人間牧場

〇私は自分にメールを入れる馬鹿な男です

 私は退職した時、職場で使っていたパソコンを手放すに当たって、もうパソコンは使うまいと心に決めましたが、自分の体内の記憶装置が傷みかけたことと、講演依頼や会議の通知の殆どがメールのやり取りに変わったこともあって、再びパソコンを使うようになりました。しかしパソコン嫌いの癖は治らず、できれば使いたくない後ろ向きな気持ちが先に立ち、未だに得意になれていません。

退職して間もなく、パソコンでメールのやり取りを始めましたが、時々相手に送るはずのメールを間違って自分宛てに送りました。その時ハタと思いついて、毎月1回程度遊びのつもりで、自分が自分のメールアドレスに想いを書いて送るようになりました。例えば旅先のホテルのロビーに置いているお客さん用のパソコンを使ったり、今では手持ちのタブレットを使って、思い出した忘れてはいけないメモも送るようになりました。

お陰様で帰宅後その処理をし、失態・失敗を逃れることもしばしばです。昨日は自分の74歳の誕生日でした。毎年のことながら沢山のfacebook仲間からお祝いのメッセージをいただきましたが、その中に自分が自分に宛てて送ったメールも一通ありました。記憶力の悪い私ゆえ、覚えやすいwakamatsu@yuuhi.jpというアドレスにしていますが、自分で自分にメールするなんて馬鹿な男は、そんじょそこらを探してもそんなにいないのではないかと、自分自身の愚かさに呆れています。

人間は物心ついてから多分死ぬまで、自分の体内に、自分というもう一人の自分がいて、いつも対話しながら生きています。こんなことがしたいと思うと、それがいいことなのか悪いことなのか、やるべきかやらざるべきか、常に二者択一の中から一つを選んで進みます。結果が良かったり悪かったりするのも凡人ゆえの苦悩ですが、人生を豊かにするには体内にいるもう一人の自分を強くすること以外ないのかも知れません。

「馬鹿じゃねえ 自分にメール するなんて いやいやこれが 効き目抜群」

「旅先で はっと気がつく あれやこれ メモのつもりで 自分に送る」

「人間は 自分の体内 もう一人 自分がおって 対話しながら」

「誕生日 自分アドレス 呼び出して 面白いこと 考え送る」

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください