人間牧場

〇人間牧場の取材

 昨日は3回も人間牧場へ行きました。「人間牧場を訪ねたい」という人は順番待ちほどではありませんが相変わらず多く、その都度状況や要望に応じて対応しています。普通の人は人間牧場が家の隣の直ぐ近くにあったり常駐していたりするものだと思い、中には「お泊りをお願いしたい」という人まであって様々です。

 人間牧場はわが家から10㎞以上も離れた、標高130mの高台にあるため、家から片道20分以上はかかり、しかも牧場=広い草原のイメージとは程遠く、海と空をコスモス(空想)の牧草に見立てているので、急峻な狭い軽四トラックで案内すると、体が固まる程緊張して「何処へ行くの?」、私「はい天国です」何て馬鹿げた洒落で一笑に付しています。

取材に見えられた女性記者さん

昨日の3人目のお客さんは新聞記者の若い女性でした。4月に新聞記者になって松山支社に赴任したという、車も仕事も初心者マークでしたが、そこは洗練されたマスコミ関係の人で、1時間余りにわたって鋭い質問取材を受けました。その模様は後日の新聞で紹介されるようで楽しみです。

 私への新聞やテレビの取材は、少なくなったとはいえまだまだ多く、私のブログやネットで関連記事を読んだり人の紹介による取材依頼は、断る理由も余りないので臨機応変に対応していますが、取材に来た人から学ぶことも多々あって、昨日もいい勉強をさせてもらいました。

「この歳に なっても新聞 テレビなど 取材も多く その都度対応」

「牧場は 家の近くと 勘違い 10k以上も 離れた場所に」

「牧場は 広い草原 思い込み 海・空コスモス やっと納得」

「昨日今日 何度も牧場 往復し これもまたよし 教育(今日行く)教養(今日用)」

 

[ この記事をシェアする ]

人間牧場” への2件のフィードバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください