人間牧場

〇通学合宿「夕焼け村」で夕日の話をしました(その5)

今年も自慢の綺麗な夕日夕焼けが見えました

記憶は定かではないものの、多分今年20回目となる通学合宿「夕焼け村」の20回全てで、私は子どもたちに夕日の講話をしています。潮風ふれあいの館の外に子どもたちを連れ出し、長~いコンクリート電柱を横にして利用したベンチに座らせ、夕日夕焼けを見ながら約30分~40分、夕日にまつわる話をするのです。私は自称「双海の夕日博士」なので、私の作った「夕日の質問箱百話」の中ら幾つかを思いつくまま選んで話します。双海の春分の日の夕日はどこの国の朝日?」、「夕日は沈み始めて沈み終わるまで何秒で沈むか?」、「夏の夕日と冬の夕日の時間差は?」、「夕焼けと小焼けはどこが違うの?、「今日の夕日の時刻は?」などなどです。最近は夕日にまつわる歌を手持ちのハーモニカで吹いて、みんなで大合唱しますが、「進ちゃん、ハーモニカが上手いね」と、子どもに褒められ有頂天になりました。

「赤とんぼ 夕焼け小焼けを ハーモニカ 吹いて子どもと 大合唱する」

「ハーモニカ 上手いと子どもに 誉められて 有頂天なる 単純男」

 

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください