人間牧場

〇ジャガイモの根寄せ

 すっかり春めき、自宅の書斎窓から見える本尊山界隈は新緑燃えるように衣替えをして、毎朝清々しい気持ちで朝の空気を吸っています。それでも早朝は少しひんやりした空気に包まれていますが、書斎に置いたストーブには今週から火を入れることもなく過ごしていて、そろそろストーブの油を抜き、空焚きして倉庫にしまおうと思っています。
 晩秋から妻の勧めで始めた下ズボン(パッチ)着用も、長袖のヒートテック着用も、今週から春着に衣替えをしようと決意し、とりあえず下ズボンは虫が脱皮するように脱ぎましたが、やはり朝の冷気は身に染みて、妻から「年寄りの冷や水」と笑われています。

 氏神様の春祭りを間近に控え、そろそろ夏野菜の苗物を植える準備をしなければならない時期になりました。毎年のことながら友人の水口マリ子さんに電話をして、苗物を注文し買いに行きたいと思っています。そのために地ごしらえをしようと思いつき、冬野菜として楽しんだ花が咲いている春菊やホウレンソウの残菜を雑草とともに取り除いて片付けました。地中深く根を張ったこれら残菜を引き抜いたり、ハコベなどの雑草を取り除く作業は一苦労で、思わぬ大汗をかいてしまいましたが、耕運機を掛けてすっかり見違えるような新地になり、いつでも苗物を植えれるよう準備が整いました。
 今年もナスやトマトをメインにして、インゲンやオクラ、ピーマン、シシトウ、カボチャに加え、ツルなしツルありインゲンやトウモロコシも作ろうと思っています。

根寄せの終わったジャガイモ畑

根寄せの終わったジャガイモ畑

 今畑の大半は昨秋植えたタマネギと、春に植えたジャガイモが占有していますが、小まめに芽をかいだジャガイモが一気に大きくなり始め、今のところ順調に育っているようです。新聞によると宇和島遊子の段々畑では早掘りのジャガイモの収穫が始まったそうですが、わが町は気温の低い瀬戸内に面しているため、ジャガイモもやっと芽を出し始めた程度です。でもこのところの陽気に誘われて日増しに緑色の部分が増え始めました。昨日はジャガイモの根寄せをしました。生え始めた雑草を鍬で削りながら土を畝の高い部分に根寄せして行くのです。こうすれば芽かき作業とともに、白い肌のジャガイモが大きく育つのです。今年は一畝だけ黒いビニールシートのマルチをかけてみました。マルチを敷いたジャガイモは、保温効果なのか他の畝とは比べ物にならないほど大きく育っているようなので、根寄せや草取りもせずに済むので、来年はこの方法で作ろうかと思っています。もう間もなくジャガイモとタマネギを使った肉じゃがが食べれると、楽しみにして根寄せ作業を行い、すっかり綺麗になりました。

  「春植えの 準備おさおさ 農作業 麦藁帽子 日除けのつもり」

  「マルチかけ 太陽恵み いただいて ジャガイモ順調 育っているよう」

  「体力が 落ちているのか 鍬を持つ 手と腰痛み 時々休む」

  「氏神の 祭り近づき せかされて 畑耕す 今年も元気」 

Posted in 人間牧場 | 人間牧場 はコメントを受け付けていません。