人間牧場

〇竹山荘のシャクナゲが見たくて・・・

 ゴールデンウィーク途中の5月4日、昨年の同じころ書いたブログ記事と、薄れ行かない記憶を頼りに、近所に住む姉を誘って松山市の奥道後よりさらに日浦奥にある、竹山荘へシャクナゲの花を観に行きました。今年は春先の気温が少し寒かったため、残念ながらシャクナゲの花はまだ二分咲き程度でした。

見事な満開のシャクナゲでした

 双海町高野川から嫁いで竹山荘の女将さんになっている旧姓高橋さんに、予約もなく満席の中を無理を言って食事をさせてもらった手前もあって、「満開になったらもう一度来ます」と、口約束をしていたこともあり、菊間町遍照院へ3男息子の厄除け祈願に出かけたついでに、北条から水が峠に通じる峠や山道を越えて、空腹をこらえ到着したのは午後1時30分頃でした。

 早速女将さんにお願いしてまたも予約なしで客間で美味しい田舎料理を注文し、妻と二人で食事を終えた後、裏山のシャクナゲ見学と相成りました。前々日facebook友人田中さんから、「満開でした」と一報が入っていたので、満開のシャクナゲをのんびりゆっくり散策し、昨年に続いて堪能することができました。

水が峠から今治に通じる奥道後周辺は、初夏と思える陽気の中で新緑が目にも鮮やかで、思わず深呼吸をしたくなるような爽やかさでした。開放感あふれる海沿いに住んでいると、山沿いの山々は少し窮屈感はありますが、いつもとは違った非日常的な景色もまた一味違っていて癒され、夫婦ともども大満足の一日でした。

「二分咲きで 悔いの残った シャクナゲを 見たいと夫婦 再び訪ね」

「裏山の シャクナゲ見事 満開で 山里緑 ともども楽しむ」

「あくせくと 日常過ごす 私たち 安近短で ささやかながら」

「山坂と 峠を越えて 来ただけの 価値はあったと 夫婦納得」

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください