人間牧場

投稿者: | 2020年1月20日

〇ハーモニカのリクエスト

 先日NHKBSテレビのアーカイブスで、昨年放送された、「鉄道旅」という番組で、私が夕日に向かってハーモニカを吹く姿が再々放送をされましたが、番組を見たという人が全国には沢山いて、年賀状の添え書きにも、「夕日に向かってハーモニカを吹く姿が印象的でした」と沢山コメントされていました。

そんなこともあって、最近はハーモニカのリクエストが増えて、下手糞ながら時々出かける講演の中で、請われるまま下手糞ながら吹いています。先日南海放送ラジオのスタジオ収録の折にも、ディレクターの檜垣さんという女性から、「ハーモニカを吹いて欲しい」と依頼があり、憶目もなく吹いてしまったので、1月25日午後4時からの放送には、メロディーが流れるものと思われます。

はてさて、私は子どもの頃は音楽が大の苦手で、通知表の評点はいつも2~3止まりででした。これもNHKの「日本列島1万2千キロの旅」というでJR下灘駅が紹介された折、私と出演した関口さんという芸人さんが、私のハーモニカに合わせて、ナレーションをしてくれました。またこれもNHKラジオ番組「ラジオ深夜便・こころの時代」で、二夜連続してハーモニカを吹いているのです。

今も時々懐かしみながら、人のいない時を選んで思いつくまま、ハーモニカを吹いて楽しんでいます。いつまで経ってもハーモニカの腕は上がりませんが、それでも音楽と余りご縁のない私ながら、ハーモニカが趣味の端くれとして、暮らしに彩りを添えています。全国の小学校からハーモニカが消えて久しくなりましたが、ハーモニカは日本の風土によく合う楽器だとしみじみ思いながら、昨日も吹いてみました。今日も気になるカバンに忍ばせて、小さな旅に出かけます。

「あれやこれ テレビやラジオ 出る度に ハーモニカ吹く 機会も多く」

「音楽の 通知表には 2と3が 程度の低さ 自分で納得」

「先日も ラジオ番組 収録に リクエストあり 吹いてみました」

「何でだろう? 日本の学校 ハーモニカ 捨ててしまって 少し寂しい」

[ この記事をシェアする ]