人間牧場

〇暮らしのリズム

 人間には暮らしのリズムのようなものがあります。結婚以来同じ屋根の下に50年近くも一緒に住んでいる妻でさえ、私との間には微妙な違いがあって、私は朝4時起床の早起き型、妻は午前6時に起きる普通型です。妻と私の朝2時間のずれは私にとってとても充実している時間で、この2時間がなければ私の日々はまるで屁のようなものだと思っています。

私は朝起きると素早く着替えて書斎に入り、パソコンのスイッチを入れ、まずウォーミングアップのつもりでGメールを呼び出し、メールの発受信整理をします。直ぐに前夜粗方「明日はこんなことを書こう」と思っていたことを、アメーバブログとワードプレスブログに写真やイラストを入れて、ランダムに思いつくまま指を進め、読み直し登録して終了です。

5時になったところで天気予報の雨雲の動きを確認して、運動靴か長靴を選んで履き替え、雨が降っていると傘を差して約1時間のウォーキングに出かけます。今朝はこの作戦の見誤りで、家を出る時はまだ降っていなかった雨が、天一稲荷神社の大鳥居辺りで降り出し、あいにく傘を持っていなかったので、足早に歩いても雨は少し強くなり、濡れ始めました。

 本当はそのまま家に立寄り傘と長靴に履き替えてウォーキングを続行すべきでしたが、雨に濡れたためウォーキングを途中で断念してしまい、ガラケー携帯電話内臓の万歩計は5千歩近くでストップしています。今日は松山市のまちづくり研修会があり出かける予定なので、朝食を済ませると残りの歩数を確保するまで歩き、暮らしのリズムを元に戻したいと思っています。

パソコンには「上書き保存」という機能がついています。未完成な記事があって、その記事に修正を加え上書き保存しますが、自分の暮らしや人生も、やり直すことはできなくても、多少の修正を加え、上書き保存だってできるのだと思って生きています。雨降りの予想を見誤り狂った一日の暮らしのリズムを取り返し、夕方までには修正上書き保存したいと思っています。

「にわか雨 濡れて早起き ウォーキング 途中断念 修正上書き」

「私妻 一緒に暮らして いるけれど 暮らしのリズム 朝から違う」

「朝早く 起きる私と 朝遅い 妻とは既に 2時間開き」

「孫たちの 予定マラソン 大会も 雨で延期と 連絡届く」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇新聞とテレビ

 先日11月30日に新居浜市あかがねミュージアムで開かれた景観シンポジウムの模様がその日の夕方、テレビ愛媛の「EBCプライムフライデー」という番組で放映され、明くる日その記事が読売新聞愛媛版33面に掲載されました。あいにくその前後はスケジュールが立て込んでいて、テレビも新聞も忙しくて見る暇がありませんでした。

テレビ愛媛映像5コマ

 その後何人かの人から「見たよ」「読んだよ」「相変わらず忙しそうですね」と言われたものの、当の本人には分からぬことゆえ、「ありがとうございます」くらいな反応しかできませんでした。昨日主催した愛媛県都市計画課の係長さんと、取材してくれた読売新聞の記者さんから、相次いで画面5コマと掲載新聞が送られてきました。

 若い頃はまちづくりの世界にいたため、新聞・雑誌やテレビ・ラジオには、これでもかと思うほど日常茶飯事取り上げられていましたが、さすがにこの歳になると進んで出る気もないので、タヌキが石を投げる程度の露出ゆえ、送られてきた自分の画像や写真に写った加齢な姿に歳を感じてしまいました。それでも折角送ってもらったので、記録の片隅に記憶として残すことにしました。

「新聞と テレビで見たと 言われても 本人見ても 読んでもいない」

「丁寧に テレビ5コマと 掲載紙 送ってもらい 早速記録」

「この歳に なると進んで 出る気なく 自分の姿 少し落胆」

「どれほどの 新聞テレビ 出ただろう 今じゃ箱入り 倉庫片隅」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇人の撮った写真の思い出(その3)

受付風景
今年の交流集会のパンフレットも立派に編集されていました
歓迎ワークショップは浅野さんと宇津博美さんが担当しました
賑やかな名刺交換会
夕食交流会は西山・武智・谷川の黄門様ご一行が盛り上げました
「これなんぼ」、ご存じ競り市も5万円ほどの売り上げで盛り上がりました

「人撮った 写真facedeで 賑やかに 気がつきゃ私も あちらこちらで」

「実像は 消えているけど 思い出は 写真リアルに 残っています」

「水戸黄門 扮した司会 登場し 私も負けじ 競り人になる」

「それぞれの 人がそれぞれ 役割を 担い懸命 努力しました」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇地域教育実践交流集会で自分で撮れなかった自分の写った写真(その1)

 この週末の2日間、地域教育実践交流集会が国立大洲青少年交流の家で開催され、300人の人が集まりました。これまで開かれた11回全てに参加していますが、いつの間にか讃岐先生からバトンを渡され数年前から実行委員長として、また今年から立ち上がった地域教育実践ネットワークえひめの代表として、役にも立たないまま皆さんの輪の中に入り、楽しく2日間を過ごさせてもらいました。

 私は昭和19年生まれの、未だにスマホも使わない時代遅れなガラケー男です。それでも日々の生きざまを記録するため、毎日ささやかながらブログを書いているので、その添付写真としてデジカメを使っていましたが、そそっかしくて地上に落としたり忘れ物になったりしたため、娘婿の勧めで文字も書けて写真も撮れる一石二鳥のタブレットを手に入れました。

 タブレットのカメラは賢くて反転すれば自分の顔だった写るのですが、さすがに自分の写真を遠目に撮るのは難しく、今回の集会で私が写っている写真が、facebookの画面に盛んに出回り、一人歩きしているようなので、断りもなく思いつくままシェアーして、自分のブログの中へ仕舞い込んでいます。悪しからずご了承ください。

いつものことながら、ステージの吊り看板に私の名前が・・・(左隅)
わが町の小西千鶴子さんとツーショット
新居浜の市会議員篠原さんと
特別企画鼎談の様子

「わが写真 撮りたいけれど 撮れないが facebookに度々登場」

「会場で 請われるままに 記念にと にこやか笑顔 愛嬌振り撒く」

「壇上で 鼎談話す わが写真 音声付かず 幾分気楽」

「この頃は 壇上上がり 話しても 思わぬことまで 喋ってしまう」

 

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

◯第11回地域教育実践交流集会(その2)

「11年前は私も64歳と若かった」と、この10年の時の流れをしみじみ思うのは交流会の最大イベント懇親夕食会です。10年前にも既にお酒を止めていましたが、皆さんの呑みっぷり食べっぷりを見ながら、若き頃を懐かしみました。それでも懇親夕食会はあっという間に予定の2時間が過ぎました。毎年担当している、みなさんが持ち寄った大量のお土産類の競り市も、私がセリ人となって大盛り上がりですべて完売、5万円ほどの収益をストックすることができました。

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇新居浜瑞応寺の銀杏

 昨日の朝、新居浜で開かれる予定の愛媛県景観シンポジウムに出かける直前、近所に住む姉がわが家にやって来て、姉「どこへ行くの?」。私「新居浜で開かれるシンポジウムに行く」。姉「昨日の夕方のテレビで、新居浜の瑞応寺というお寺の銀杏の落ち葉が見事だと紹介されていたので見て来たら」。私「うん、暇があったら」と会話を交わし出かけました。

瑞応寺山門のモミジの紅葉

「JA伊予農協駐車場で9時15分に」と、公民館の隅田さんと待ち合わせをして、隅田さんの車に乗せてもらい、伊予インターから高速道路に乗って、とりあえず新居浜インターを目指しました。シンポジウムの会場である銅ミュージアムへは12時に到着すればいいので、姉の口車に乗って山根町の曹洞宗の名刹瑞応寺を訪ねました。駐車場に車を止めてゆっくり山門まで進みましたが、周辺の紅葉は絵にも描けないほどの美しさでした。

樹齢800年の大銀杏
じゅうたんを敷き詰めたような大銀杏の落葉
見事でした

 山門をくぐると、別子銅山算出の銅板で葺いたという屋根の立派な本堂が見え、波型に箒目の入った庭の隅を歩いて歩を進めると、その奥に樹齢800年と言われる大きな銀杏の木が見えました。既に盛りを過ぎて葉を落とし始めていましたが、根本周辺には黄色い銀杏の葉っぱが、まるで絨毯のように敷き詰められ、息を飲むほどの美しさにすっかり見惚れてしまいました。

今年も忙しくて遠出こそしなかったものの、白滝のモミジなどを見て秋の風情を満喫しましたが、瑞応寺の山門モミジや銀杏の落ち葉も印象に残る思い出の場所となりました。姉から聞いたテレビ放送の影響でしょうか?、沢山の人がカメラ撮影に挑んでいましたが、心無い何人かは落ち葉の中へ何のためらいもなく無造作に入って、スマホで自撮りしたりしながら騒いでいました。これは罪なき罪だと思い、注意をすると不愉快そうな顔をして足早に去って行きました。景観は景色と観る人によって成り立ちます。午後のシンポで、「そうだこのことを話そう」と思い話をしました。

「テレビ見た 新居浜行くなら 瑞応寺 是非見てご覧 姉のお言葉」

「主事さんと ぶらり出かけた 瑞応寺 紅葉も凄い 銀杏も凄い」

「心無い 若者無造作 踏み散らす 注意いぶかし そうに去り行く」

「景観の ヶの字も知らぬ 若者に 初老の私 教育指導」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇今月の五行歌

 昨日松山五行歌の見山あつこさんから、今月の五行歌歌会の報告書が届きました。今月も締切日を知らせる見山あつこさんからのメールに自戒・反省・反応し、ダメ元で即興創作となってしまいました。私の今月の駄作です。
  歩く
  歩く
  ひたすら歩く
  一万歩目指し
  昨日も今日も

 ☆印の講評に次のように書かれていました。
 ~「歩」という字が四つも出てきました。たくさん歩いている姿が目に浮かびます。「今日も明日も」ではなく「昨日も今日も」としているところが、今まで通りこれからも歩き続けようという姿勢が感じられる作品となっています。ただし歩き過ぎだけはにはご用心を!というアドバイスもありましたよ。~   納得の講評でした。「いいね記号」連発押しです。

ちなみに出席歌の一席は玉井恭介さん次の歌でした。
  生きていて
  楽しいことの
  一つは
  人の善の話を
  することです 

 ちなみに作品の中に、永井純子さんの次の作品があり気に入りました。
  レンジでチン
  スマホでピッ
  昔は
   「待つ」という
  楽しみもあったのになあ

「今回も 督促メール せかされて 即興駄作 メール返信」

「講評は 私の心 お見通し 言い得て妙で 納得感心」

「成長も せずに今年も 終わりそう ワンランクアップ 目指しているが」

「締め切りを 守れるように なりたいと 予定表書く それさえ忘れ」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇もしもピアノが弾けたなら・・・

 私が書斎として使っている部屋は畳10畳敷きもある応接間です。昔の家はどちらかというと座敷や応接間などの客間に力を入れて、居間などをないがしろにしていました。私の家も45年前に建てた時はそんな方針でしたが、子どもがそれぞれ独立してからは2階の座敷3間と子ども部屋1間が空き部屋となっていました。幸い7~8年前から長男家族が同居するようになって、2階の部屋は全て埋まりましたが、1階の応接間だけは勿体ないと思い、私の書斎を引っ越しました。以来この応接間は私の書斎となり、知のコンテンツを高めるため大いにに役立っていますが、応接間には娘が子どもの頃習っていたピアノが置かれその一角を占拠しています。

わが書斎に座ったままのピアノ

 時々孫2人が戯言でピアノを弾いて遊んでいたり、私も時々タヌキが石を投げるように弾いていますが、これといった役割も持たず今に至っています。松山に住んでいる娘にそのことを話すと、そのうち引き取ると言いながらもう20年近くもそのままで、一昨年娘一家が家を新築したのを機会に話を持ち出しましたが失敗に終わりました。多分このままだと私の生きている間には何の変化も起こらないのではと危惧しています。今朝書斎でブログを書きながらふとそのことが気になり、ピアノの蓋を開けて童謡を何曲か弾いてみました。下手糞のそしりは免れませんが、まあそれなりに弾けました。

何年か前俳優で歌手の西田敏行さんが、「もしもピアノが弾けたなら」という曲を歌い大ヒットしました。歌詞の「~だけど僕にはピアノがない~」ではなく、現にピアノがあるのですから、少し勉強して練習し、ピアノが弾けるようになれば自分の人生は豊かなものになるはずでしょうが、年齢から考えると時すでに遅しといった感じがしています。クラッシック音楽など分からない私ゆえ、童謡や流行歌程度しか弾けませんが、ハーモニカの練習をしたお陰で、200曲を超える曲を吹けるようになった自分のことを思えば、今からでも遅くはないかも・・・・なんて、甘い誘惑に誘われそうになっています。「もしもピアノがなかったら、書斎はもっと広く使えるはず・・・・」なんて、頓珍漢な考えを持った朝でした。

「わが書斎 畳10畳 一角に 娘のピアノ 行く当てもなく」

「わが書斎 使いたいけど ピアノデン 置かれたままで 多分ずうっ~と」

「そういえば もしもピアノが 弾けたなら 歌思い出し 口ずさみつつ」

「音楽は 日々の暮らしに 彩を 添えるはずだと レコード聴き入る」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇体調今一なれど忙しい

 朝から雨模様の天気だし、風邪を引いて今一馬力が出ないこんな日は、自宅でのんびりしたいところですが、今日は非常勤講師をしている大学の、週に一度の講義日なので、勇気を出して出かけました。毎週水曜日は自宅を11時前に出て、自家用車で約1時間半の道のりを走ります。大学到着後12時30分に講師控室に入り、出勤簿の押印や講義の最終確認をして13時から90分間、息も切らさず学生に対して講義をしています。

非常勤講師の名札
11月30日のえひめ景観シンポパンフレット

 愛媛大学法文学部の非常勤講師や愛媛大学農学部の客員教授を長年やって、講義のコツは飲み込めていますが、後期の15コマ、しかも私の学科は「行政学」とあって、最初は少し緊張しましたものの、今日で9回目なので、体調不良ながら落ち着いて講義をすることができました。年末までに3コマ、1月に3コマの講義をすればいいので、やっと少し先が見えてきたような感じがしています。

 講義が終わっての帰り道、伊予市街で馴染みの散髪屋へ立ち寄り、男前を上げました。明日は週末に予定されている地域教育実践交流集会の準備のため大洲青少年交流の家へ、明後日は新居浜市のあかがねミュージアムで開かれる景観シンポジウムの基調講演とパネルディスカッションのコーディネーターをやらなければなりません。また続いて週末土日は国立大洲青少年交流の家で行われる予定の、地域教育実践交流集会の実行委員長として、慌ただしい日々が続きます。早く体調を回復せねばとヤキモキしているのは、わが妻のようです。

「体調が 今一なのに 忙しい 休むことなど 勿論できず」

「さあ今日は 少し早めに 寝なさいと 妻に諭され その気でいます」

「散髪で 男前上げ 帰宅する 風邪引きなのに 何もそこまで」

「前世では 私魚の マグロかも 泳ぎ止めたら  死ぬかも知れぬ」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇昨日はハガキを20枚も書きました

 早くも年賀状の整理をしなければならない師走が近づいて来ました。「毎日ハガキを3枚書いたら幸せになれる」という言葉を信じて、毎日3枚のハガキを書いていますが、このところ忙しかったため、いただいたハガキやお世話になった方々が余りにも多過ぎて、3枚のハガキでは書ききれず傷心の日々を過ごしていましたが、昨日はスケジュールの隙間ができたので、ハガキを20枚も書いてしまいました。

 私は普通、パソコンに写真を取り込んで画像ハガキを作りますが、パソコンの操作を今一飲み込んでいないため、時折逆さまにプリントしたりするなど、笑うに笑えない失敗をしたりします。値上前、郵便局で大量に買い込んだ1枚50円時代のハガキもまだ沢山残っていて、12円の切手を貼らなければならないため、毎日のようにハガキを書けば郵便局の窓口へ出かけ、郵便局員さんと簡単な会話を交わすのも楽しみのひとつです。

自宅から郵便局までは500~600m程度なので、毎日1万歩を目指すウォーキングにも役立っていますが、一日にハガキ3枚を書く効果は思わぬ禍福をもたらしています。私の推奨する言葉に触発されてハガキを書くようになった人も何人かいて、ハガキによる交友の輪は広がりつつあります。いかんせん、私は字が下手で皆さんのような美文字は何年経っても書けず、今ではこれも個性だとむしろ胸を張って諦め、相変わらず下手糞な文字のハガキを書いています。

「1日に 3枚ハガキ 書く習慣 どうにかクリア 凡事徹底」

「スケジュール 隙間見つけて 20枚 書いてポケット 郵便局まで」

「近頃は 私の巧みな 口車 乗ってハガキを 書く人増えて」

「わが文字は まるで象形 文字のよう これも個性と 思い納得」

[ この記事をシェアする ]