人間牧場

〇妻を大事にと言われるけれど・・・

 私のブログに度々登場するのは孫と妻です。わが家には小学校3年と小学校5年の内孫がいて、毎日楽しい会話をしながら一緒に暮らしています。3年生から5年生にもなると大人の会話にも絡んで、様々なやり取りをしていますが、周りの人からは長男家族と同居して暮らせる幸せを羨ましがられています。

妻も73歳になりました

私はこれまで、自分の夢の実現を第一に考えた人生を歩んできました。23歳の時に考えた生活設計に沿って、失敗や紆余曲折はありましたが、「夢はドリームでなくターゲットである」と初心を貫いて、ほぼ立てた目標通りの成果を上げ、まあ点数をつければ80点といったところです。

さてブログに度々登場する妻ですが、古い時代に育った殻から抜け出せない古い考えの私ゆえ、滅多に妻を褒めたことはなく、親の介護や家計のやりくり、子育て、親戚づきあいの一切を妻に任せ、家事全般に関わることもなく外面よろしき生き方をして、それなりに手前味噌な満足をしてきました。

金婚50年を2年後に控えた最近、友人知人が「奥さんを大事に」とか、「奥さんに感謝しなさい」というブログの書き込みが急に増えてきました。勿論感謝はしていますが、態度で示すことのない私に対して、追い打ちをかけられ続けています。昨年の妻の誕生日をきっかけに、これからは極力妻ファーストの考えにしようと心に決めました。

今年私は誕生日が来れば75歳の後期高齢者になります。結婚して48年私ファーストで過ごしてきたことを思えば、多少遅きに失した感はありますが、これから始まる老後の人生を妻ファーストで生きて行きたいものだと、思った次第です。私のブログ愛読者の皆さんすみませんが、この話は妻にはくれぐれも内緒にしてくださるようお願いします。

「最近に なって仲間が 妻のこと 大事にしろと 教育指導」

「感謝して 生きてるつもり だけれども 態度で示す ことを忘れて」

「今年は 後期高齢 なりまする 心入れ替え 妻ファーストで」

「大事だと いう口の下 あれやこれ 命令口調 いかんいかんと」

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください