shin-1さんの日記

○人間牧場にも秋がやって来ました

 今日はこのところの忙しさですっかりご無沙汰していた人間牧場へ草刈り作業に出かけました。妻に握り飯3個を握ってもらい、少々のおかずを入れて出発しました。途中町内のガソリンスタンドで草刈り機用の混合ガソリンを4リッター仕入れ、また時々魚を貰う親類の漁師さんにトロ箱の返品と、先日掘ったサツマイモを持って行きました。あいにく留守でしたが、分かるだろと勝手口に置きました。

 今日は一日中天気も良く、ましてや北海道では佐呂間町では氷点下の寒さになったと友人からメールが入ったように、日本列島もこの秋一番の冷え込みになったようです。

若松進一ブログ

 人間牧場は海にせり出すように建っていますが、日向と日影の部分があって、日陰の部分を見つけて草を刈ると暑くもなく丁度よいのです。このところ温度が下がったためか藪蚊もなく快適順調に草刈り作業は進んで行きました。草刈り作業中は戸外ながらエンジン音がかなり高いため、携帯電話の音が聞きとれないので、バイブにしていましたが、午前中に7本、午後に8本、合計15本の電話が入りました。そのいくつかは着信表示で、休憩中に相手を呼び出し連絡を取りましたが、携帯電話で要件は片付くものの作業効率が悪く、その都度エンジンを止めての対応を余儀なくされるのです。作業中故予定表も持っていないのでかなりあやふやな返答をしたものもあるようです。

若松進一ブログ

 今日は草刈りの度に草刈り機の邪魔になる枯れて地上に横たわっている木々や小枝を広場まで運び野焼きをしました。こうすれば草刈り作業中に焼却処分ができるのです。沢山集めた枯れ木も帰るころには全て燃え尽き灰になっていたようです。

 人間牧場には秋の気配が漂っています。今年の春草刈り十字軍がやってきて草を刈った折、大洲市田処の亀本さんが親株から出ている枯れた茅を刈り取ってくれたものが、遅ればせながら綺麗にススキの穂を出し秋の訪れを告げていました。まるで花瓶に活けた活け花のようで見事でした。

若松進一ブログ
若松進一ブログ

 また、春の新芽をお茶に加工したお茶の木には無数の花が咲いて、ほのかなお茶の匂いを漂わせていました。真っ白なな花の雌しべは黄色でそのコントラスは秋の青空に見事にマッチしていました。ツワブキの黄色い花も少し花が開いてきたようで、いよいよ秋本番なのです。

 草刈りは午前9時から午後4時まで、一生懸命やったお陰で随分はかどり、前回の草刈りから間がないこともあって背丈も短く凄いスピードで進んで行きました。後少しのところで妻から電話が入り帰りに親類の漁師さん宅へ立ち寄ってお魚をいただいて帰るように伝言されました。

 今週の土曜日にはかまどの火入れ、来週には沢山の人たちが人間牧場へやってきます。綺麗に散髪したように見える人間牧場を楽しんでほしいと持っています。


  「今年また 季節巡りて 秋来たり ススキ茶の花 青空映えて」

  「ほどほどの 涼しさゆえに 藪蚊さえ 何処へ行ったか 姿も見えず」

  「さあこれで 客人来ても 恥かかず 牧場説明 力がこもる」

  「携帯も 便利なようで 手を取られ 都度にエンジン 止めては話す」

Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。

shin-1さんの日記

○日本銀行松山支店長さんにお会いしました

 日本銀行といえば「お金を発行している所」くらいしか知らず、私たちの日々の暮らしとは直接関係のないように思える銀行なのですが、その政策業務一覧を見ると、金融政策、金融システムの安定、決済システム・市場基盤、銀行券・貨幣の発行、国庫・国債・対政府取引、国際金融、調査研究、統計、対外説明・広報、災害対策・業務継続などなど、実に多彩にして幅広い仕事をこなしている銀行なのです。

 全国には9ブロック毎に32の支店と10の事務所があって、東京にある日本銀行本店とネットワークされているのです。私たちに最も身近な四国には高松、高知、松山の3つの支店と徳島に事務所がありますが、私は松山支店にちょくちょくお邪魔しているのです。

 「あなたのような貧乏人が何で・・・」と言われそうですが、実は私と日本銀行松山支店とはかなり長い関係なのです。最初の出会いは日本銀行松山支店内に貯蓄推進委員会というのがあって、その委員会が貯蓄運動を推進していて、当時公民館主事をしていた私はこの運動を推進したり、委員会にあるフィルムライブラリーから映画のフィルムを借りて盛んに活用していました。また貯蓄推進実践地区に指定されると3年間財政的支援や資料配布などの指導支援を受けられることから、漁協婦人部などを実践地区に推薦指定してもらい、私は地区推進員としてその指導に当たり、研究集会などに出て積極的に発言していたのです。

 その姿が推進委員会事務局の目にとまったのか、昭和51年に貯蓄一般推進員に推されたのです。その後貯蓄推進委員会は時代の流れに合わなくなったため金融広報委員会と改名し、貯蓄推進員も金融広報アドバイザーと呼ばれるようになったのですが、私は公民館~産業課~企画調整室~地域振興課~教育長~リタイヤと所属部署や環境が変わりながらも、一貫して30年を超えてこの運動に携わってきたのです。貯蓄推進員になった私は全国で一番若い部類の推進員として注目を集めましたが、今は65歳になってロートルのそしりを免れなくなって、そろそろ引退をせねばと思っています。でもこの運動は年齢でするものでもないので、周りを見ると年齢的や気力的にはまだ少し余裕があるのかも知れないのです。

若松進一ブログ
(秋山日本銀行松山支店長さんとともに)

 昨日はその金融広報アドバイザーの研修会が日本銀行松山支店内の会議室でありました。演劇鑑賞や飲み会などご入魂にしていただいていた丹治前支店長さんが北九州支店に異動になり、本店から新しい支店長さんが来られました。私の都合でまだ一度もお目にかかっていなかったので、同席したのを機会に名刺交換させてもらい懇談しました。新聞やテレビでしか拝見していませんでしたが、秋山支店長さんも気さくな方で、既に県内各地を回られているようで、シーサイド公園にも立ち寄られた話をされていました。

 昨日の研修会の講師であるえひめ産業振興財団プロジェクトマネージャー渡邊憲一さんの酒席話しも、中々面白く参考になるお話でした。

若松進一ブログ
(楽しい酒席話しの講演をする渡邊さん)

  「三十年 あっという間に 高齢者 そろそろ荷物 降ろす日近し」

  「貧乏な 私が何故に 日銀へ これまた不思議 自分で思う」

  「支店長 知識と知恵の 塊りで 愛媛グイグイ 牽引願う」

  「この仕事 私一番 得をした 設計通り 人生生きれて」

 

Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。