合わせ場所を指定すると、「今、道の駅ふたみまで来ているのですが、そこから先は・・・」と携帯電話で尋ねられることも殆どなく、カーナビの優れた機能のお陰で、わが家へ一発でやって来るのですから便利な世の中になったものです。

ところが昨日は、どういう理由か「待ち合わせ時間を1時間ほど遅れる」と携帯電話が入りました。寒い今の時期ゆえ客間室内を温めるエアコンを入れるタイミングが外れてしまい、少し緊張の糸が切れかかりましたが、1時間遅れの12時にわが家へ到着しました。早速隠居客間で1時間ばかり打ち合わせを行い、その後煙会所や海舟館を見学した後、人間牧場へ向かいました。

大寒の風は少し強く肌寒く感じましたが、好天に恵まれ眺望もよく、JR下灘駅周辺を見学した後自宅まで送ってもらい、一行は高速道路を使って帰途に就きました。中土佐町へのルートは、高速道路を使うルートと、国道197号を走るルートが考えられますが、雪のある時期ゆえどうなるか分かりませんが、私は双海~大洲~日吉~中土佐の地道ルートを走ろうと思っています。24日の講演は「まちづくりとスポーツ」がテーマのようです。

「来月に 迫った中土佐 講演会 打ち合わせのため 担当来宅」

「1時間 遅れて来客 客間にて あれこれ話し 人間牧場」

「帰り際 JR下灘 駅に寄る 若者沢山 外人さんまで」

「あれこれと 体調管理 抜かりなく 忙しい日々 心身ともに」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇ヘリテージマネージャー研修会でのレクチャー(その2)

 約40分も時間が遅れて到着した研修会の一行30人は、早速かまどで炊いたご飯とみそ汁をつぎ分け、食事を始めました。一汁一菜、つまりご飯とみそ汁と妻がこの日のために作った漬物しか出さないという、人間牧場の方針に沿ったシンプルな食事に舌鼓を打ちました。日ごろ飽食や美食になれていると思われる人たちなので、口に合うかどうか心配しましたが、大鍋いっぱいの私が作ったみそ汁や、2升炊きの羽釜で炊いた白いご飯も、底が見えるまでお替りをしながら食べてくれました。

楽しい食事会
和やかな食事会

 食事後急いで片付け、私のレクチャーが始まりました。食事の準備に気を使い追われ過ぎて、レクチャーのことをすっかり忘れてしまっていたことを悔やみましたが後の祭りです。「ヘリテージマネージャー」とは、地域歴史文化遺産保全活用推進員のことですが、地域に眠る歴史文化遺産を発見活用し、保存活用して地域づくりに活かす能力を持った人材の育成を目指すこの研修会の趣旨に沿って、3時間余りしっかりと話をさせてもらいました。

この日集まった人の殆どは建築関係の仕事をしている人なので、歴史文化遺産の発見や保存のことについては専門家です。門外の私がそんな能力を持った人に何を話せばいいのか、多少悩みましたが、まちづくりの話だと論理的にお話ができると思い、用意していたレジメなどどこ吹く風のアドリブで、夕日をテーマにしたまちづくりや、人間牧場を利用した日常活動などを見繕い、むしろ聞きたいであろう失敗談などにも触れました。午前と午後と丸一日を親子で話すことも珍しい出来事です。

眼下に見える夕日の染まった豊田漁港
この日の夕日も綺麗でした

 参加者の中には、ふたみシーサイド公園を設計してもらった和田さんや、潮風ふれあい公園を設計してもらった村上さんなど、お世話になった顔見知りの人も何人かいて、久し振りに旧交を温めましたが、ヘリテージマネージャーと思えるこの人たちがこれからもしっかりと草の根的に活動して、いいまちづくりに貢献して欲しいと願っています。使った水平線の家や食器類を片付けて帰宅するころ、夕日夕焼けが綺麗に見えました。

「ヘリテージ マネージャー研修 30人 会場いっぱい 一汁一菜」

「鍋・羽釜 あっという間に 底見える 作った本人 何より嬉しい」

「午前中 息子が話 午後は俺 親子で一日 講師を務める」

「研修を 終えて西空 茜色 夕日夕焼け 見ながら帰る」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇子ども体験塾ジャンボカルタ大会

昨日は翠小学校を会場に、子ども体験塾で正月らしいカルタ大会を行いました。今回はあらかじめ用意したいろはカルタの絵と文字をA3サイズの段ボール紙に張り、周囲を布製ガムテーブで補強するカルタ作りから始めましたが、不器用な子どもたちは粘着性の強いガムテープに悪戦苦闘していましたが、何とか30分ほどで仕上げました。

私たちが子どもの頃のお正月は、かるた取りや凧あげ、駒回し、羽根つきなど、今にして思えば曽部区な遊びに夢中になったものですが、現代の子どもたちにとっていろはカルタなど、まったく知らない世界ゆえ、「律儀ものの子だくさん」と読まれても、「えっ、それ何?」と首を傾げてしまい、あそびにはならないのでは?と心配しましたが、そこは遊びの天才ゆえ、直ぐに打ち解けれ判別対抗戦はキャーキャー言いながら夢中になって遊んでいました。

私は読み人を務めましたが、大人でもいろは48文字それぞれの言葉の意味を説明できないものもあって、スタッフからも私にそっと「これどういう意味ですか?」と訪ねる一幕もありました。「え」と「ゑ」、「い」と「ゐ」の違い、いろはカルタに詠まれた動物の話など、久し振りに童心に帰って頭をフル回転させました。

私は昨日、人間牧場で午後からヘリテージマネージャー研修会が予定されていたので、読み手を他のスタッフに任せてお暇しましたが、ジャンボカルタ取り大会の後は、翠小学校の長い廊下で、雑巾がけ競争をやりました。その模様は昨日の夕方公民館の隅田主事さんから、メールで画像が送られていました。スタッフの用意したおぜんざいも美味しかったと参加した孫たちから報告を受けました。

「手作りの ジャンボカルタで 子どもたち 夢中になって 寒さ吹っ飛ぶ」

「懐かしい イロハカルタを 読みながら はてさて意味は? 昔の記憶」

「翠小 木造校舎 廊下にて 雑巾掛けの 時間を競う」

「あれも駄目 これも駄目だと 大人たち 取り上げ何も 与えず終い」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇本谷正法寺の念仏口開け行事に参加しました(その2)

 数珠回しが終わり、全員で焼香した後、祭壇に備えられた金剛の大わらじが住職から地元の人に渡され、男たちが境内の外に出て飾りつけを始めました。本谷川に架かった橋の傍にある地蔵堂の屋根と電柱に一人ずつよじ登り、大草鞋が川の真ん中に海側から見えるようにしめ縄をしっかりと縛って飾りました。

仏壇に供えられた金剛大草鞋
大草鞋としめ縄の飾る準備
川の真ん中に飾られた金剛大草鞋

点け終わったところで和尚さんが念仏読経を唱えてお性根を入れました。和尚さんに聞いた話ですが、この金剛の大草鞋は、これほど大きな草鞋を履く強い者がいるようでは、悪魔悪霊も叶わないと思って退散するという、故事にのっとった悪魔払い行事のようでした。

 本谷地区も過疎や高齢化が目立ち、このような伝統行事をいつまで続けられるのか、みんな顔を見合わせながら心配していました。打つ手や考えられる妙案もなく、何はともあれ今年の仏事は終わりましたが、いい行事を目の当たりにして参加できた喜びと同時に、少し寂しい心持になり、次の予定があるので少し早めに引き上げました。

「男ども 作った金剛 大草鞋 仏壇下げられ 取付作業」

「お草鞋 履くよな金剛 いるのでは 叶わん悪魔 退散願い」

「橋の上 見上げた空に 大草履 今年は何とか 来年どうする?」

「神仏に ご加護を願う 人心 祈りの世界 残って安堵」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇舞たうん139号が届きました

 えひめ地域政策研究センターが年4回季刊で発行している「舞たうん」という情報誌139号が届きました。「特選ブログshin-1さんの日記」と題した私の連載記事もVol.46となりましたが、毎回情報誌が届く度に、見開き2ページに書いた原稿を読み直し、自分の非力さを嘆いています。

今回の特集テーマは「地域づくりと人づくりを押し上げる高校、~”魅力を発信“地域の中心に高校がある~」ですが、執筆者それぞれが高校生を視点に想いを書いていて、読み応えのある記事が沢山載っています。編集を担当した和田健太郎研究員の「はじめに」と「編集後記」に凝縮された想いも書かれています。

 ひところの高校生は、高校生=悪ガキって印象が強かったと思いますが、最近の高校生はとても真面目です。昔に比べ多少元気がないのは気がかりですが、20歳だった成人の概念が崩れ、18歳で選挙権が与えられるなど、確実に体力体位や知能は早熟へと向かっています。しかし一方で社会性はむしろ未熟で、早熟と未熟の混在化した高校生をどう導くかは、これまた大きな課題のようです。

高校生のエネルギッシュなパワーを、活力を失いつつある地域づくりに生かせば、未来の扉は確実に開きます。さて問題は高校生の前にある社会や、前にいる大人がどうあるべきか、これまた古くも新しいテーマが浮かび上がってきました。

「舞たうん 連載執筆 しているが 自分の非力 いつも嘆いて」

「今号の テーマは若い 高校生 地域の資源 生かし宝に」

「高校生 悪ガキ時代 とうに過ぎ 今は真面目で 早熟してる」

「早熟と 未熟混在 高校生 社会や大人 しっかりせねば」

 

[ この記事をシェアする ]