shin-1さんの日記

○懐かしい下灘界隈を歩く

 昨日夕方私の携帯にメールが入りました。携帯メールの苦手な私はメール番号を特定の人にしか知らせていないので、滅多にメールは入りませんが、「明日の予定はいかがですか。できれば昨年亡くなった商工会長をしていた三井典行さんの墓参りに行きたいのですが」と友人の浜田さんからメールです。私も慣れない手つきで、「明日は友人が病気なので見舞いに行くので留守と」返信メールを送り返しました。しかしメールを送ってから、「待てよ、相手の浜田さんは松山から下灘まで汽車でやってきて、できれば人間牧場へも立ち寄りたいというのだから、歩かせる訳にもゆくまい」と、電話で「朝早くの午前中なら何とか都合がつくのでご一緒したい」旨の電話を入れました。

若松進一ブログ

(下灘駅の朝の風景)

 昨日は親父の隠居にある地下室に雨水が流れ込んだ片付けや、漏水修理工事の後片付けなどに朝早くから夕方まで息子と二人忙しく働いて疲れていたためか、今朝は久しぶりに5時過ぎまで目が覚めずぐっすり寝込んでいました。モーニングブログを一本書き終わったらもう7時過ぎでした。急いで身支度を整え軽四トラックで浜田さんとの待ち合わせ場所であるJR下灘駅へ行きました。

 列車は7時52分着なので少しの時間駅前の日通に、西田利子さんを訪ねました。西田さんは一週間前埼玉県寄居町へ講演で出かけた折出会った永田さんの妹さんなので、会ってお礼が言いたかったのです。西田利子さんのご主人も私と一緒に青年団活動をしていた間柄なので、短い時間ながら色々な積もる話をさせてもらいました。やがて駅構内に列車が停止したブレーキ音が聞こえたのでお暇し急いで浜田さんを迎えに出ました。

 浜田さんは愛想いい笑顔を浮かべてリュックを背に駅のプラットホームに降りて来ました。

 浜田さんを乗せて三井さん宅まで行き、店番をしていた奥さんに墓地の場所を聞きました。かつて住んでいた生まれ故郷なので勝手知ったる場所ゆえに運動公園に車を止めて矢野上さん宅前の急な坂道を線路を超えて昇って行きました。奥さんの言われた通り昇りつめた墓地の手前にお墓はありました。浜田さんと三井さんの詳しい出会いは分りませんが、私が二人を知っていること、宮本常一と下灘の水仙が円であることなどなどのようで、浜田さんは律儀にもお墓参りに来てくれたという訳です。浜田さんはこまめな方で用意してきたシキビを立て線香に火をつけ、二人で手を合わせて拝みました。

 ここは桜の名所として春には毎年美しい花を咲かせていますが、いつの間にか老木になっていて、少し元気がないように感じました。この墓地に私の母方祖母や祖父のお墓がありましたが、今は子どもの住んでいる伊予市へ引っ越しています。何度かお墓参りに来たことがあるのです。

若松進一ブログ
(お墓掃除をする浜田さん)

若松進一ブログ

(三井さんの墓地)

 墓地からは下灘小学校や下灘の町が一望できました。この風景も忘れかけていた懐かしいものでした。浜田さんと違う道を通って上浜の商店街に出ました。小学校の正門に上がる急な道も、園協前の道も酒井商店横のガードも昔のままの姿なのに、自分の背丈が大きくなってせいでしょうか、どこか小さく感じられました。

 坂井焦点の前ではたと気がつきました。この商店の二階で私は妻と初めての見合いをしました。僅か5分間の見合いでしたが、結婚を決意し今の私たち夫婦が誕生したのです。少し気恥ずかしい感じもしますが、半世紀近くも前の出来事が昨日のことのように思い出されました。このことを思い出しただけでも浜田さんに感謝しなければなりません.。浜田さんとは、私が友人の病気見舞いに行くためシーサイド公園で別れましたが、思わぬ昔の感傷にしたるいい一日となりました。

若松進一ブログ

(下灘地区の中心地の風景)

若松進一ブログ

(下灘小学校正門前の急な坂道)

若松進一ブログ

(園協前の路地とガード)

若松進一ブログ

(商店街の中ほどにある左手が坂井商店、この家の2階が見合い場所です)

  「友人に 誘われ友の 墓参り 懐かし風景 少し変わりて」

  「背が伸びた せいかも知れぬ そこここの 小さく見える 路地を歩きぬ」

  「半世紀 前にこの店 二階にて 見合いした人 今はわが妻」

  「人影も 見えぬ街中 寂しけり 過疎ゆえ仕方 ないと諦め」 


 

Posted in 人間牧場 | コメント数 2

shin-1さんの日記

○孫朋樹、鉄棒逆上がりがやっとできるようになりました

 孫朋樹は今年1年生になりました。これまでの幼稚園生活と違い、学校は全てやることなすこと初めての経験なので、親も子どもも戸惑うことが多い一年のようです。朋樹は夏休みを前に「夏休み中に苦手の鉄棒逆上がりができるよう頑張る」という目標を掲げたのです。でも鉄棒のない家庭では逆上がりの練習などできず、学校も不審者や防犯対策として門扉を閉めて中に入れないため、夏休みが終わりに近づく苛立ちを、わが家に向けてきました。娘の相談に乗ったわが家でには大人用の鉄棒がありますが、残念ながら低鉄棒がないのです。早速親父に相談して鉄棒の棒をホームセンターへ行って2千円で買い求め、鉄棒の改造計画をすることにしました。

 手先の器用な親父は鉄棒の中ほどにグラインダーで切れ目を入れ、穴をあけてステンレスの針金で固定したのです。さあ特訓とばかり夏休みに泊りにやってきた孫を相手に何度も何度も練習しましたが、腕の力と腹筋力がない朋樹は中々上手くいかず、手に豆を出した苦い経験と、夏休みの目標が実現できなかった悔しさで悶々の日々を過ごして2学期を迎えていたのです。

 9月の運動会や、わが家の愛大生訪問というお互いの家の一大行事も無事終わり、一昨日から娘婿の出張に合わせて娘の家族と息子の家族合計8人がわが家へ泊りにやってきました。それぞれ一段と大きくやんちゃになった孫たち4人は、それぞれの成長主張を行うため、家の中は泣いたり笑ったりの大戦争のようでした。

 この二日わが家では漏水個所の修理工事で水道屋さんが来ていて、土を掘り返したり、コンクリートをはつったりする騒音がけたたましく、その都度室内や室外の荷物を移動しなければならずかんり散乱した状態になっていました。帰ってきた息子も手伝ってくれて、また一年生の朋樹もそれなりの手伝いをしてくれやっと掃除や片づけを終わってホッとした時、何気なく鉄棒にすがって遊んでいた朋樹の体が鉄棒の上で逆さ中に舞い、逆上がりができたのです。私も驚きましたが、当の本人も驚いた様子で、「出来たできた」と大喜びで、コツをつかんだのか2度3度鉄棒の上で宙返りをしました。

 さあ大変です。自分の逆上がり出来るのを見てもらおうと、家族を呼び集めました。やがてみんなの見守る中自信のある逆上がりを披露しようとしたのですが、それより前に何度かやったため握力が低下して中々上手く行かなくなってしまいました。

 それでも歯を食いしばって助走をした結果どうやら逆上がりする姿をみんなにお披露目することができたのです。

若松進一ブログ
若松進一ブログ
若松進一ブログ

若松進一ブログ
 

「今日は逆上がりができた僕の記念日だ」と仰々しくはしゃぐ朋樹にみんな大きな拍手をして祝福しました。早速祝賀会をしようという話しになって、朋樹のリクエストで、回転ずしを食べに行くことになりました。昨日の夕方家へ帰る途中みんなで合流して寿司屋へ行きました。寿司屋はは連休ということもあってかなり込み合い、15分ほど待ちましたが、ボックス席を2つ取り、楽しい10人の食事会となりました。朋樹は私たちのようなものは食べず、コーンのお寿司、ウインナーのお寿司、イクラの寿司などなど10皿も食べて大満足でした。支払いはおばあちゃんの財布というところが落ちでした。

若松進一ブログ

若松進一ブログ
  「逆上がり 出来たできたと 喜んで ギャラリー来たが 上がってできず」

  「低鉄棒 作った甲斐が ありました 今日は記念の 寿司で悦び」

  「何気ない ことにみんなが 一喜する 孫は満面 得意になって」

  「十皿も 食べて平気な 孫朋樹 私は十皿 四苦八苦す」 


  

Posted in 人間牧場 | shin-1さんの日記 はコメントを受け付けていません。