投稿者「shin-1」のアーカイブ

shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月11日

○米一俵の講演料  今年の夏、高知県奈半利町へmちづくりの講演に出かけました。双海町出身の奈津さんが、高知大学のインターンシップで奈半利町にまちづくりの助っ人として派遣されたことと、NHKラジオ深夜便心の時代で私の放送を… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月10日

○木を切るべきか切らざるべきか  人間牧場には、かつてみかんを栽培していた名残の防風垣の一部である杉の木が数本残っています。その木は明らかに防風垣だったと思わせるように、一本の根元でありながら途中から数本に枝分かれしてい… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月10日

○真人間牧場に孫を案内  恐らく年齢的に最も長生きするであろう我が家の孫を、人間牧場に案内しました。松山に住んでいる長女夫婦の長男で名前は岡本朋樹君といいます。来月には3歳になる孫は、私たちにとって初孫であり、大泉さんが… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月9日

○人間牧場にススキの花が咲く  人間牧場にはかずらやヨモギ、それにススキがいっぱい生えています。それらは雑草と呼ばれ、やっかいものとされてきました。春草から夏草を経て秋草まで約7ヶ月間、それら雑草との戦いに明け暮れました… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月9日

○弟と「人間牧場」へ  息子の結婚式出席のため里帰りした弟を「人間牧場」に案内しました。お墓参りを済ませ親父と弟嫁を、妻専用の軽四に乗せて登って行きました。里帰りは時々しても少年の頃の思い出の場所へ行くのはめったにないと… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月9日

○21世紀えひめニューフロンティアグループという民間団体  私たち20人ほどの仲間が20年余り前に組織した、何とも長ったらしい名前の民間ボランティア団体です。これまで無人島に子どもたちを連れて行ったり、丸木舟を作って瀬戸… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月8日

○弟の里帰り  奈良大和郡山市に住む弟が、息子の結婚式出席のため久しぶりに帰郷しました。娘・息子も結婚によって自立した弟は奥さん(義理の妹)と二人で帰ってきたのですが、息子が帰るとあって親父は何時になく明るく、何時になく… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月8日

○時計のリズム  この一週間に東京3回、和歌山1回の県外出張(講演なので仕事と言えるかどうか)で、ふるさとを留守にしました。3月末で仕事をやめて、のんびりゆっくり暮らそうと思って「人間牧場」を思いついたのに、これでは思っ… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの日記

投稿者: | 2005年10月7日

○「水平線の家」設計者の結婚  「水平線の家」を設計した建築家が明日結婚します。といってもわが息子の結婚なので別にブログに書き込むほどのニュースではないのですが、お目出度いことなので少しだけ述べておきます。  子どもと親… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]

shin-1さんの家

投稿者: | 2005年10月7日

○水平線の家に望遠鏡  長男が子どもの頃に小遣いを貯めて買った望遠鏡が、使われなくなって部屋の隅に置かれているので、思い切って水平線の家へ運ぶことにしました。水平線の家は眺望がよいので望遠鏡で見る必要はないのかも知れませ… 続きを読む »

[ この記事をシェアする ]