人間牧場

〇稲藁をいただく

 わが家の下の田んぼではこの2~3日稲刈りが行なわれていました。コンバインや稲刈り機が故障したらしく、奥さんとご主人の2人が朝早くから夜遅くまで、広い田んぼをまるで這うように鎌で稲を手刈りしていました。聞けばコンバインや稲刈り機は中古を買って使っているため、故障すると修理のための部品がないそうで、新品は勿論のこと中古でも農機具はかなり高いので、買い換える経済的な余力もないので、老後のこれからのことを思うと、お米を買って食べた方が安くつくので、そろそろお米を作るのを止める潮時だと肩を落としていました。

雨に濡れないようビニールハウスにしまった稲藁

 ご主人も奥さんも私と同じ年齢なので、農機具さえあればまだまだと思われますが、最近奥さんの腰の具合が余りよくないようで、日ごろ奥さんは腰を曲げて農作業をしていますが、昨日の夕方は2~3日の重労働がたたって、腰を延ばすことができず、杖をついて作業する姿は傍で見ていても痛々しく感じました。折から少し雨がパラつき始めましたが、何とか夕方までに作業を終えたようで、難儀難儀動いた古いコンバインに、ブルーシートがかけられ一夜が明けたようですが、稲刈りの終った田圃も夜来の雨にしっとりと濡れていました。

 昨日の夕方、その田圃で毎年菜園に使う稲藁を貰っているので、稲落としした稲藁を集めてビニール紐で縛り、束にして一輪車で家まで持ち帰りました。モミを落とした稲藁は手刈りで束になっていないため不揃いで、集めるのに一苦労しましたが、一抱えほどの10束を、とりあえず雨に遭わぬようビニールハウスの中へ持ち込みました。稲藁はまだ乾燥が出来ていないので、日中高温になるビニールハウスでじっくり乾燥させたら、納屋にしまって来年の初夏、スイカやカボチャの敷き藁にする予定です。農作業はもう来年を視野にエンドレスの作業が始まっています。

  「下田圃 あれこれ農機具 故障して 今年は手刈り 見ていて難儀」

  「農機具を 高いお金で 買う余裕 ないから止める 動機複雑」

  「モミ落し 終えた稲藁 貰い受け ビニールハウス 入れて乾燥」

  「今朝は雨 稲刈り終えた 田圃には トンボが飛んで ホッと一息」

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇わくわく生活体験夕焼け村が始まりました

 双海町では小学4年生~6年生を対象に一週間(9月2日~9月8日)、家に帰らず宿泊所と学校を往復するわくわく生活体験夕焼け村が開催され、昨日から始まりました。子どもたちは衣装ケースまで運び込む本格的な生活体験で、どんな成長をするのか多少不安ながらとても楽しみにしています。

夕焼け村の伝統看板

かまどでご飯を炊く子どもたち

  わが家の小学4年の孫希心も、少し苦痛があることも分らず喜んで参加しています。母親は準備をしながら、はてさてみんなと仲よく生活が出来るのだろうかと心配しているようですが、親も子も自立の第一歩なので失敗もまた大事な体験だと、元気に送り出しました。

シンボル旗が完成しくつろぐ子どもたち

 私も実行委員長をしているし、初日の夕方「夕日の話」の講話を頼まれていたので、午後3時に単車に木になるかばんを積んで出かけました。子どもたちは既に出来上がった旗の周りに寝転んで、記念の写真を取ったり、ゲームをしてすっかり打ち解けていました。

衣装ケース一杯の荷物

 そのうちカレー用具材の調理班とかまどご飯を炊く班に別れ、夕食の準備をしました。私もかまどご飯を炊く班に加わり、多少お手伝いをしましたが、短い時間ながらこげもせず、ほぼ完璧にご飯が炊けました。そのうち野菜たっぷりのカレーも出来上がり、楽しみな夕食が始まりました。昨日の調理当番は更生保護女性会で、いつもの顔ぶれがしっかりとサポートしてくれました。

楽しい夕食はカレーでした

食欲旺盛、はがまのご飯が空になりました。

宿泊所は潮風ふれあいの館です

綺麗な夕日が見えました

 6時20分から屋外に出て、綺麗な夕日夕やけを見ながら、私が約40分間「夕日の話」を想いを込めて話しました。夕日と夕焼けの違い、双海の夕日は何処の国の朝日?、日没の時間、日没時間の年間変化、沖合いに見える島々の名前、恋人岬のモニュメントの話、下灘駅の夕焼けコンサートなどを話して、最後は手持ちのハーモニカで赤とんぼ、ぎんぎんぎらきら、夕やけこやけなど数曲を吹きました。次回の私の出番は9月7日さよならパーティです。

  「今年も 通学合宿 始まった 衣装ケースに 荷物いっぱい」

  「子も親も 離れて分る 存在に 気付いて欲しい それを願って」

  「かまど飯 ほぼ完璧に 炊けました さすが双海の 子どもは違う」

  「沈み行く 夕日見ながら あれやこれ 最後は自慢の ハーモニカ吹く」

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇研修会の事前打ち合わせ

 11月21日に松山市のコムズで開かれる予定の、コープえひめくらしの見直し講演会についての打ち合わせのため、一昨日LPAの女性お2人がわが家へ見えられました。LPAとはライフプラン・アドバイザーのことらしく、どうやら私が金融広報アドバイザーをしていることもあって、白羽の矢が立ったようでした。

打ち合わせするコープの女性LPAさん

 私は講演の事前組み立て、特にレジメを用意して欲しいといわれるのは苦手で、どちらかというとアドリブで思いつくまま話すのが得意ですが、予定されている2時間を、しかも小学生と母親の親子学習となるとそんなことも言っておられず、ワークショップ形式の学習会の大まかな組み立てを提示し、ゲストハウスにしている煙会所で約一時間ほど打ち合わせをさせてもらいました。

 お金には縁の薄い自称貧乏人の私ですが、若い頃からライフプランだけはしっかりと学習実践していて、今日の私があるのは若い頃に立てた、ライフプランのお蔭だと思うほどなので、話は尽きないほどあります。はてさて年齢差の大きい親と小学生にどんなメッセージを出せばいいのか、悩ましい研修会が待ち受けています。

 ふと先日あなたの職業は?」と尋ねられて、「ドキリ」として即答できませんでした。60歳でしがない田舎の地方公務員を定年退職してから自由人となり、12年があっという間に過ぎました。講演会などでの肩書きは「人間牧場主・年輪塾塾長」などを好んで使っていますが、肩書きと職業は違うので、寂しいけれど「無職」というのが正しいようです。「無職か~」と少し寂しくなりました。

  「LPA 2人の女性 やて来る ゲストハウスで 囲炉裏囲んで」

  「お金には ご縁の薄い 貧乏人 何故か金融 アドバイザーです」

  「気が重い だけど楽しみ 講演会 さてどうするか? 思案めぐらす」

  「『職業は?』 聞かれてドキリ 即答に 戸惑う私 無職透明」

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇私の愛車ヤマハメイト

 町内の近くに出かける時は、ちょっと便利な私の愛車ヤマハメイトに乗っています。夏は暑いし、冬は寒いと単車に乗る機会はそんなに多くありませんが、それでも欠かせない乗り物です。この単車は2代目ですがとにかく丈夫で、パンク以外エンジン等は故障知らずで、昨日はエンジンオイルを入れて貰いに、近くの源田モータースへ行きました。

私の愛車

 「もう20年以上も乗っているし、少しくたびれてきたようなので、そろそろお払い箱かな」と、店員さんに話しかけると、「この単車はもう造っていない2サイクルの貴重なものなので、まだまだ十分使えますから大事に乗って下さい」と逆に励まされ、オートルーブオイルを入れてくれました。私は若い頃7キロ離れた役場まで8年間も単車で通勤しました。特に雪のちらつく冬や雨降りの時は大変でしたが、今となってはいい思い出です。

 現在乗っているヤマハメイトは2台目ですが、自分の人生の大半の約50年間を、2台の単車で過せたのですからこれは凄い乗り物です。「もう傷んでも替える部品がありませんので大事に」と店員さんに言われました。ガソリンも満タンにしたし、エンジンオイルも入れたし、さあ秋晴れの夕やけこやけラインを、秋風を切って颯爽と走りましょうか。

  「この単車 20年間 使ってる パンク以外は 故障もせずに」

  「人生の 大半およそ 50年 2台の単車 私を乗せて」

  「その昔 『乗ってる乗ってる ヤマハメイト メイトに乗れば 安上がり』」

  「今日あたり 夕やけこやけ 海の道 風きり走ろう 若者ぶって」

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇サツマイモ・大でサ根・ミョウガ

 昨日妻にせがまれ、家庭菜園のサツマイモ畑でサツマイモを掘りました。残暑厳しいこの時期にサツマイモを掘るのは少し早いような気もしましたが、珍しい間に食べるのが一番と思って掘って見ました。ツルを切り黒いビニールのマルチを剥いで、2ツル掘りました。品種は鳴門金時なので、土の中から真っ赤なかなり大きいサツマイモが出てきました。昨日の夕食のメニューはナス、タマネギのかき揚げ天ぷらでしたが、サツマイモの天ぷらも仲間入りをしていて、黄色いカロチンいっぱいのサツマイモの天ぷらを、息子の台所へもお裾分けして、とても美味しく食べました。

 昨日は近所の種物店へ大根の種を買いに出かけました。種物店の奥さんと世間話をしながら野菜づくりの手ほどきを受けて帰り、早速ひと畝だけ大根の種を蒔きました。種を土の中へ埋めた上に籾殻を振り撒き、豚糞振ってジョロでたっぷり水をかけ、小鳥に食べられないようテグスを張って一丁上がりです。私が毎年大根種蒔きの目安としているのは、旧暦で210日から220日の間です。今年の210日は今日9月1日です。一日早いと思いながら蒔きました。多分貝割れのような芽が4~5日すれば発芽するものと思われます。残りの種は4~5日中に蒔こうと思っています。

収獲したミョウガ

 昨日裏庭のミョウガの茎の茂った下を覗いて見ると、秋ミョウガが乳白色の花を咲かせて出ていました。この時期はアシナガバチがあちこちに巣をしているので、注意をしながらとりあえず昨日の夕食で食べる程度の量をゲットしましたが、素麺の薬味や刻んで味噌和えにしたものが食卓に並び、食欲が増して、少し食べ過ぎてしまいました。「ミョウガを食べると忘れ状が良くなる」と昔から言われていますが、私も妻ももう体内の記憶装置はかなり痛んでいるので、ミョウガのせいにしてせっせと食べたいと思っています。ひと雨降ったら大量に出るので、甘酢漬けも楽しみです。

  「サツマイモ 少し早いが 掘ってみた ついてるついてる 大きな芋が」

  「大根の 種蒔く季節 やって来た 210日だ そろそろ蒔こう」

  「裏庭の ミョウガの茎の 下見ると 花咲くミョウガ 沢山生えて」

  「秋が来た 夏の名残を 楽しみつ 畑仕事で 大汗流す」

Posted in 人間牧場 | コメント数 2

人間牧場

〇梅干しの漬け込み

 天気が安定せず少し遅くなりましたが、三日三晩の梅の土用干しを、雨に遭わすこともなく無事終えることができたので、昨日は夕方から妻と2人で梅の漬け込みを行ないました。まず漬け込み用の広口瓶を熱湯でよく洗い、陰干しして水気を取り、中庭に干していた梅干を順次広口瓶の9分目近くまで入れました。

本漬けした梅干し

 続いて塩漬けした赤紫蘇を入れて、その上から梅酢を梅がヒタヒタになるまで入れて中蓋・上蓋を閉めて出来上がりです。梅干しは梅酢も塩分を含んでいるので、終った広口瓶を水場まで持って行って、水をかけて表面を洗い流し、縁側に置いて一晩水気を切りました。これでやっと一段落です。

 今朝はその上にナイロン袋を被せ、冷暗な地下室へ収納して熟成させました。塩漬けした梅を土用干しし、紫蘇と梅酢で漬け込んでも、まろやかな味に仕上がるのは一年後です。私は殆ど毎日梅干しを一個食べます。梅干は健康にいい反面、塩分の多い食品なので、食べ過ぎないようにしなければなりません。自給率100%の梅干しを、しっかり楽しみたいと思います。ちなみに今年は8ℓ瓶に5本出来ました。

  「土用干し 三日三晩が 経ちました 広口瓶に 漬け込みました」

  「赤紫蘇に 染まり綺麗な 梅干しに 地下室入れて 一年熟成」

  「梅干しを 漬けて今年の 夏終わる 今朝は3年 熟成食べる」

  「おじいちゃん 僕は梅干し 大好きと 嬉しい孫の 一言励み」 

 

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇ホラ吹きとハーモニカ吹き

 出来もしないことをさも出来るように喋ることを「ホラ吹き」といいます。田舎ではそんな人を「大鉄砲」と呼び、余り信用されないので、そんな人にはならないよう親から注意をされて育ちました。ゆえに言うからには必ず実行することを目標に頑張っているつもりです。

角笛を吹く

 「1(1日1回のウンコ)・10(1日10人の人に会い話をする)・100(1日100文字書く)・1000(1日1000文字読む)・10000(1日10000歩歩く)運動」も、人から見れば他愛ないことですが、もう10年も続けているし、毎日ハガキ3枚を書くこと25年間継続や、シーサイド公園の1日3時間の掃除も、小さなことですが12年間続けました。

ハーモニカを吹く私

 私はホラ吹きではありませんが、人間牧場ではホンマ物のホラを吹いたり、ハーモニカを吹いて、訪れた人を和ませています。ホラ笛ならぬ角笛は人間牧場へやって来た東南アジアの人がお土産にくれたものです。ハーモニカはNHKBSテレビ番組「日本列島1万2千キロの旅」にJR下灘駅で出演した折、NHKが用意してくれたスズキの4本組ハーモニカです。

 音を出すと人は振り向いてくれます。口いっぱいに吸い込んだ息を唇で震わせて吹く角笛は単音ですが、ハーモニカは吸ったり吐いたりする息が、ハーモニカの内蔵短冊を揺らして音楽となるのです。残念なことに日本の学校教育の現場からハーモニカが姿を消しました。ゆえにハーモニカの歴史的価値が高まり、みんな懐かしそうに聞きながら、時には音楽に合わせて歌ってくれたりするのです。平成ゆえ昭和も少し古くなりました。

  「お土産に 貰った角笛 吹いてみる 人間牧場 山谷こだます」

  「ホラ吹きと 言われないよう 気をつけて 小さなことを コツコツ実行」

  「ハモニカ 取って代わられ リコーダー 世の中変った 私は古い」

  「ああそうか 私は昭和 今平成 ポンコツ寸前 どうして生きよう」

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇砥石で包丁を研ぐ

 私たちは毎日料理を作り、食べて暮らしています。その主役は妻で、私などは厨房に入ることもなく、妻の作ってくれた料理を、美味いだの不味いだの、また甘いだの辛いだのと文句を言いながら食べています。時々妻が私に「お父さん包丁が切れなくなったので研いで!!」とせがみます。その都度いつも使っている砥石で研いでやりますが、私も魚料理用の包丁を2~3本持っており、魚をいただく度にまず包丁を研いでからかかるのです。

砥石で若嫁愛用の包丁2本を研ぎました

 最近いつも使っている砥石が痩せ細ってしまっていたので、新しい砥石を買いたいと思っていました。2~3日前ホームセンターへ立ち寄り、粗砥石と仕上げ砥石が裏表になっている優れものと思われる砥石を2千5百円で買いました。「二兎を追うものは一兎も得ず」の例えもあるので多少迷いましたが、買った以上は使わねばと思い、早速ボールに水を張り砥石を沈めて水をたっぷり含ませ、妻愛用の包丁を2本研ぎました。

 それを見ていた若嫁が、「お父さん、私の包丁も研いで下さい」と出刃包丁と刺身包丁2本を渡されました。若嫁の包丁はより念を入れて研いでやりました。夕方若嫁は仕事から帰りに刺身用のブリ短冊を買って帰ったようで、息子家族の食卓には切れ味鋭い研いだばかりのよく切れる包丁で切ったと思われる刺身が乗っていました。若嫁は「お父さん、切れ味抜群です」と、誉め言葉を含めてお礼を言われました。

 いい砥石を手に入れたので、これからは暇を見つけて包丁は勿論のこと、親父が残してくれたカンナやノミなどの日曜大工道具も少しずつ研いで、手入れしたいと思っています。砥石で刃物を研ぐには、正しい研ぎ方を勉強しないといけません。買った砥石の箱に粗方の研ぎ方が書かれていたので興味深く読み、初めて研ぎ方のイロハを覚えました。さあどんな効果が待っていることでしょう。

  「痩せ砥石 そろそろ買おう 思ってた ホームセンター 立ち寄りゲット」

  「粗砥石 仕上げ砥石の 兼用を 疑問思いつ 買ってしまった」

  「若嫁に 頼まれ包丁 研ぎました 早速刺身 よく切れ絶賛」

  「暇見つけ 親父譲りの 道具類 手入れしようと 殊勝に思う」

Posted in 人間牧場 | コメント数 1

人間牧場

〇何という花でしょうか?

 見よう見真似の自己流で始めた今年の庭木の剪定も一応終わり、庭は少しだけ格調が高くなったような気がしています。昨日は日曜日だったので、妻が玄関先庭の下草を引いていましたが、ツツジに絡まった野生のツルに白い花が咲いているのを見つけて、取るべきか取らざるべきか迷って、菜園で仕事をしていた私を呼びに来ました。何という花かも分らないその花は真っ白で、しかもジャスミンの花のようにいい香りを漂わせていました。

名前も分らぬ白い花

 本来ならツツジを守るために、絡みついた野生のツルは取り除くべきでしょうが、結局2人だけのにわか花見となり、花が終わるまでこのままにして楽しむことにしました。私たちの身の回りにはこのように、野の花が沢山あります。ジュウヤクの白い花も、ツユクサの目の冷めるような青い花も、全て雑草なので花を楽しむこともなく、引き抜かれる運命を辿りますが、野趣溢れるこれらの花々も、一輪挿しに挿して机に置けば、立派なインテリアになって、日々の暮らしに彩りを添えてくれるのです。

 名前も分らぬ白い花
 ツツジに絡まりそっと咲く
 まるでジャスミンいい香り
 このまま夏の思い出に
 残しておこう白い花 

  「庭先に ツツジからまり そっと咲く 雑草処分 するのは惜しい」

  「白い花 花を近付け 香り嗅ぐ まるでジャスミン 癒してくれる」

  「名前さえ 分らぬ花が あちこちに 咲いて季節を 知らせるように」

  「野の花を 摘んで一輪 挿してみる 部屋に残暑の 風少しだけ」

Posted in 人間牧場 | コメント数 2

人間牧場

〇松山五行歌作品展

 伊予鉄高島屋南館3階のギャラリーで、松山五行歌作品展が開催されているので、今治からの帰り道、同行の松本さんと米湊さんを誘い、見学に行きました。お2人は昨年も松山で開かれた公友会の帰り道、一緒に見学してくれたので今年で2回目です。

伊予鉄高島屋で開かれている松山五行歌作品展

私の作品

 私も松山五行歌の末席を汚す劣等生ながら、2つの作品を大先輩の玉井恭介さんに制作依頼して出品しているので、顔を出さない訳には行きませんが、松本さんや米湊さんに見せるほどの五行歌でもないので、少々恥らいながらの同行でした。

 玉井さんは県立宇和島水産高校漁業科の大先輩ですが、絵を画いて良し、歌を歌って良し、字を書いて良しと、多芸な才能を持っている、私にとっては羨ましい人です。今回の作品も手書きの文字や絵をしっかりと書き込んで表現してくれていました。

 残念ながら主宰の見山あつこさんとはすれ違いでお会いすることはできませんでしたが、展示室の作品を見学した後、作品展のお世話をしている方々と言葉を交わし、芳名録に名前と住所を記入して会場を後にしました。皆さんの作品に比べると、私の作品等は枯れ木も山の賑わいって感じで、少々赤面の手合いでした。

  「今年も 友人誘い 五行歌の 作品展を デパートで見る」

  「先輩に 今年も展示 作品の 製作依頼 立派仕上がる」

  「他の人の 作品見たが 私のは 滑稽過ぎて 比べようなし」

  「まあいいか 枯れ木も山の 賑わい

と 顔を赤らめ 名簿に記帳」

Posted in 人間牧場 | コメントはこちらから
« Older
Newer »