shin-1さんの日記

○観光立国教育セミナー

 これまでの学校教育で観光についての授業など聞いたことも見たこともない私に、先日観光立国教育セミナーで講話をして欲しいというお誘いがあり、昨日その集会に出かけて行きました。観光カリスマという称号をいただいている人たちの末席を汚すものとして、観光振興や普及はその仕事の領域なのですが、はてさてどんな話をすればいいのか戸惑いました。観光の話は領域も広くて深く専門的な話をすれば切りがないのです、でも学校の先生たちに観光についての基礎教育を論じるよりも、小さな双海町という町が夕日をテーマにして観光に取り組んだ20年を話した方がいいと思い、思いつくままに50分間お話をさせてもらいました。

若松進一ブログ
(TOSSの主催によるセミナーのチラシ)

 私の講和に先立って、先生たちが各自治体のテキストを活用した模擬授業を短くコンパクトにおさめて模擬授業されました。いやあ驚きです。電子黒板というのも初めて見ましたが、中々面白い授業でした。また最先端の技術を駆使した観光立国授業は、グーグルアースを使って目の覚めるような取り組みを目の当たりにしました。

 平成の大合併によって70市町村が20市町になりました。これまでの観光に対する取り組みは、松山や大洲、それに内子のように観光資源の多い街で先進的に行われてきましたが、それ以外の市町では未だ観光に対する取り組みさえやっていないに等しい地域もありバラバラなので、行政のトップに聞かせてあげたいような話でした。

 日本が観光に目覚めたのは小泉首相が観光立国を提唱してからでした。日本人が観光で外国へ行くことは当り前の時代になってきました。しかし京都や東京などの観光地を除けば地方都市へ外国から外国人が観光にやって来ることは少ないのです。そのアンバランスを調整してもっと日本のよさを外国人にも知ってもらい、経済的に潤おうと考えたのが観光立国構想の狙いなのです。

若松進一ブログ

 観光について子どもたちに教えることは、取りも直さず自分の住んでいるところのよさを見つけ、自分のふるさとに誇りを持たせることです。これまでの教育は向都離村の養育が主流でした。親も自分の町を「つまらない町だから勉強して都会へ出て働いて出世せよ」と卑下し、叱咤激励してきたのです。結果的に働く場所も限られていたこともあって、みんなが都会を目指した揚句過疎になって、学校が廃校になり、限界集落が沢山できて暗い影を落としているのです。

 私の町もそんな運命をたどっていますが、少しだけ違うのは少しだけ観光に取り組んだ結果、夕日のメッカと言われるシーサイド公園だけでも年間55万人ものの観光客がやってきているのです。観光はまちづくりです。自分たちの町の地域資源を見つけ、それをテーマに物語を作って輝かせる営みなのです。海岸jを清掃することも、国道沿いに美しい四季の花を咲かせることも、ある意味観光地づくりだと思うのです。

 そのことに気づき、団体から個人へ、見せる観光から体験する観光へと変化しつつある観光の動向をよく見極め、観光を経済に結び付けて活性化するような町づくりをして欲しいものです。そしてそのことも併せて子どもたちに教えて欲しいと願っています。


  「観光を 学校授業で 教えると 聞いて嬉しく 講話出かける」

  「凄いなあ 電子黒板 グーグルと パソコン駆使し 進化の授業」

  「観光は 取りも直さず まちづくり わが住む町に 誇りを持って」

  「私でも 出来たのだから 観光地 その気になれば 誰でもできる」


 追伸

 TOSS愛媛の事務局をしているS先生から今日メールで昨日の写真が送られてきました。TOSS愛媛は休日を利用して観光立国教育に関する自主的勉強会を行っているグループです。昨日いただいた沢山の資料も非常に参考になるものが多くありました。あなたも一度覗いてみてはいかがでしょう。ちなみに私の親友であるえひめ地域政策研究センターの松本研究員も当日参加していて驚きました。

若松進一ブログ
(S先生から送られてきた講話する私の画像です)

  


  

Posted in 人間牧場 | コメント数 5

shin-1さんの日記

○今年もサツマイモは豊作でした

若松進一ブログ

 町内や近所の農家では、サツマイモの作付をしたものの、イノシシの被害に遭って収穫ゼロといったお手上げの声を耳にしてきました。人間牧場は頑丈な魚網と沢山のイノシシ脅しに守られて今日まで持ちこたえてきました。昨日の段階では直ぐ横の畑や道をイノシシが荒した後が生々しく残っていただけに、間一髪被害を免れた感じがしました。

 昨日は人間牧場で芋掘りと収穫祭を行いました。あいにくの曇り空で少しの雨が心配される天気予報でしたが、少し肌寒い感じはしたものの風もなく穏やかな一日でした。8時30分総合支所前に集合した子どもたちはいつもの通り車に乗って元気にやってきました。宮栄館長さんのあいさつの後私が、サツマイモの思い出、人間進化論、季節の話などについて少しだけ講話をした後早速芋畑に出て芋掘りに挑戦です。

若松進一ブログ

(まず周りに張り巡らせていた囲い網を取り外しました)

 5月23日、マルチ栽培と稲ワラ栽培を比較するため植えたサツマイモはその後ツルを茂らせ、水やりや除草、それに草刈りなど言い訳程度の肥培管理を公民館職員と私が行って育ててきました。まず周りを囲っていた網を取り払いツルを切りましたが、待ちきれない子どもたちは早々と畑に入り芋を掘っていました。

 今年は沖合に浮かぶ宮本常一ゆかりの山口県周防大島から種イモを取り寄せ、苗床に伏せて大事に育ててきたのです。試し掘りもしないままいきなり収穫作業をしましたが、マルチ栽培と稲ワラ栽培の収穫量はそれほど変わらないようでした。子どもたちは土の中かにサツマイモを見つける度に歓声を上げながら一時間ほど作業をして、約60キロのサツマイモを収穫しました。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

(ころ合いなサツマイモが沢山収穫できました)

 早速採れたばかりのサツマイモを水洗いして芋料理に挑戦しました。今年のメニューは新調なったかまどでサツマイモご飯を炊き、サツマイモの天ぷらと、野草の天ぷらを作るのです。人間牧場の敷地内で採れる野草を私が前もって見本に採集して子どもたちに見せました。後は子どもたちが採集ウォッチングするのです。ノビル、サツマイモの茎、クローバー、ヨモギ、オオバコ、フキ、イタドリ・カズラの芽、タンポポなどなど切りがないほど採れるのです。変わったものではツワブキの花や牧場内にある柿もチップスにするととても美味しいのです。子どもたちは「えっ、こんなものが食べれるの?」と半信半疑でしたが、早速調理し弁当風に盛りつけたパックを一個ずついただきながら「美味しい美味しい」を連発していました。

若松進一ブログ
(子どもたちも料理に挑戦しました)
若松進一ブログ
若松進一ブログ
(野草やサツマイモの天ぷら料理風景)
若松進一ブログ
(出来上がった弁当)

 ウッドデッキの上に敷いたビニールシートの上での昼食には、今年取り組んだハチミツも振る舞いました。サツマイモのケンピ風な料理の上にハチミツを垂らして食べるとまるで大学芋のような味がしました。子どもたちには大好評でした。早速貴重なハチミツを一瓶を商品にしてじゃんけんゲームをしましたが、最後まで残ったのはボランティアで参加した婦人会の前野さんでした。

 かくして今年も多くの人に支えられ、何かと話題の多いプログラムは全て無事終了しましたが、人間牧場の活動も5年目に入り、ある意味実験は成功したように思います。これからは人間牧場で育てた作物を使って色々な料理に挑戦するのも一考です。梅ジュースや梅ジャム、コンニャクづくりなど、昨日の野草の天ぷらと同じようにバリエーションは広がるのです。これからも大人や子どがみんなで楽しい思い出を作りたいと思っています。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

若松進一ブログ

  「芋飯を かまどで炊いて 食べました 美味しい連発 破顔一笑」

  「カマキリも 途中飛び入り デッキにて 収穫祝う 秋の深まり」

  「こんなもの 食べれるかしら 首かしげ 野草天ぷら 美味いうまいと」

  「


Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。