人間牧場

〇ダイニングで話す世間話あれこれ

 わが家は2世代同居で暮らしています。だけど食べ物の嗜好が違う世代ゆえダイニングキッチンは別々で、干渉することなく極々穏やかで平和な日々を暮らしています。私たちのダイニングからは外の庭が丸見えで、庭に植えた木々の緑や花、季節の移ろいを感じながら、特に朝食は新聞を読んだり色々な話をしながら妻と食事をするのが日課となっています。

今のところ二人の体調は問題になる程ではありませんが、妻はコレステロール、私は前立腺の薬を食後に飲むことが日課になっていて、お互いが「薬飲んだ?」と声かけ合っていますが、講演や会合で忙しい私は、朝食もそこそこで出かけるため、薬さえ飲んだか飲まなかったかさえ忘れることがあり、記憶の減退に黄色信号が点滅し始めました。

新聞のお悔やみ欄や訃報欄、それに知人友人が投稿している文芸川柳欄などは共感共鳴することが多く、妻に読んで聞かせては二人で「同感」の相槌笑いをしたり、時には詠み人に電話を入れて近況を知らせたりしています。妻は絶対がつくほど当たらない宝くじを私に内緒で買っていて、当たったらあれがしたいこれがしたいと、相変わらず夢を追いかけています。

今朝の話題はガンの闘病生活をしえいる友人の話でした。友人はガンを患い何度か手術をし、抗がん剤治療をしているようですが、その甲斐もなく抗がん剤の副作用に悩まされながら頑張っていますが、風の便りによると抗がん剤治療を止めて食事療法に切り替えるとのことでした。2人に一人の割合でガンにかかる時代ですから、私の周りにはガンと向き合って生きている人が何人もいて他人事とは思えず、親父や叔父がガンだったことを思えば、私もDNA的にはガン遺伝子を持った家系なので、他人事とは思えず、少し暗い話になってしまいました。

「ダイニング 二人毎朝 庭見つつ 世間話に 花を咲かせる」

「お薬を 飲んだかさえも 忘れ気味 自分忘れて 相手気遣う」

「新聞の お悔やみ欄が 気にかかる 同年代も 早々あの世」

「患いし 友の病名 ガンと聞く 二人に一人 今に私も」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇つまらないものですが・・・

 4~5日前外出先から自宅に帰ると、家の玄関先の庭木に、北海道花畑牧場産らしい生キャラメルがぶら下げていました。「誰からのいただき物だろう?」と首を傾げ、家族みんなに聞いても思い当たる人もなく、「まあいいか、折角のご厚意だからいただこう」という結論に達し、家族みんなで分け合い「誰からだろう」と言いながら美味しく食べました。

いただいた生キャラメル

 3日後ウォーキングをしていると近所のご夫婦が車で通りかかり、「お留守だったので、玄関先の庭木に吊るしておきました。北海道へ行ったお土産です」と車から顔を出して声をかけてもらいました。ご夫婦は「つまらないものですが食べて下さい」と言われましたが、「つまらないものではない」と思いながら、「もう美味しくいただきました」と丁寧に恐縮してお礼を言いました。

子どもの頃隣のおばさんが、「お寿司を作った」、「旅行に行ったお土産だ」、「貰いものだが」と色々な物を勝手口から持って来てくれるその度に、「つまらないものですが・・・・」と枕詞をつけていました。少しおませな私はその言葉が気になって、「つまらないものなら要らない」とか、また3つも4つも持って来るのに「お一つどうぞ」というので、「これは一つではない」と反論して、「お前は子どものくせによく要らんことを言う」と親になだめられ、叱られたことを覚えています。

「つまらないもの」「お一つどうぞ」という言葉が、へりくだった大人の謙遜語であることを後々知り、私も使うようになりましたが、日本人の謙虚なことば使いをあらためて素晴らしいと思いました。はてさて通常は裸銭が流通するお金の世界も、「ほんの紙切れですが・・・」と言いつつ、祝儀袋やポチ袋に入れて渡す風習も日本人らしい気配りで、お神輿のご祝儀、お年玉など随所にみられます。「ほんの紙切れですが」と祝儀袋にお金を入れるのを忘れて渡した逸話も、懐かしい思い出です。

「玄関の 庭木吊るした キャラメルを 誰がくれたか 首を傾げる」

「まあいいか 家族相談 まとまって 食べ終わってから その人分かる」

「つまらない ものだと謙遜 した言葉 日本の文化 奥を感じる」

「お一つと 言いつつ 4~5個 持って来る 子どもにゃ理解 出来ずに指摘」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇ドラえもんとアンパンマン

 私たち夫婦には5人の孫がいます。高校1年生の孫はさすがにドラえもんやアンパンマンの漫画から卒業しましたが、内孫の小学三年生の奏心は、最近無線で空を飛ぶドラえもんの遊び道具を手り入れ、部屋の中で夢中になって遊んでいます。ドラえもんはご存じ藤子・F・不二雄作の漫画です。テレビの番組漫画番組では楠部工作詞、菊池俊輔作曲の歌を大杉久美子が歌って大ヒットしましたが、その歌の中の「~竹コブター~」というセリフは、ドラえもんの声優大山のぶ代の声なのです。

竹コブターで本当に空を飛ぶドラえもん

 1歳半になった孫娘花菜はドラえもんとアンパンマンの載った雑誌や歌が大好きで、雑誌の剥がして貼るシールを、どこへでもべたべた貼っては剥がして遊んでいます。最近はアンパンマンの歌が気に入って、音楽の出る遊び道具でメロディーボタンを押し、曲に合わせて踊りに夢中になっています。この小さい年代からバーチャルな夢の世界に陶酔して大丈夫だろうかと、時々思うことがありますが、アンパンマンやバイキンマン、ドキンちゃん、食パンマン、ジャムおじさんなどの名前を覚えて結構楽しんでいるようです。

 

1歳半の孫娘はアンパンマンが大好きです。

先日孫奏心から、「どこでもドアーを開けたらどこへでも行けるとしたら、おじいちゃんはどこへ行きたい?」と唐突に聞かれました。とっさのことだったので「う~ん、考えたことがない」と、現実離れした質問に答えられませんでした。同じような質問をされた妻は、「おばあちゃんは、宝くじ売り場へ行って7億円当たる宝くじを買いたい」とできもしない貧乏人ならではの、デッカイ夢を話して大笑いしていました。扉を開けば異次元の世界へ行ける「どこでもドアー」がもしあったら、私はどこへ行きたいのか?、早速考えてみました。その夢は内緒です。

「ドラえもん 竹コブターで 飛ぶおもちゃ 孫は夢中で 無線の操作」

「歌のように 空を自由に 飛びたいな やっぱり子ども ドラえもんが好き」

「孫娘 いつの間にやら アンパンマン 歌やイラスト 夢中になって」

「おじいちゃん どこでもドアー 行けるなら どこへ行きたい? 答えられずに」 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇岡山県井原市での講演

 岡山県井原市は、広島県福山市のすぐ隣で、街の真ん中を井原鉄道が通っています。今回の講演会場である生涯学習施設アクティブライフ井原は駅前にありました。井原駅はすごくモダンな建物で目についたので、駅前の駐車場に車を止めて駅舎を見学しました。駅舎内は駅というよりショッピングモールのような感じがしました。駅舎の観光案内所の女性に声をかけ、人口や観光など井原市の概況について事前学習のつもりで聞きました。

約束の12時になったので駐車場に車を入れ、生涯学習施設内にあるレストランで担当の川合さんと食事を取りながら雑談しました。川合さんは私の話を何度か聞かれているようで、講演依頼の赤い糸の糸口がやっと見えてきました。そのうち嬉しくも驚いたことに、隣町福山市新市町万能倉に住む親友平井悦夫さんが控室まで訪ねて来てくれ、再会を喜びました。平井さんは「ときめき堂」というハガキレターを今も発行していて、そのシリーズは200号を超えているハガキ道の達人で、私にハガキの魅力を教えてくれた大恩人でもあるのです。

講演会のテーマは「心豊かに生きる(男女共同参画)」でしたが、100分ほど熱いお話をさせてもらいました。会場は満席で、特に男性の参加者が多かったと川合さんから聞きました。私たちは第一次空間=家庭、第二次空間=職場(学校)、第三次空間=仲間、第四次空間=地域といった様々な空間を往復しながら生きています。家庭=男性>女性、職場=男性>女性、仲間=男性><女性、地域=男性>女性という男性優位の関係が今も無意識のうちに続いています。男性=女性が望ましいと頭では分かってても、特に私のような昭和生まれの人間はそれを当たり前だと思って見過ごしています。

男性=女性のウィンウィン関係の望ましい社会を作って行くのか、まず自己変革を目指さなければなりません。家庭、職場、仲間、地域とどう向かい合って自分の人生をどう生きるか、その生き方を少しだけレクチャーしました。みんな大笑いしながら和やかな雰囲気でした。最初から最後までじもとのCATVが撮影していました。いつ放送されるのでしょう?。

「久方に 親友出逢い あれやこれ お互いリタイア 自由になりて」

「一日に ハガキ三枚 書いたなら 幸せなれる 実行してます」

「世の中は 半分女性 あと男 だのに男が 主流の日本」

「若い人 男女平等 進んでる 昭和生まれは まだまだ遅れ」 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇正法寺の掲額

先日数珠くりと大草鞋張りの仏事に参加した正法寺の本堂にこんなおもろい掲額がありました。長文ながら書き抜いてみました。誰が書いたか知りませんが大阪弁の文章は確かに面白いです。

正法寺の掲額

ぼけたらあかん 長生きしなはれ

年をとったら出しゃばらず
憎まれ口に泣き言に
人のかげ口愚痴いわず
他人のことはほめなはれ
聞かれりゃ教えてあげてでも
知ってることでも知らんふり
いつもアホでいるこっちゃ
勝ったらあかん負けなはれ
いずれお世話になる身なら
若いもんには花持たせ
一歩さがってゆずるのが
円満にいくコツですわ
いつも感謝を忘れずに
どんなときにもへえおおきに!
お金も欲も捨てなはれ
なんぼゼニカネあったとて
死んだら持っていけまへん
あの人ええんやった
そない人から言われるよう
生きているうちにばらまいて
山ほど徳を積みなはれ
と言うのはそれは表向き
ほんとはゼニをはなさずに
死ぬまでしっかり持ちなはれ
人にケチと言われても
お金があるから大事にし
みんなベンチャラいうてくれる
内緒やけれどほんまだっせ!
昔のことはみな忘れ
自慢話はしなはんな
わしらの時代はもう過ぎた
なんぼ頑張ろうとしても
身体が言うことききまへん
あんたは偉いわしゃあかん
そんな気持ちでおりなはれ
わが子に孫に世間さま
どなたからでも慕われる
ええ年寄りになりなはれ
ボケたらあかんそのために
頭の洗濯生きがいに
何か一つの趣味持って
せいぜい長生きしなはれや
後生大事や皆の衆
死んでも命があるように!

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇新聞の訃報欄

 先日2日続いて新聞の訃報欄に悲しい訃報が載りました。一人は元魚島村村長だった佐伯眞登さん、もう一人は愛媛大学准教授の丹下晴喜さんです。佐伯さんは88歳でしたが、丹下さんは55歳という若さでした。丹下さんとの出会いは、長女が結婚する時婿が同じ大学に勤めていたこともあって、見届け人のような感じで結婚式に列席してもらった時からでした。

新聞の訃報欄

その後、当時の法文学部長さんと丹下さんが双海町役場へ見えられ、法文学部総合政策学科の非常勤講師をして欲しいと頼まれ、町長さんとも面会し了解を得ました。間もなく合併により役場を退職してから10年余り、年間30コマ60時間4単位の、私にとってはかなりハードな週1回の講義を続けましたが、その窓口となってくれたのが丹下さんでした。

 何度となく大学の教室で、あるいは食堂や戸外のベンチで、時には講義の内容や他愛のない雑談をしましたが、ニコニコ顔の丹下さんの姿は今も忘れることはできません。佐伯さんの葬儀に参列していた折娘からの電話で訃報を知ったり、お別れ会も重なって出席することが叶わなかったことは残念でならず、心からご冥福を祈りました。

 時には100歳まで生きれる世界一長寿の国に住みながら、丹下さんのように55歳で短い生涯を閉じる人もいます。幾ら健康に注意をしていても心不全や脳卒中など、自分でコントロールできないことで命を落とす人も沢山いますが、自分の人生に置き換えながら、これからどう生きるか、考えさせられた丹下さんの訃報でした。

「相次いで 新聞訃報 載った人 知り人だけに 心が痛む」

「55歳 余りに早い 幕引きに みんな戸惑い ×●÷▼−・・」

「この人に 出会わなければ 大学で 教えることも なかったかもと・・・」

「惜しい人 早く旅立つ ひょっとして 私はどうか? 微妙なところ」

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇小さなお客さんたちが海舟館へ見学に来ました

 一昨日の夕方、内孫で小学3年生の奏心から、「おじいちゃん、僕たちは今、社会科の授業で古い道具のことを勉強しているので、家の海の資料館海舟館を友だちと一緒に見学させて欲しい」と頼まれました。「明日学校が終わると友だち2人を連れて来るので・・・」とのことでした。

海舟館を見学する子どもたち

 昨日はあいにく大学の最終講義日だったので、「帰りが午後4時ころになるかも知れない。それからだったら・・・」と約束をしました。午後4時ころに帰宅すると孫を含めた5人の子どもが、子どもの居場所ミニハウスで遊びながら、私の帰りを待っていました。

 早速普段着に着替えて海舟館のカギを開け、子どもたちを案内してやりました。子どもたちは初めて見る展示物に目を丸くしながら見入り、「あれは何?」、「これは何をするものなの?」と興味を示しながら、矢継ぎ早に私に沢山の質問をしてくれました。

今は亡き親父が作った和船の模型を展示している第2展示場では、船が海上で霧に出会った時、自分の船の位置を知らせて衝突を防ぐフォグホーンに興味を示し、「音を鳴らして欲しい」と懇願されました。早速展示場から取り出し鳴らしてやると、その思わぬ大きい音色に大騒ぎをしていました。

 大分県姫島産の黒曜石で造った矢じりや石包丁などのレプリカにも興味を示し、本町から出土した3万年前の東峰遺跡やシーサイド公園に展示している丸木舟の話もしてやりました。小さな子どもたちにとって海舟館の展示物はどれも興味深いもののようで、「今度は友だちを沢山連れて来るので、また見せてください」と頼まれました。

「孫友人 海舟館へ ご案内 興味津々 あれこれ聞かれ」

「展示品 直接触らせ 説明し フォグフォーンなど 音まで出して」

「東峰 遺跡出土の 矢じりには 姫島産の 黒曜石だと 説明してやる」

 「また来たい 次もおいでと 約束し ちびっ子たちを 笑顔で見送り」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇ロケーション風呂の屋根の葺き替え

 人間牧場のロケーション風呂の屋根は、今時珍しい真竹を使って葺いていました。14年前に五右衛門風呂を造ってから9年ほど経って、これまで一度葺き替えましたが、竹の切り時が悪かったのか、今回は半分ほどの5年で老朽化が目立ち始めたので息子と相談し、後ろ髪惹かれる思いで、思い切ってトタン屋根にすることにしました。

竹屋根だったかつてのロケ風呂
波型トタンに葺き替えたロケ風呂
不用になった大量の竹の残材
駐車場の隅にて焼却処分

人間牧場の施設全般を建築してもらった藤建設に頼んで葺き替え工事をしてもらいました。今までの竹屋根と趣きが少し違い、人間牧場の原風景に合うかどうか心配しましたが、トタン銀屋根もそれほど違和感なく、写真や親友河野さんに画いてもらった絵には竹屋根が記録として残しているので、ひとまず安心といったところです。

さて地上に下ろした大量の要らなくなった古い竹をどうするか?、考えた挙句腐りも出ているので焼却処分することにしました。天気の良い無風だった一昨日、いつも枝打ちなどで出た残材を焼く駐車場の隅で、火を点け順次焼却しましたが、乾燥していたのでむしろ燃え過ぎて付近へ類焼しないか気を配る程でした。

赤々と燃える火を見ながら、誰もが誉めて感心してくれ風流だった竹葺き屋根の思い出に浸りました。わが家の横に建てている煙会所の屋根も造った頃は杉皮の木肌葺きでしたが、老朽や背に腹には替えられずセメント瓦に葺き替え現在に至っています。普通の人の持たないこれらの贅沢と思える施設を、今後どう活用し維持して行くか、受け継ぐであろう長男息子の技量が心配な今日この頃です。

「ロケ風呂の 趣きあった 竹屋根も 背に腹替えれず トタンに葺き替え」

「写真・絵に 記録残るが 少しだけ 味気がないと 後悔しきり」

「不要なる 竹類焼却 処分する 跡形もなく 消えてなくなる」

「煙会所 人間牧場 わが息子 引き継ぐ度量 少し心配」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

◯佐伯眞登さんの葬儀に参列しています

 私の前の愛媛県公友会々長の佐伯さんが亡くなりました。佐伯さんは元魚島村の教育長であり村長さんでした。今朝はJR松山駅で親友の豊田さんを乗せ、今治市近見山のセレモニー会館で行われる葬儀告別式に参列しました。

佐伯さんの告別式(豊田さん撮影)

私のような年齢になると、日ごろ顔を合わせる機会の少ない人が沢山いて、まるでセレモニー外交のように、沢山の親友、旧友、知人、それに顔見知りの人に出会いました。多分これからもお互いそんなに出会うこともないであろう人もいて、この機会を作ってくれた佐伯さんに感謝しました。

佐伯さんは58年旧魚島村役場に入庁し、93~04年村長、県離島振興協議会会長を歴任し、69年に離島振興への功績で愛媛新聞賞を受賞しています。「自分が元気な間に一度みんなで魚島村へ来てください」と誘われていて、昨年の8月21日に私が会長を務める公友会の皆さん10人程と約束通り魚島を訪ね、大層喜んでいただきました。

葬儀の会場で偶然県公連の元会長岡島さんの娘婿さんと息子さんに出会いました。立ち話で積もる話をしましたが、たくま饅頭の思い出を話したところ、近くの饅頭屋へ立ち寄りお土産までいただきました。7~8年前に逝った岡島さんの思い出が懐かしく蘇りました。岡島さんも佐伯さんも偶然同じセレモニーホールでのお別れでした。

「県公連 事務局長さん 第一報 入れていただき 参列準備」

「親友を 誘い一緒に 今治の セレモニーホール 葬儀参列」

「上島や 今治首長 弔辞延べ 88歳 足跡辿る」

「今年に なって葬儀が 早4人 心冷え冷え 寒さ一段」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場

〇自給率の高まり

 裏山の杉や桧、それに自生している雑木を陰切りして1週間ほどが経ちました。気になりながらも空気が乾燥して乾燥注意報が出ているので、焼却処分することもできず、枝や葉は野積みしたままになっていますが、昨日は昼過ぎからチェンソーで枝を切り薪の長さに小切りすることを思いつき作業をしました。

陰切りした枝の残材
このところ大活躍のチェンソー
倉庫軒先に積み上げた薪

 わが家は近所の家と少し離れているので、チェンソーの甲高い音を出しても迷惑になる程ではないので大助かりです。怪我をしないよう注意をしながら、1時間ほどですべての枝木を薪の長さに切り、ブルーベリー畑横の軒先薪置き場に運んで行儀よく積みました。まだ生木のままですが太いものはマサカリで割り、要領よく積み上げました。

 薪はこの時期、餅やかき餅を作るためもち米蒸しに、また海から取って来たヒジキを茹でるのにかなり大量に使います。ゆえにこの時期しっかりと確保しておく必要があるのです。多分昨日の作業で確保した薪で、今年のシーズンは賄えるものと思われます。退職してから14年、自分が夢に描いていた自給自足の生活に、無農薬有機野菜作りも含めて、少しずつ近づきつつあります。自給も案外楽しいものです。

「陰切りの 枝木チェンソー 小切りする 甲高い音 冬気を揺らす」

「自給率 次第に高まり あれやこれ 頭と体 上手く回転」

「この薪で 餅をついたり ヒジキ茹で 苦労あるけど ほくそ笑みつつ」

「考えりゃ 田舎暮らしは 楽しいね 体動かし 一石二鳥」

[ この記事をシェアする ]