shin-1さんの日記

○庭先に小さい秋を見つけました

 わが家の庭にも遅い秋が訪れ、窓越しに見える風景は私の心を癒してくれます。海に面した双海の秋は何といってもそこここに自生しているツワブキの黄色いかれんな花です。じっと見ていると目の覚めるような黄色で、抜けるような秋の空や夕日に映えると少し物悲しく見えるのもこの季節ゆえの風情でしょう。野の花ゆえに派手さはありませんが、行く秋を惜しむように人知れずひっそりと咲くツワブキの花は、水仙とともに清楚で大好きな花の一つなのです。

若松進一ブログ

 庭の後ろは斜面になっていますが、春先から秋口まで何度か草刈り機で刈り払っているにもかかわらず、生き延びたように野菊やヨメナが綺麗な花を咲かせています。野菊もまだ清楚な花で、時々摘んで一輪ざしに挿して楽しんでいます。野菊は香りが強くたった一輪ほどでも部屋中かぐわしい香りを漂わせてくれます。野の花は野で見るから美しいと言われているので、余り摘みませんが、それでも野の花は小さな一輪ざしによく合うので食卓や机の上、時には来客をもてなす煙会所の茶花としても重宝して使っています。

若松進一ブログ

 小さい秋といえばわが書斎の掃き出し窓の向こうに大きな石つきシノブがこのところの朝夕の冷え込みで少しずつ紅葉し始めました。もう40年も前に下灘黒山から一握りほど採集して帰ったものがどんどん増えて株分けし、その一部を親父が庭石に網で縛りつけておいたものですが、今ではしっかりと岩にへばりついて季節を感じさせてくれているのです。シノブにはトキワシノブという年中青いものもありますが、わが家のシノブは落葉シノブなのです。春にゼンマイのような葉っぱを出したシノブはやがてシダと同じ葉っぱを広げ目の覚めるような緑に変わります。そして夏中茂り、秋には見事に紅葉して葉っぱを落とすのです。深山幽谷を連想するようなわが家の庭の石つきシノブは、これから次第に紅葉して私の芽を楽しませてくれることでしょう。

若松進一ブログ
(色づき始めた庭の石つきシノブ)

 早いもので10月もあと二日で終わりです。今年もあと2カ月で正月です。急ぎ早に深まる秋をもう少し楽しもうと思っていますが、やがて迎える11月は県外への旅が何度も予定されていて、秋を愛でる暇もないほどですが、65歳の秋は一度きりだと心に決めて楽しもうと思っています。

 そういえば、私が借景として楽しんでいる目の前の本尊山の山々の松の木が紅葉と目を疑うほど枯れています。多分この山の松はもう全滅するのではないかと思うほどです。せっかくいい山だと次男し楽しんでいたのに少々残念でなりません。

  「松などが 枯れたところで 気にもせず 人は行く秋 楽しみもせず」

  「庭先に 小さい秋を 見つけたり 六十五歳の 秋が過ぎゆく」

  「野の花は 清楚がゆえに 美しい タダひっそりと 誰見るでなく」

  「一握り 山採りシノブ 四十年 こんなに増えて 今年も紅葉」

Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。

shin-1さんの日記

○行く人あり来る人あり

 日本をかすめた台風20号は時速100キロという信じられない早さで足早にはるか北の海へ去って行き、変わって秋の高気圧が張り出してきました。昨日から爽やかな秋晴れです。しかし日本列島は狭いと言いながら東西南北に細長く、友人と旅をしている島根県雲南市の松島さんから昨日電話が入り、北海道は凄い荒れようだったようで、楽しみにしていたアイヌの祭りも中止になったようでした。松島さんは釧路湿原を見に行ったある場所で、私の名前の入ったポスターを偶然にも見つけたようで、懐かしさのあまりに電話してくれたのです。

 そうなんです。私は今週末10月30日釧路青年会議所が主催するくしろ夕日プロジェクト2009「くしろ夕日シンポジウム」の基調講演に招かれていて、明日空路松山~羽田~釧路へ旅立つのです。これまでにも夕日と言えば四国えひめの若松に聞けと言わんばかりに、島根県松江市などへお邪魔していますが、今回もお言葉に甘えて忙しいスケジュールを調整して僅か一泊二日の北海道への旅と相成ったのです。

 そんなこんなで相変わらず日本列島講演一人旅を木になるカバンを持って楽しんでいますが、このように私が行く旅もあれば、人が私やわが町を訪ねて来る旅もあるのですから世の中は面白いものです。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

若松進一ブログ

 昨日はえひめ地域政策研究センターの松本さんの依頼で、研修を受け入れました。松本さんは今年度地域活性化センターの主催する地域づくり塾に参加していますが、その現地研修を受け入れたのです。一行は全て自治体職員で、内子や保内を訪ね帰りに双海を訪ねるスケジュールのようでした。午前中大学の授業があったので、終了後急いでシーサイド公園まで引き返し、昼食会食をしながら私の話を聞いてもらいました。また公園内を歩きながら話したり、イベントホールで少し議論をして束の間の研修を終え飛行場へと向かわれました。


 私もこの手の研修には若いころから参加して腕と頭を磨いてきました。残念ながら凡人ゆえ腕も頭も素材が悪いだけに未だ光ってはいませんが、それでも行く先々で出会った人に教えを請い、物まねから始めてそれがいいアイディアを生んでゆくきっかけになったのです。いわば潜在能力を高めれたと思っています。潜在能力はそのままだと知っているだけで何の役にも立たない知識ですが、知識を知恵に置換する能力さえ身につければ、それこそオンリーワンとなって大きな成果を生んで行くのです。

 ゆえに鉄は熱いうちに打たねばなりません。若い人たちはもっともつと旅をして武者修行をして、いつか役に立つ日を迎えて欲しいと思いました。

 「何を求める 風の中ゆく」 山頭火


  「行く人も 来る人もあり それぞれに 何かを求め 風の中ゆく」

  「向かい風 追い風変える 時が来る 同じ風中 風見鳥なる」

  「行政に 身を置く甘え 気がついて タダの学びを 深く戒め」

  「飯食った お土産買った 潤った 地域活性 視察効果だ」 

Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。