人間牧場

〇正法寺の掲額

先日数珠くりと大草鞋張りの仏事に参加した正法寺の本堂にこんなおもろい掲額がありました。長文ながら書き抜いてみました。誰が書いたか知りませんが大阪弁の文章は確かに面白いです。

正法寺の掲額

ぼけたらあかん 長生きしなはれ

年をとったら出しゃばらず
憎まれ口に泣き言に
人のかげ口愚痴いわず
他人のことはほめなはれ
聞かれりゃ教えてあげてでも
知ってることでも知らんふり
いつもアホでいるこっちゃ
勝ったらあかん負けなはれ
いずれお世話になる身なら
若いもんには花持たせ
一歩さがってゆずるのが
円満にいくコツですわ
いつも感謝を忘れずに
どんなときにもへえおおきに!
お金も欲も捨てなはれ
なんぼゼニカネあったとて
死んだら持っていけまへん
あの人ええんやった
そない人から言われるよう
生きているうちにばらまいて
山ほど徳を積みなはれ
と言うのはそれは表向き
ほんとはゼニをはなさずに
死ぬまでしっかり持ちなはれ
人にケチと言われても
お金があるから大事にし
みんなベンチャラいうてくれる
内緒やけれどほんまだっせ!
昔のことはみな忘れ
自慢話はしなはんな
わしらの時代はもう過ぎた
なんぼ頑張ろうとしても
身体が言うことききまへん
あんたは偉いわしゃあかん
そんな気持ちでおりなはれ
わが子に孫に世間さま
どなたからでも慕われる
ええ年寄りになりなはれ
ボケたらあかんそのために
頭の洗濯生きがいに
何か一つの趣味持って
せいぜい長生きしなはれや
後生大事や皆の衆
死んでも命があるように!

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください