人間牧場

〇小さい秋見~つけた!!

 暑かった9月ももう今日で終わりです。明日月が開けて10月になるといよいよ秋祭りの季節で、松山市の至る所では早くも、しめ縄に白い半紙を切った御幣があちこちに飾られはじめ、祭りが近いことを実感しています。

青草の上に落ちていた一枚の紅葉した柿の葉っぱ

いつの間にか、いつも寝ている布団はタオルケット⇒毛布⇒布団に変わっていて、朝晩は少し肌寒さを感じるほどになりましたが、近づいている台風24号が通り過ぎれば、吹き戻しの北東や北西の強い風が吹いて、一気に秋が訪れるものと思われます。

昨日柿の木の下に、何枚か色づいた柿の葉っぱが落ちていました。いつものことながら桐一葉ならぬ、柿一葉の落ち葉で秋の気配感じました。落ちた柿の葉っぱは見事な色合いをしていました。持ち帰って早速夕食の食卓の上に飾り、顔に似合わぬディスプレイをしてみました。

早くも北国からは紅葉の便りが届き始めたものの、南国四国の紅葉はまだ1か月以上も先のことですが、今年はどこの紅葉を見に行こうかと、食卓の上の柿の葉っぱを見ながら、妻と二人で他愛のない話しました。去年は面河渓でした。

「早9月 終わり明日から 10月だ 月日の経つの 早過ぎ戸惑う」

「暑かった いつの間にやら わが布団 季節の変化 合わせて用意」

「緑草 上に落ちたる 柿の葉に 目にはさやかに 見えぬ秋の訪れ」

「食卓に 真っ赤に熟れた 柿の葉を 置いただけでも どこかお洒落に」

[ この記事をシェアする ]

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください