shin-1さんの日記

○集落問題勉強会

 「集落問題を考える会」の定例会が昨晩中山町佐礼谷犬寄にあるゴリラハウスで行われました。まるで動物園のオリの名前のような施設名に最初は私も戸惑いましたが、春のひな祭り行事が行われた折妻と二人で訪ねていて二度目なので驚きもせず、待ち合わせ場所の市役所双海事務所でえひめ地域政策総合センターの松本さんの車に乗せてもらい、15分足らずの山道を総勢5人で登って行きました。夜の帳が降りた山道は少しさみしい山村の風情を醸していましたが、ゴリラハウスの中は煌々と電気がついて、持ち主の松浦さんが温かく出迎えてくれました。ご主人の松浦さんは私より少し若いのですがかつて若いころ青年団活動をともにした間柄だし、奥さんの千枝子さんは市役所の福祉部長を最後に退職されましたが、若いころ保険所に勤務していて、公民館の講座に度々来ていただいた方なので、疎遠といいながら気心の知れた方なのです。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
 

 集まった方々は研究会のメンバーに加え市役所の職員もいて15人ほどになりました。世話人の徳本さんのリードで2時間ほどの話しあいは和気あいあいのうちに進みました。この日は長年福祉行政に携わった松浦さんの話を聞くためのものでしたが、言葉の端々に鋭い指摘が沢山出てとても参考になる意見でした。また愛媛大学法文学部に通う木下さんという大学生も参加していて、フレッシュな意見を述べてくれました。

 何の束縛も拘束力もない、年に4回程度開く集会ですが、過疎や高齢化、少子化の進む田舎の疲弊しきった姿に妙案を出しつつ話はいつも堂々巡りとなるのですが、それでも少しずつ焦点化し始めていると、回を重ねることの重みを感じました。

 次回は双海町の順番で、奥東集落の地域通貨について学習することを決めて散会しました。

若松進一ブログ

(思いを込めて話してくれた松浦千枝子さん)
若松進一ブログ

(いつも参加していただく市会議員の武智さん、今回泉県議は出張欠席でした)

 かつては隣町だった中山町の松浦千枝子さんや武智実さんも、加えて参加した全員が今では私と同じ伊予市民です。合併してまだ四年余りしか経っていないため、まだ多少の違和感がありますが、それでもこの人たちと自分の住む街の将来について語り合えることは合併のメリットであると思うのです。合併は未だデメリットばかりが諦め声として聞こえてきますが、夏の終わりに開いた鱧祭りといい、合併によって旧伊予市民だった人の知恵が加わって新しい風が吹きつつあることを嬉しく思うのです。

 地域の自立に向けて旧双海町もいよいよその真価が問われそうです。わが住む町、息子や孫が住む町だからみんなでいい町にしたいと願っています。昨日はほのぼのとしたいい会でした。次回も楽しみにしています。


  「隣町 隣の人と ついついに 思うが今は 同じ市民だ」

  「味のある 話を聞いて ホッとする さすが極めた 人は違うと」

  「無駄だけど 無駄に中には 無駄がない 無駄口叩き ほのぼの帰る」

  「動物園? ゴリラハウスの 名前聞く 都度に説明 何度しただろう」

 

Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。

shin-1さんの日記

○飛び込みのお客さんへのお接待

 昨日飛び込みで東北からお客さんがやってきました。この方のおっしゃるのには私を紹介した朝日新聞の記事を読んだそうで、四国を回る旅の途中道の駅ふたみシーサイド公園に立ち寄った際、突然そのことを思い出したそうです。特産品センターふたみんCの職員に私のことを伝え、電話がかかってきたのです。運よく自宅にいた私が電話に出ると、「急ぐ旅でもないのでどうしてもお会いして話しが聞きたい」と、半ば強引に迫ってきました。昨日は頼まれた原稿書きの締め切りが近付いていて、どうしても昨日中に仕上げなければならないと意気込んでいた矢先だっただけに、内心は断りたかったのですがそうもゆかOKしてしまいました。

若松進一ブログ

(わが家果樹園のみかんの木)

 そのお客さんは岩手の方だそうで、聞けばご夫婦でのんびりと退職記念の旅を続けているのだそうでした。少し肌寒かったので私設公民館煙会所の囲炉裏部屋に通し、友人浜田さんいただきもののお菓子を添えて温かい素茶を出しもてなしました。ここ解けの話ですがその茶葉は葬儀のお返しにいただいた八女茶なのです。

 ひとしきり話し込んだ後私がお茶碗の後片づけをしている間、外に出て海の資料館海舟館や家庭菜園を見て回っていました。わが家の家庭菜園には続いて果樹園があり、極早生のミカンが黄色く色づいて収穫の時を迎えているのです。目敏く見つけたその方はみかんの木になっているのが珍しいのか、急いで車に戻ってデジカメを取り出し、夫婦お二人で盛んに写真を撮っていました。二人並んだところを撮ってあげ、彩果鋏を用意して収穫したらと勧めるととても喜んで、みかん狩りを楽しんでいました。二人は思わぬチャンスに感激し、自分で摘んだみかんを美味しい美味しいと連発して食べていました。

若松進一ブログ

(この枝を切って差し上げました)

 たわわに実ったみかんの枝を果実がついたまま切り取り、段ボールを用意して摘んだみかんの上に乗せ10キロ程度差し上げました。見ず知らずの飛び込みの客にこうまですることはないのですが、私にとってはこれが我が家流のおせったいなのです。

 結果的にその夫婦はわが家で2時間も過ごし、居合わせた親父とも会話をして帰って行きました。お陰で私の原稿書きは完全にストップして、夕方予定していた集会に出席するため諦めてしまったのです。でも「まあいいか」と袖すりあった人との出会いを喜んだ午後のひと時でした。

 夜遅く集会を終えて自宅へ帰ると時ならぬ携帯電話です。電話に出ると、道後温泉に泊まっているという昼間の夫婦からお礼の電話でした。「嬉しかった」「初めてみかん摘みを体験し感激した」「お土産にいただいた枝ごとみかんは今夕宅配便で自宅に送った」「あなたの親切は忘れない」「いい生き方を見習いたい」などなどでした。傍にいた妻に昼間のことや電話の内容を話してやると、「お父さん、今日はいい一日だったね」と感想を述べてくれました。妻の言うとおり本当にいい一日でした。


  「ありふれた みかんの木なり 東北じゃ ない故心 ときめきながら」

  「お接待 何気ないから いいのです 葬儀いただく お茶を差し出す」

  「夜遅く 泊まる宿から 電話入る 旅先受けた 恩に感謝し」

  「今頃は 私の摘みし 枝みかん 宅配便にて 東北目指す」


Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。